白菜・豚肉のミルフィーユ鍋(きのこと人参+)!コンソメとバジルで洋風に!

今回は白菜が余っているということで、だいぶ前に話題になった豚肉と白菜のミルフィーユ鍋を作ってみることにしました。 用意したのは 豚肉250gぐらい 白菜1/8 にんじん1本 しめじ1株 コンソメスープの素 塩コショウ 酒 バジル です。豚肉は例のごとく肉の慶神さんのものを使いました。 にんじんとかしめじがあるのはまあ・・・余ってたからです。 白菜と人参を適当な大きさに切ったら 鍋に白菜と豚肉を交互に並べていきます。あんまりキレイじゃないけど。 真ん中にスペースが残ったのでここに人参を投入しました。 最後にしめじを投入。 味付けは酒、コンソメスープの素、塩コショウ。 水は白菜の水分を考慮して180mlぐらい入れました。 はじめは中火、沸騰してきたら弱火でぐつぐつ煮込むこと十数分。 完成しましたミルフィーユ鍋です。 器に盛ったあとバジルで香り付けをしました。 白菜と豚肉がからまって良い感じ。 味付けはコンソメと塩コショウのみでもなかなか美味しいです。

ヘルシーふわふわ!豆腐でかさ増しして鶏つくねを作ってみた!

鶏のミンチがあるからつくねを作ろうと思ったけど、いっぱい食べたい! というわけで今回は豆腐でかさ増しをしてつくねを作ってみることにしました。 用意したのは 鶏ミンチ500g 木綿豆腐一丁 玉子1個 長ネギ にんにく 片栗粉 塩コショウ しょうゆ みりん 酒 砂糖 です。ニンニクはあっても無くても。白菜とか入れてもいいかもしれませんね。 まずは長ネギをみじん切りにします。 そうしたらボウルに食材をガンガンいれます。 鶏ミンチ・長ネギ・豆腐・玉子・塩コショウを入れてまぜまぜ。 片栗粉を入れ忘れていたので追加しました。 手でよーく混ぜた状態がこちら。 少し柔らかいので形になるかどうか不安ですがタネができました。 中火で熱して油を敷いたフライパンを準備し、スプーンで適度な大きさにして落としていきます。 はじめは柔らかいですが焼き目がつくと意外と大丈夫そう。焼き目がつく頃を見計らってひっくり返します。箸でもひっくり返せました。 ひっくり返したらフタをして焼きます。 両面に焼き目がついたら完成! なかなか美味しそうにできました。 ボウルにできたタネのうち1/4も使っていないのにこんなにできました。これは4人前以上ありそうです。 同時にタレも作ってみました。 しょうゆ みりん 酒 砂糖 で作りました。ぐつぐつ煮てとろみがついたところで水を入れて少し調整しました。 つくねに垂らしていただきます! 味は・・・ 豆腐のおかげでめっちゃふんわりしてる! 豆腐を入れると 量が増える・ふんわり・ヘルシー といいことづくめです。 見た目よりかなりふんわりした食感です。 ヘルシーなおかずが欲しい人はお試しください。 翌日、残ったタネにねり梅を入れて焼いてみました。 梅がたっぷり入るとさわやかさアップ。これもおすすめです。  

お酒のお供に!ごま油で味付けした野菜のおつまみ

お酒のおつまみに!ということで野菜とごま油を使ってお酒のお供になりそうなものを作ってみました。 オニオンスライスとトマトのサラダ 用意したのは トマト 玉ねぎ ごま油 しょうゆ 酢 塩こしょう かつおぶし です。 玉ねぎはスライスして水に漬け、冷蔵庫に入れておきます。 時間は数時間~一晩。 玉ねぎの水を切ったらトマトをカット。 切り方はお好みで。今回は半月切りにしてみました。 ドレッシングを作ります。 ごま油、酢、しょうゆ、塩コショウを混ぜて作りました。ごま油と酢は2:1ぐらい。 お皿に盛り付けたトマトと玉ねぎにドレッシングを振りかけてかつおぶしをかけたら完成。 洋風が良いという人はごま油のかわりにオリーブオイル、かつおぶしのかわりにバジルなどでもいいかも? きゅうりのごま油浅漬け これは簡単なのでかなりおすすめ。 きゅうりを適当な大きさに切ったら・・・ 袋に入れて ごま油 塩コショウ 出汁の素 を入れてモミモミ。 あとは冷蔵庫でしばらく寝かせるだけです。 (皿に盛り付けた写真は撮り忘れました) 出汁の素をコンソメスープの素にしたり、鶏ガラスープの素にして味を変えてみるのも面白いです。 簡単にできて良いお酒のお供になります。

白菜たっぷり!豚肉の肉豆腐を作ってみた!

