玄関ドア断熱DIY

賃貸アパートの玄関が冷気で寒い!ドアの断熱DIYで防寒対策!

玄関が寒い!! 今住んでいるアパートの玄関なんですが、とっても寒いです。 玄関ドアの隙間から隙間風が入ってきたり、ドア自体が冷たい空気に冷やされてヒンヤリしていたりと寒くなる要素がたくさん。 そこで玄関ドアの断熱DIYを試みてみることにしました。 用意したのはイオンで売られていたアルミのシート。レジャーとかで使うやつです。 あとは戸あたり防止テープ。 3M(スリーエム) スコッチ 玄関ドア用戸あたり波型テープ(EN-58) 黒色 posted with カエレバ 楽天市場でチェック Amazonでチェック Yahooショッピングでチェック そしてニトムズのはがせる両面テープです。 はがせる両面テープ 強力接着用15X10 posted with カエレバ 楽天市場でチェック Amazonでチェック Yahooショッピングでチェック すきま風対策 まずはすきま風対策から。現在すでにドア枠には戸あたりを軽減するためのクッションが貼られているのでドアのほうに貼ってみることにしました。 少し分かりにくいですが戸あたり防止テープを貼った状態です。ドアの左側に貼るとドアが閉まらなくなるので上下と右側に貼りました。 これですきま風が多少軽減されました。 ドアの断熱 次にドアの断熱です。 アルミのシートを貼っていくことでドアの断熱を試みます。ドアと同じぐらいの大きさにカットして貼ろうかと思いましたがかなり貼りづらかったので全体を6~7分割して順次カットしながら両面テープで貼り付けていきました。 アルミシートは表面が小さな正方形のブロック模様になっているのでまっすぐカットがしやすいです。 全て貼り終えた状態がこちら。ドアノブや鍵の部分は適宜くりぬいて貼り付けました。 玄関ポストの部分もきちんと貼り付け。遠くから見るとわかりませんが近くからだとけっこう雑です。このへんはあまり気にしないことにしました。 ドアポストの穴の開いた部分には家に余っていた塩化ビニール板を使いましたこれを両面テープでアルミシートに貼り付けておいてドアポストに貼り付けました。 これで冷気を防止するとともに、投函されたものの確認もできます。 たた塩化ビニール板はちょっと固くて貼りにくいので透明なビニールでもよかったかなと思います。 まだ若干のすきま風が ドアの部分の断熱はこれで完了ですが、ドアのすき間近くに手を当てるとまだ若干風が入ってきてるような・・・ というわけで100均に売られているすきまテープを使って、すきま風を防ぐことにしました。4mのものを2パック購入。 これはドアとドア枠の間に使うのではなく、すきま風が入ってきている部分にフタをするように貼り付けました。 アップにするとこんな感じ。ドアに貼り付けたアルミシートの上に貼っています。これだとドアの開け閉めに支障がありません。 すきま風はほとんど感じなくなりました。 ドア枠が冷たい ここまでくると今度はドア枠も気になってきます。ドア枠も金属製なのでかなり冷たくなっています。 アルミシートが余っているのでここの部分にも貼り付けてみることにしました。 枠の上と左右に貼り付けて完成。 めちゃくちゃぎんぎら銀になっています。気になる人はこの上にダイソーのリメイクシートなんかを貼るといいかもしれませんね。 ドアの上部分。すきま風が入ってくる部分付近にすき間テープを貼ることで冷気を防いでいます。 両面テープはどんなのがいいの? じつは貼り付けている途中に両面テープが切れてしまって買い足しにいきました。 ニチバン ナイスタックしっかりはれてはがせる15mm posted with カエレバ 楽天市場でチェック Amazonでチェック Yahooショッピングでチェック 近くのお店ではニトムズのはがせる両面テープ強力タイプは売っていなかったのでニチバンのを使ったり・・・ さらに足りなくなったので予算を抑えるためにダイソーのはがせる両面テープを使ってみたりしました。 いろいろ使ってみた感想ですがニトムズのはがせる両面テープ強力タイプはやっぱりしっかりと貼れますね。ニチバンのものはニトムズほどでもありませんが使えました。 ダイソーの両面テープは思いのほか使い物になりました。今回の用途では十分使えると感じました。感じとしては粘着力はニチバンのものと同じかやや落ちるぐらいかなといった印象です。 しっかり貼るなら3Mやニトムズの強力タイプのはがせる両面テープが、コスト重視ならダイソーのしっかり貼れてはがせる両面テープがおすすめです。 はがせる両面テープ 強力接着用15X10 posted with カエレバ 楽天市場でチェック Amazonでチェック Yahooショッピングでチェック 防寒効果のほどは? 気になる効果ですが、家には玄関付近に熱源があるわけではないので「あったかい!」となるわけではありません。玄関付近へいったときに気持ち寒さが軽減されたかなといった印象です。 玄関付近まで暖房の暖気が届いたり、暖房器具を置いている家やワンルームマンションなどは効果が高そうです。