白菜が安く手に入ったので今回は白菜を使って肉豆腐を作ってみることにしました。 今回用意したものは 豚小間切れ200gちょっと 白菜1/8個 木綿豆腐一丁 しょうゆ 酒 砂糖 出汁の素 です。 白菜は食べやすい大きさにカット。 少し多すぎる気もしますが煮ているうちに水気が出て体積が減るので全部使ってみることにします。 豚小間切れは食べやすい大きさにして鍋で炒めます。 脂身がけっこうあるので油を敷かなくても大丈夫。 豚肉が炒まってきたら白菜を投入。 鍋からはみ出しそうな勢いですが気にしないことに。 しょうゆ、酒、砂糖、出汁の素を混ぜたものを鍋に投入します。 別に個別に入れてもと思いますが今回は混ぜてみました。量はお好みで。 鍋にフタをしてしばらくグツグツと。中火にしました。 どのくらい体積が減るかという話なんですが・・・ しばらく煮込んでから混ぜた状態。 だいぶ体積が減りました。ここに豆腐を投入したいと思います。 木綿豆腐は8等分してみました。 崩れないように鍋に入れます。やや水分が足りなかったので水を少し足しました。 豆腐がしっかり煮汁に浸かるようにしてしばらく煮たら完成です。 美味しく仕上がりました。 白菜の甘みが出ていて美味しいです。

ギータのタンドリーソースとムネ肉でタンドリーチキンを作ってみた

以前もも肉とタンドリーソースを使って作ってみたタンドリーチキン。 今回は材料費節約ということで鶏ムネ肉を使って作ってみることにしました。 用意したのはムネ肉以外は前回と同じ感じですが重曹が増えてます。 鶏ムネ肉600gぐらい ギータタンドリーソース ヨーグルト 重曹少々 ムネ肉は硬いのでやわらかくすることを狙って重曹を入れてみることにしました。 ムネ肉は600gぐらいを用意。 タンドリーソースは1瓶のうち半分程度残っているのでこれを使います。 瓶の裏の説明書きだと1瓶210gに対して肉500g~700gの肉となっていますがヨーグルトをたくさん入れるので半分ぐらいで十分です。 ムネ肉を適当な大きさに切ってここで重曹を少し入れてみます。 たくさん入れると味が変わってしまうので少しにしました。 ここにタンドリーソースとヨーグルトを投入。 ヨーグルトは150gぐらい使ったでしょうか。 フォークでぐさぐさ肉を刺しながら混ぜました。 ここでしばらく寝かせます。 1時間後・・・ 熱して油を敷いたフライパンで炒めます。 ここからは前回の時と一緒。 今回も美味しそうに出来上がりました!! 実は豚肉も漬け込んでいた 豚の小間切れが少し余っていたのでこっちも漬け込んでみました。 焼きあがったのがこちら。こっちも美味しそうです。 ムネ肉タンドリーチキンのお味は? 左がムネ肉・右が豚小間。 やっぱりタンドリーソースが優秀なのでどっちも美味いです!! 鶏の皮にソースが良く絡んで美味い!当然ながら豚肉も美味い!! ムネ肉の断面。 ムネ肉なので硬さが心配でしたがムネ肉にしてはそこそこ柔らかく仕上がったのではないかと。 今回は1時間程度漬け込みましたが一晩漬け込んだらもっと柔らかくなるのかも? ギータ タンドリーソース 210gをアマゾンでチェック

マッシュルームと小松菜のにんにくパスタを作ってみた!

先日買ったきのことにんにくがまだまだ余ってるぞ!ということで今日はにんにくパスタを作ってみることにしました。 用意したのは マッシュルーム2つ 小松菜 豚小間切れ にんにく パスタ250g パスタ茹で汁 塩コショウ オリーブオイル バジル です。ちなみに2人分つくりました。 例のごとく豚小間切れは肉の慶神さんのもの。 (写真の量で2人前作りました。) 小松菜を茹でて、その間ににんにくはみじん切り、他の材料は適度な大きさに切ります。 小松がも短めに茹でたら適度な大きさに。 パスタは塩茹でするのは普通ですが、普通よりもやや硬めの感じに茹でました。このとき茹で汁を400ccぐらい取っておきました。 熱したフライパンにオリーブオイルとにんにくのみじん切りを投入。 温度が高すぎてにんにくが茶色くなってしまいました。 次にマッシュルーム、小松菜、豚肉を投入して炒めます。 火が通ってきたら茹で汁を200ccほど投入して塩コショウで味付け。 ここに茹で上がったパスタを入れて少しなじませました。 味が薄かったのでさらに塩コショウを入れて味を調整。 お皿に盛り付けてバジルを振りかけたら完成です! バジルを入れるタイミングは変えてもいいかも?バジルってどのぐらいのタイミングで入れるもんなんでしょう? 味はにんにくの風味とバジルの香りがいい感じ。もうひとパンチ欲しい感じもしますが美味しく食べられました。何か良いアレンジがありましたら教えてくださいませ。  

スタミナたっぷり!?きのこのにんにく醤油バター炒めを作ってみた!

先日行った八百屋さんでいろんなきのこを安く買うことができたのですが、使うことなく余っていたので、どうせなら一気に使ってしまおうということで今回は3種類のきのこを使ってバター炒めを作ってみることにしました。 用意したのは えのき しめじ エリンギ にんにく 豚小間 バター 醤油 酒 塩コショウ です。豚の小間切れは例のごとく肉の慶神さんの豚小間です。 まずはきのこ類を食べやすい大きさにカットしておきます。 にんにくはみじん切りで。 豚小間肉も食べやすい大きさに切っておきます。 熱したフライパンでバターを溶かし、 にんにくを入れてじゅーじゅー。良い香りが広がります。 きのこ類を一気に投入して炒めます。 しばらく炒めたら 豚の小間切れも投入。 酒、塩コショウ、醤油で好みの濃さに味付け! というわけで完成しました。きのこのにんにく醤油バター炒め。 にんにくは別に入れなくてもよさそうですが、以前購入してきたにんいくがまだ余っていたので使ってみました。にんにくの香りとスタミナがつきそうな感じがなかなか良いです。 バター・しょうゆ・にんにくの組み合わせは風味が良くご飯もすすみました。 きのこ料理に限らず普段の料理ににんにくを加えて一味違った風味にしてみるのも面白いかもと思う今日この頃です。

マッシュルームとしめじできのこアヒージョ!バジルとローズマリーで食欲増進!

今回は、八百屋さんできのこを安く手に入れることができたのできのこのアヒージョを作ることと相成りました。 準備したのは マッシュルーム 5本ぐらい しめじ 半株 豚小間肉 200gちょっと にんにく オリーブオイル 塩コショウ ローズマリー バジル です。 豚小間肉は肉の慶神さんのやつです。 まずはにんにくを細かく刻みます。画像は刻む前ですが・・・ マッシュルームとしめじも適度な大きさにカット。 準備ができたら熱したフライパンにオリーブオイルとにんにくを投入!! しばらくしたらきのこ類も投入して炒めます。 炒めます炒めます。 火が通ってきたら水を投入。 その間に豚肉を準備します。 豚小間肉に塩コショウをしてよく混ぜまず。 終わったらフライパンに投入してきのこといっしょにぐつぐつ。 香り付けにローズマリーを入れてみます。 この際に塩も加えて味を調節。 お皿に盛り付けてバジルを振りかけて完成です。 味付けは塩コショウだけでもかなり美味いです。やはりこの汁が美味しい。バジルの香りも食欲をそそります。 汁が残ったら味を調整してパスタソースにしてもよさそう。 にんにくは冷蔵庫に常備しておきたいなと思う今日この頃でした。

スタミナたっぷり!味覇でにんにくキムチチャーハンを作ってみた!