賃貸でもできる!壁美人を使って全身鏡(姿見)を壁掛けする方法!

出かける前の身だしなみに欠かせない姿見。ですがスタンドミラーだとちょっと場所を取ってしまいます。 先日、150cmのスタンドミラーを買ってみたのですが、立てた状態だとスペースがちょっと狭くなって・・・そんなわけで今回はスタンドミラーを壁掛けにして設置スペースをコンパクトにしてみました。 使ったのはこちらの壁美人(12kg2枚入り)。150cmの鏡はこれほど重くはありませんが耐加重に余裕をもたせるために12kgを2枚使いました。 壁美人 壁美人12kg用金具セット(ホワイト)2個セット P-8Shw ホワイト 12kg/2個セット ホッチキスを使って簡単に石膏ボードの壁に固定ができてアイデア次第でいろんな収納が作れるアイテムです。 ホッチキスなので取り外したあとも穴がほとんど目立ちません。 壁美人 壁美人12kg用受金具平型2枚セット P-8Hh 12kg/平型/2枚セット 壁掛けにするために平型金具のセットも使いました。 スタンドミラーを壁掛けにする作業 こちらが今回対象となるスタンドミラー。これを壁掛けにしてコンパクトな姿見にしたいとおもいます。 壁掛けする上でネックになりそうなのがスタンドを固定しているこの部分。脚の分の厚みがあるので上部を引っ掛けて壁掛けをするのにはちょっと工夫が必要です。 ホームセンターでちょうど良い大きさの木材を買ってきて鏡の裏側上部に取り付けることにしました。厚さがぴったりのものがなかったのでやや厚めの木材です。 鏡は外側の木枠にしかネジが入らなそうだったので木枠合わせてガイド穴を開けてネジ止めしていきます。 木枠の厚みと木材の厚みを考慮して長さ30mmのネジを使いました。 ガイド穴を開けて木材が割れないように注意をしながら木材を固定しました。合計5箇所です。 そしてこんどは写真にある受金具を固定します。 固定した状態。1枚につき三箇所ずつ固定します。M3x12mmの皿頭タッピングビスを使いました。 受け具の取り付けが完了したら今度は壁美人を設置していきます。 金具に専用のフィルムを取り付けたら、専用の芯を入れたホッチキスを使って固定していきます。壁に垂直に打ち込むのではなく斜めに打っていくのがコツ。 受け金具のと受け金具の幅や平行になっているかに注意しながら行いました。 壁美人の取り付けが完了したら鏡を掛けてみます。 きちんと掛けることができました。鏡の前のスペースがスッキリしました。 金具はこんな感じになっています(壁美人にはカバーは白いカバーをかぶせました)。 ただ、真ん中の脚を固定している部分と木材を固定した部分の厚みが微妙に違うのが気になりました。 そこでこの家に余っていたクッションテープを貼り付けて厚みを調節します。 きちんと壁掛けになりました。 鏡を壁掛けにしてみたい人は壁美人を検討してみてはどうでしょうか。 壁美人 壁美人12kg用金具セット(ホワイト)2個セット P-8Shw ホワイト 12kg/2個セットを楽天市場でチェック 壁美人 壁美人12kg用受金具平型2枚セット P-8Hh 12kg/平型/2枚セットを楽天市場でチェック

賃貸でも出来る!ラブリコを使って壁に穴を開けずに壁掛けテレビをDIY!

憧れの壁掛けテレビ。でも賃貸だと壁に穴を開けられない。 そんなわけで今回は2x4材を床と天井に突っ張らせるラブリコを使って壁掛けのテレビにしてみました。 ディアウォールとラブリコで悩む 2x4材を突っ張らせるうえで見つけたのがラブリコとディアウォールという2つの商品。 LABRICO(ラブリコ)2×4 アジャスター(1セット入)2×4 ADJUSTER(壁面収納 賃貸住宅 壁 柱 棚 DIY パーツ つっぱり ツーバイフォー インテリア リノベーション リメイク 西海岸 ブルックリン 北欧 モダン らぶりこ)【平安伸銅工業】【じゅうたす・住+】-SS WAKAI ツーバイフォー材 2×4材専用壁面突っ張りシステム ディアウォール ホワイト(白)上下パッドセット DWS90...

100均の材料(一部ホームセンター)をもとに立体的な額縁(フレーム)を作ってみた

とあるところでいただいたこちらの蹄鉄。 そのままでも良いのですが、せっかくなら額縁に入れて飾ろうと思い立ちました。 立体額 額縁 立体フレームD A4 ホワイト 壁掛けフォトフレーム 楽天市場でも立体フレームが販売されているのですが、どうせなら自分で作ってみようと100均へ材料を漁りに・・・ 用意したもの 収納したい蹄鉄のサイズは縦横ともに13cm程度。 どうにかできないかと100均で商品を見ながら思案した結果用意したものはこちら A4フォトフレーム 書類収納ファイルB5ワイド クッションケースA4 サンデーシート(硬質塩ビ板)1mm厚 300mmx300mm(これだけ100均じゃありません。420円しました。) 道具は 定規 カッター グルーガン やすり です。 立体額 作成行程 まずはB5ワイドの書類収納ファイルを2つに切断。 またA4のフォトフレームは裏面のフタの部分をカッターでカットします。さきほど2つにした書類収納ファイルよりも狭い範囲を切り取ります。 一度に切らずに何度もカッターで同じ場所を少しずつカットしていきました。 やすりである程度切り口を整えます。 先ほどのB5書類ケースを合わせるとこんな感じ。B5の書類ケースだと少し大きすぎたかも。 接着はできますが、左右の幅がぎりぎりなのでフレームに固定する際の金具が一部使えなくなりそうです。 とはいっても他に材料が無いのでこのまま作業続行。 ここでグルーガンの登場。 グルーガンを使って書類収納ファイルと額縁の裏面を接着していきます。 表側から見るとこんな感じになりました。接合面はあまりきれいじゃないので写真はありません。 今度はクッションケースA4の登場。これを2つ折って書類ケースの部分に納めます。 フレームがあるのでうまい具合にチャックの部分が隠れてくれました。 一度蹄鉄を当ててみて、出っ張りのある部分が当たるところはカッターで切れ込みをいれてみました。 ガラスだと割れる・・・硬質塩ビ板に あとはいよいよフォトフレームを組みなおすわけですが、ダイソーのフォトフレームはガラスが使われていて、ちょっと力を加えたらパキっと割れてしまいました。 どちらにしろ蹄鉄がガラスに当たっていたしちょっと危ないかなということで代わりのものを探しに再びダイソーに。昔はアクリル板が売られていたようですが見当たらず・・・ さらにホームセンターへ行ってアクリル板を探してみましたが、けっこう高い。これじゃあ本末転倒だ・・・という中で見つけたのが近くにあった硬質塩ビ板。透明度もまずまずであるていど曲げることができますし、少々力を加えても割れません。 厚さ1mm 300mmx300mmで420円です。 これなら何とか許容範囲ということで購入しました。 硬質塩ビ板はフォトフレームのガラスと同じサイズにカットします。 【メール便可】アクリサンデー カッター プラスチック用 4953463131254 アクリルサンデーがあるといいかなとも思いましたが家にそんな物はありません。 こちらもカッターで何回も同じ場所を切って切りこみを作ったあと、反対側から定規を当てながら折ることで目的のサイズになりました。 あとは蹄鉄をクッションにセットして、フォトフレームを組み立てていきます。 硬質塩ビ板、木枠を重ねたらずれないように裏返して、金属の留め具を元に戻したら(書類ケースが大きすぎて一部留め具が機能しなくなりましたが・・・)完成。 こんな感じになりました。 裏面を見るとこんな感じ。裏はちょっと見栄えが悪いか。 ちょっとわかりにくいですが横の留め具が使えなくなってしまいました。もう一回り小さいケースがあればなあ・・・ 今回の反省点や気づき等 ガラスは割れやすいのでやめておこうと思った 立体にするためのケース選びは留め具の位置とサイズをよく確認 ダイソーのフォトフレームを使ってみましたが、他の100均でガラスじゃないフォトフレームがあれば材料費を浮かせられそうです。 今回は蹄鉄ということでクッションを入れて使うし書類ケースでいいだろうって感じだったんですが、フィギュア等を飾る場合はきちんとした長方形のケースを探してきてくっつけるといいかもしれませんね。