今日の晩飯は何にするかなーと思案していたところ、キムチがあるのを思い出したので今回はキムチチャーハンを作ってみることにしました。 用意したのは 鶏ミンチ 玉ねぎ1/2個 にんにく キムチ少々 ご飯1合半ぐらい 味覇 玉子2個 スタミナをつけるぞー!ということでにんにくも入れてみることにしました。分量は2人分です。 まずは玉ねぎとにんにくをみじん切り。キムチも少し細かく切っておきました。 ご飯は炊き立てを冷ましておきます。 次に油を敷いたフライパンで、鶏ミンチ、玉ねぎ、にんにく、キムチを炒めます。特に下味は付けず。 火が通ってきたらご飯を投入。 ご飯を切るようにしながら混ぜていきます。本当は1人前ずつ作ったほうがいいんでしょうけどめんどくさいので一気に2人分です。 味覇ウエイパー(500g) posted with カエレバ 楽天市場でチェック Amazonでチェック Yahooショッピングでチェック そしてここで登場、味覇です。チャーハンの味付け、スープ、天津飯の餡などなど使い勝手の良い定番商品ですよね。 冷蔵庫に1つ入れておくと料理が捗ります。 味覇を好みでフライパンに投入して混ぜたらにんにくキムチチャーハンの完成!といきたいところですが・・・キムチを早めに投入したのと食材をけっこう炒めたのもあって色合いが茶色になってしまったので 温泉玉子を上に乗せて彩を持たせてみました。 とろとろの黄身を崩しながらいただくチャーハンはなかなか美味です。味付けのほうもキムチの辛味と味覇のみで十分でした。にんにくの風味はあまり感じませんがスタミナも付きそうです。

セブンプレミアムの盛岡冷麺が1食あたり150円でかなり美味い!

イトーヨーカドーで見つけた本場盛岡冷麺。 これがどうやらとっても美味いということで自分でも買って食べてみることにしました。 内容物ですが、生麺・辛味だれ・盛岡冷麺スープがそれぞれ2つずつ。入ってるのはこれだけ。 袋の裏側。作り方などが書かれています。 1食あたり450kcal、麺は160gみたいです。 こちらがスープ。量が少なく見えますが水を170ml加えて薄めて使うようになっています。 氷などを入れる場合は水の量を少なめにするといいかも。 辛みだれはこんな色をしています。ちょっとなめてみましたが確かに辛い。 袋には辛みの目安が書かれていますのでお好みでスープに混ぜて使えます。 キムチを入れる予定の場合はその点も考慮して決めるといいかも。 ってなわけでお湯を沸かした鍋に生麺を投入。ゆでる前ににおいをかいでみるとアルコールのニオイがしました。 1.5lのお湯とか書かれていましたがそんなに大きな鍋を用意できなかったのでこれでいきます。 本とは大量のお湯で茹でるのが高温がキープできていいんでしょうね。 麺の固さの好みによって茹で時間が変わってきます。通常1分30秒程度、やわらかめがいい人は2~3分ぐらいです。 茹で上がったらザルにあげてしっかりと水洗い。アルコールのニオイが気になる人はしっかり水洗いしてくださいとのこと。 麺は生麺だけあってつやつやですごく美味しそうです。 スープを入れた器に麺・各種具材などを盛り付けたら完成です。ゆでたまごは以前長沼養鶏場で買ったたまごで作りました。 氷をいれてよりキンキンに冷やしてみました。金属製の容器があったらもっと雰囲気が出るんでしょうね。 味はというと・・・めっちゃ美味い!!麺がつるつるしこしこしていてめっちゃ良い! お店でこの冷麺が出されてもセブンの商品だとは気づかずに食べてしまうと思います。お店で出てきても違和感なし。 家焼肉の締めに用意しておいたり、夕食に悩んだときに作ってみたり、冷蔵庫にあると嬉しい1品となりそうです。スープにお酢やいろんな調味料を加えて味を変えてみても楽しいかも。 セブンイレブンやイトーヨーカドーで見つけたら個人的には買いの一品です。