シングルベッドの幅を広げたい!横幅を拡張してセミダブルに!

以前購入したソファベッド。調べてみると大体、横98cm縦190cm高さ38cmみたいなのですがどうも手狭なのでどうにかして拡張できないかと調べてみました。 すると横に棚などを付け足して使っている方が何人か。 そんなわけで棚を横に付け足してセミダブルのベッドにしてみることにしました。 用意したもの すきま収納 20cm UB-9020 アイリスオーヤマ posted with カエレバ 楽天市場でチェック Amazonでチェック Yahooショッピングでチェック アイリスオーヤマの幅20cm、高さ88cmのスリムタイムカラーボックスを2つ。このボックスは重みはありますが板の中身がきちんとあるのでネジが使えるようです。 【幅90×奥行20×厚さ0.9cm】カラー化粧棚板 アイリス LBC-920S posted with カエレバ 楽天市場でチェック Amazonでチェック Yahooショッピングでチェック 90cmx20cm厚さ9mmの化粧板2枚。もっと厚いほうがいいのかもしれませんが安かったのでこちらにしました。 LAMP スガツネ工業 ミニフラットトルクヒンジHG−MF25−BL posted with カエレバ 楽天市場でチェック Amazonでチェック Yahooショッピングでチェック フリーストップタイプの蝶番6個。プラスチック製なのと任意の角度で止めることができるフリーストップの蝶番の中で安かったので買ってみました。 あとは蝶番を留めるためのネジは手元にあったM3タイプのものを使用してみました。 作業手順 まずは届いたカラーボックス2つを組み立てていきます。 こんな感じで棚板は使わずフレームだけ組み立てました。これだとちょっと強度が心配という人は棚板固定タイプのカラーボックスを用意するといいかも?   組み立てたカラーボックスには蝶番を使って化粧板を取り付けていきます。 今回購入した化粧板。ホワイトカラーにしました。 蝶番。プラスチック製のものです。 しかし、取り付けの際にどこに蝶番を付けるかでけっこう悩みました。内側に取り付けてみたり外側に取り付けてみたり・・・いろいろ悩んだんですが結局外側に付けることに。 こんな感じで外側に取り付けました。白いのが化粧板。茶色いのがカラーボックスの側面です。 内側から見るとこんな感じ。かなり取り付け位置を試行錯誤しました。慣れてる人はこんなことないんでしょうけど。 それぞれ蝶番を上中下と3個ずつ使って扉のようにしました。 フリーストップの蝶番ということでちょっと期待していたのですが開く角度が浅いと、板が重すぎるのか角度が保持できませんでした。70℃ぐらい開くと保持できるかなといった感じです。もう少し蝶番の数を増やしたら違うんでしょうか・・・ ちなみに化粧板のサイズとカラーボックスのサイズが2cmほど違うのでどちらかの端はこんな感じで余りました。 化粧板の取り付けが完了したら化粧板を上にしてベッドと壁の間に置いてみます。カラーボックスの奥行き29cmと化粧板の厚み0.9cmで合計30cmぐらいの高さになっているはずです。   2つ置いてみました。2つ並べると90cmx2で180cm。ベッドのサイズ190cmには足りませんがそこはうまく間を空けてごまかすことにします。 完成した棚の上にどんなマットを乗せるのか考え物ですが、とりあえず古くなって捨てようか迷っていた低反発マットレスがあったので中身を取り出してカットして使ってみることにしました。ソファベッドの固さに合わせて新しく高反発のマットを買おうかなとも思いましたが、とりあず有り合せでやってみました。 カッターと定規を使って約20cm幅にカット。 横幅20cm、縦100cmのものを2つ切り出したところで片方をカットして長さを調節。190cmぐらいにしました。 切りくずも出るのでコードレスクリーナーで掃除をしながら行いました。 切り出したマットを先ほど作ったカラーボックスの上に置いてみます。まあこんなもんじゃないでしょうか。 あとはマットをどんな布でくるむかです。 大きな布を買ってきて縫ったりすることも考えたのですが・・・ ダイソーで税抜500円の敷布団カバーを見つけました! とりあえずこれで試してみることに。 マットはカバーに入れる前にニトムズの調強力両面テープでくっつけてみました。マットなのでうまくくっついたどうかは微妙ですけどまあ良しとします。 これをダイソーの敷布団カバーに入れます。 カバーはちゃちいもののちゃんとチャックが付いていて、しかも左右に開けられるようになっています。 幅105cmの敷布団カバーに幅20cmのマットを入れるので当然大幅に布が余るわけですが、余った部分はくるくる巻き付けておきました。 設置するとこんな感じです。意外とよさげです。壁際に設置するので特に固定などはしていませんが、そうで無い場合はボックスカバーを掛けたり、ゴムバンドやマジックテープで固定するといいのかも。 敷布団を置いてみました。もともとのベッドより高くなっている部分はありますが低反発マットレスなので寝るときは沈み込みます。 使い心地は? 拡張したにしてはまずまずの寝心地です。 使っているのがソファベッドなので高さが微妙に一定でないのと、淵の部分が丸みを帯びているせいか、注意深くチェックしてみると敷布団を敷いても若干境目が気になります。ですがここに体の中心が来るわけではないので大きな問題ではないです。 厚めの敷布団を使うかマットレスを下に敷くとさらに良さそうです。 ちなみにベッドを少し動かしたりマットをどけたりといった手間はありますが拡張した部分は収納としても使えます。 まとめ というわけで今回はシングルベッドをセミダブルに拡張してみました。蝶番を取り付ける作業に思ったよりも苦戦しましたがまずまずの仕上がりになりました。 また、改良することがあればご報告するかもしれません。 追記 拡張した部分の高さが違うと少しずつ敷布団がずれてしまうので高さをきちんと合わせたほうがいいかもしれません。 また、ベッドのやわらかさと合わせるために拡張部分はボックスの高さを低めに作って、その上にカットした厚めのマットレスをを敷くといった方法がいいかもしれません。 カラーボックスのサイズの関係上どうしても高くなってしまうという場合は敷布団の下にセミダブルの厚めのマットレスを敷くというのもいいかも。 さらに追記 追加した部分のマットの高さが合わないのが気に入らなくてマットをやめました。 どうしたかというと わかりにくいですがダイソーのクッションテープを貼って(5cmx2mを4つ使いました)、 以前購入して余っていたジョイントマットをカットして敷きました。 これだとやや低め、かつ硬めになります。もう1枚ジョイントマットを敷いて高さを調節してもいいかもと考え中。   ここにさらにもう一枚ジョイントマットを追加してみましたがベッド本体部分とくらべてやはり硬い感じ。有る程度厚みのあるセミダブルのマットレスを買ってきて上に敷くのが一番よさそうです。  

セリアのすのこで作る棚 収納ボックスがぴったりだった

巷では100均のすのこを使ってDIYをするのが流行りのようなので私もやってみることにしました。 買ってきたのはこちらの33cmx37cmのすのこ4枚。 これを組み合わせて棚を作ることにします。 作業は簡単4枚のすのこを木工用ボンドで接着するだけ。 2枚のすのこの裏側同士を向かい合わせたら 出っ張っている部分にボンドを塗って 残りのすのこ2枚をを引っ掛けるようにして接着。 両側に物を置いて固定できるようにするといいかもしれませんね。 今回は一番上のでっぱりと一番したの出っ張りにすのこを接着してみました。 ボンドが乾くまではすぐに外れてしまいますが、両側に重いものを置き、棚になる部分にも物を置いてできるだけ押さえつけるようにします。 一晩経てばボンドもほぼ乾いて外れなくなります。 釘を打ったほうが当然強度は上がると思いますが、そこまで物を重ねたり、重いものを載せる予定もないのでとりあえずこのまま使ってみることにします。 写真はセリアで売られている紙製の収納ボックスを置いてみたところ。 34cmx24cmx25.5cmのボックスがすっぽり入るので意外とこの組み合わせは便利かも!? すのこ4枚 108円x4 432円 収納ボックス 108円 の合計540円で作成できました。 これは高いのか安いのか・・・同思うかはあなた次第。

賃貸窓の結露対策 続報 その3

前回の結露対策で隙間テープを使って結露対策をしようとしましたがあえなく失敗。 もう結露するのはしかたが無いので結露を抑える+吸水する方向で考えることにしました。 サッシの結露防止 まず結露に関しては以前の断熱テープよりも強力そうな物を発見したので使ってみることに。 購入したのはTASCO(タスコ) バームテープ(黒) TA976HG-50。 いつでもポイント10倍! TASCO(タスコ) バームテープ(黒) TA976HG-50 価格:1,274円(税込、送料別)   こちらは厚みが3mm幅50mmで長さ10m。結露防止など多用途に対応する。保温、保冷用テープという触れ込みです。 20mを買うと箱入りだそうですが、今回は10mを購入したのでビニールに入って届きました。 以前購入した断熱テープと比べてみるとやや厚めで効果がありそうです。 というわけで早速貼ってみました。 こんな感じになっています。 斜めに貼ってあるのは行き場を失った以前の断熱テープです。気にしないでください。 下にいくほど結露がひどいのでサッシの下側と真ん中部分に使用しました。上部は以前の断熱テープのままです。 サッシの重なった部分。厚みが3mmですが、家の窓ならこれげぎりぎり開け閉めができました。 効果のほどは? 以前のものより厚みが増えたので多少結露が減った気がします。とはいっても寒い日にカーテンを閉めて暖房を使っていると結露が生じます。 完全には結露を防止することはできませんが効果はなかなかのようです。 粘着テープに注意 このテープを貼り付けていた際に気づいたのですが、粘着力がけっこう強めでのりが残るので剥がすときはけっこう苦労しそうです。シール剥がしやライターオイルなどを使えば落としやすいかもしれませんが念のためご注意を。 結露の吸水 吸水に関しては以前貼り付けた中空ポリカの一番下の部分にダイソーで買ってきた吸水テープを貼ってみました。 下側のガラスは幅2cmの物を2枚、上側のガラスは幅2cmのものを1枚です。 これでいくらかは吸水してくれるでしょう。 吸水しきれなかった場合は追加してみたいと思います。 カーテンと窓の結露 カーテンを閉めているときと開けている時ではまったく結露の仕方が違います。 カーテンを開けていると寒い日でもあまり結露しません。逆にカーテンを閉めているとこれでもかというぐらい結露します。 カーテンを開けているとガラスの表面が温められるので室内の温度とガラスの表面温度の差が低くなり結露が発生しにくいようです。 防寒のためにはカーテンを開けるのはよくありませんが、結露対策にはたまにカーテンを開けるということも必要になってくるようです。 TASCO(タスコ) バームテープ(黒) TA976HG-50は剥がすのがめっちゃたいへんだった テープだけにしてはそこそこの断熱性能を発揮してくれていたTASCO(タスコ) バームテープ(黒) TA976HG-50ですが、引越しが近づいてきたので剥がそうとしたら・・・ 粘着材がめっちゃのこってなかなか取れねえ・・・定規を使って削り取ろうとしたりライターオイルを塗ってみたり試行錯誤しましたがうまくいかず。めちゃくちゃ跡が残りました。 【送料無料(沖縄県・離島は除く)】ORANGE-SOL ディゾルビット(De-solv-it)375ml 剥がし剤 油汚れ・シールはがし オレンジ系の汚れはがし剤を使ってなんとかきれいに・・・ それでも1時間以上かかってやっとでした。 剥がす予定の場所には貼らないほうがよさそうです。

賃貸窓の結露対策 続報その2

隙間テープの厚みで結露を防ぐ 前回は窓のアルミサッシ部分に断熱テープを貼ることで結露対策を行いました。 この結果、窓枠の上部は結露がほぼ無い状態に、中間部分はやや湿った状態、下部はしずくは垂れないものの指で押すと水が染み出てくる状態となりました。 このままで過ごそうかと思ったのですが、気になるので窓枠の下部に改良を加えることにしました。 とりあえず候補として貼ってみた物。 一番左は徳用隙間テープ、真ん中はスコッチカルフィルム、一番右は屋外側にスコッチカルフィルム。 当然と言えば当然ですが、厚みのある隙間テープが結露しませんでした。スコッチカルフィルムはほとんど効果が見られず。 というわけで隙間テープを購入してくることに。 こちらのテープを購入してきました。2mx2個の2巻パックながら108円と格安です。これなら貼りまくってもお財布やさしいです。 というわけでこんな感じに3本並べて貼り付けてみました。(もともと貼ってあった断熱テープの一部はプラダンの部分に移動させました。)つなぎ目が気になるところですが、結露対策としては効果が抜群。 指で押さえても水分を感じません。 隙間テープは厚みがあるので室内の空気が冷たいアルミサッシの部分に触れるのを防ぐ効果が大きいようです。 問題点 ただし当然この厚みは問題点があるわけで、室内に貼る時は片側の窓しか使えません。今回貼った側の窓と逆の窓に貼るとどう考えてもサッシがつっかえて開け閉めができなくなります。 屋外側に貼ろうにも網戸があってあまり厚みのある物は貼れませんし・・・ 今考えているのは100均の薄手のアルミシート+スコッチカルフィルムという構成なのですがまだ実行はしていません。 うまくいくのかどうか… 実行に移した際はまたご報告したいと思います。 追記 隙間テープは結露して流れてきた水分を吸ってなかなか水が蒸発しないことが判明・・・(先に気づけよ!!) ということで新たな対策を考え中です。 断熱テープを変更してみました。

カーテンボックス(カーテンレールカバー)その後

以前カーテンボックスを製作してみましたがプラダンで作ったため光を通しますし、見た目もネックになっていました。 そこでどうするかいろいろ考えていましたが・・・ 結局ダイソーのインテリアシートで木目調にしました!(オイ なにか他の手を考えるんじゃなかったのかよ!という突っ込みがきそうですが、ここから少し改良を加えてみることにします。 ダイソーでインテリアシートの他に購入してきたのはこちらのアイテム。 B6の軟質カードケースと2L判の光沢紙。 カードケースは硬質でもいいかなと思ったのですが万が一落下したときにこっちのほうが痛くなさそうなので軟質カードケースに。 あとなぜか写真を撮り忘れてしまいましたが大き目のクリップを購入しました。 これを・・・ 軟質カードケースをクリップでカーテンボックスの上部に固定します。 そしてここに2L判の用紙をセット。 B6のケースに2L判の用紙なので寸分違いなくピッタリというわけにはいきませんがすんなりと収まります。これで2L判の写真を飾るスペースが出来ました。 カードケースの横幅が185mmカーテンボックスが1820mmなので9枚は写真を飾ることができます。 あんまり重くなるようならプラダンの板をグルーガンで追加して補強しようと思いますがたぶん大丈夫でしょう。 こんな感じになりました。 プリンタのある家庭も昔に比べてずいぶん多くなりましたから、お気に入りの写真を印刷してこうして飾ってみるのも面白いかもしれません。

壁美人とキューブボックスでコンセントを隠すボックスを自作

こちらの写真は家のコンセント周り。テレビのアンテナケーブルはまだいいですが、コンセントはパネルが黄ばんでいたりしてどうも見栄えが良くありません。 これをうまいこと隠すことができればと思っていたところ以前紹介した壁美人とスリム型キューブボックスでコンセントボックスを作ることを思いつきました。 用意したのは 若林製作所 石膏ボード用金具 壁美人 金具お試しセット シルバー 160×80×10mm (P-4SH-1) ... 価格:586円(税込、送料別) 壁美人6kg用カバー付きを2セット 若林製作所 石膏ボード用金具 壁美人 L型 80×145×20mm (P-4H2H) 金具2枚 価格:454円(税込、送料別) 壁美人用受金具L型 皿頭タッピングビス(ステンレス製) M3×12mm (EA949AL-212) 45本 価格:380円(税込、送料別) 3mmの皿頭タッピングビス 【送料無料】キューブボックス キューブラック シェルフ 本棚 CDラック DVDラック コミック収納... 価格:1,580円(税込、送料込) 薄型キューブボックスの扉付きホワイト 以上です。 作業工程 まずは薄型のキューブボックスを背面の板無しで組み立てます。 板があるとケーブルが通りませんからね。 そうしたらこれに ビスを使ってL型の受金具を取り付けます。 金具を当ててキリなどでガイド穴を作っておいてからねじで固定するとやりやすいですね。 あとポイントとして扉の切り欠き部分が金具とは逆にくるように(設置したときに切り欠きが下にくるように)してあります。 次に登場するのが壁美人6kg用です。 ホッチキスを打ち込むことで石膏ボードの壁に収納スペースが作り出せるこのアイテム。 ホッチキスのわりにけっこう強度があります。 これを こんな感じで取り付けます。 先ほどキューブボックスに取り付けた金具がきちんと合う幅になるように、キューブボックスを壁に当てて大体の場所のめぼしをつけてから取り付けました。 このあと付属の白いカバーを取り付けてここにキューブボックスをセットしてみました。 こんな感じで設置できました。ただ写真を見ると分かるように微妙に隙間が。 そこで・・・ ダイソーの防音テープを貼り付けてみることに。 貼り付け中の画像が無くてすみませんが、こんな感じになりました。縦横4方向すべてにテープが貼ってあります。完全に隙間が無くなったわけではありませんがほこりの進入をいくらか防いでくれると思います。 完成 こんな感じに出来上がりました。扉の切り欠きの部分は本来上に来るんですが上下逆にすることでコードが出しやすいようにしました。 内部です。 4つ口の延長ケーブル程度ならこの中に収めることができます。 (電源コードをごちゃごちゃにしたり、束ねた状態のまま使うと熱を持って火が出る可能性もありますので配線には気をつけてください。) ごちゃごちゃしているコンセント周りがスッキリすると思います。 また、上に物を置くことも可能に。 サーキュレーターはかなりはみ出してますが(汗 今回は壁美人6kg用を使用してみましたが、もっと重さに耐えられるタイプを使用すれば収納の幅も広がりそうです。 壁美人に付属していた金具の耐荷重と掛けたい物の関係表です。奥行きと縦の長さの比率が関係してきます。参考にどうぞ。 12kgタイプに変更 うっかりボックスに手をかけて立ち上がろうとしたら壁美人が外れてしまいました。(6kg2個だから当然か。) もっと耐荷重の高いものを使ったほうがいいかなと思い今度は12kgの金具2つを使ってみることにしました。 壁美人 壁美人12kg用受金具L型2枚セット P-8H2h 12kg/L型/2枚セット 価格:590円(税込、送料別) (2017/1/17時点) こちらのL字の金具2枚と 壁美人...