スポンサードリンク

タニタの体重計BC-314がお買い得だったので購入 BC-313との違いも

公開日:  最終更新日:2016/08/12


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

歩くだけで痩せるという魔法のパッドも購入したことですし、体重を計れるようにと体重計を購入することにしました。

体重計には特にこだわりが無かったのですが、探してみると価格の幅が広いですね。ただ計るだけでいいなら安いですし、スマホと連携といった機能を備えたものなら1万円以上のものもあります。

あまり高機能なものだと予算オーバーですが、それなりに体重以外の数値も計測したいということで4000~5000円ぐらいの体重計を探してみました。

そんな中目に付いたのがこちらのタニタのBC-314。楽天市場でちょうどポイントアップセールをやっていたのでポイントも考慮すると5000円を切る価格で購入ができました。

セール期間中は狙い目ですね。

BC-314とBC-313の違い

似たような機種にBC-313というものもあります。価格が1000円ぐらい安いので機能の違いが気になりますよね。

少しデザインが違いますが他に何が違うのかタニタさんのサイトの商品比較でチェックしてみました。

まず、サイズなどの違いはありません。

計測できるデータもほとんど違いが無く・・・

推定骨量の機能が微妙に違う?

強いて挙げるならば推定骨量を計るときにBC-314は対象年齢が6~99才なのに対してBC-313は18才~99才といった点です。

あとはBC-314は骨量を少ない、標準、多いの3段階で判定できますね。

BC-314にはマイサポ機能と体重急激増減お知らせ機能がある

BC-314にはどのくらいの間隔で測定をしているのか教えてくれるマイサポ機能という機能があります。毎日ならニッコリ、1~6日間測定していないと普通、7日以上測定していないとガックリといった表情が表示されます。あればあったで良いのですが、特にこだわる機能でも無い気がしますね。

もう1つの機能は体重急激増減お知らせ機能です。体重が急激に変動した場合、音でお知らせをしてくれます。増えたときと減ったときで音が違います。

正直それほどたいした機能ではないと思うので安く買いたい人はBC-313でもいいかもしれませんね。

超特価目玉! タニタ 体組成計 インナースキャン50 BC-313-WH(パールホワイト)を楽天市場でチェック

タニタ 体重・体組成計 インナースキャン50 パールホワイト BC-313-WHをアマゾンでチェック

BC-314開封

IMG_20160811_103214

こんな箱に入っています。

50g単位での計量、乗るピタなど特徴が書かれていますね。

IMG_20160811_103347

取り出すと説明書、アンケートのお願い、本体が入っています。

 

IMG_20160811_103540

本体は強化ガラス採用、ボタンは凹凸の無いフラットタイプでなかなかおしゃれな感じがします。

IMG_20160811_103730

本体裏面、特に変わったところはありません。電池ボックスがありますね。

IMG_20160811_103803

電池は単4電池4本です。お試し用に電池が付属しているのですぐに動作をチェックすることができます。

初期設定

IMG_20160811_104102

電池を入れたら設定ボタンを押して初期設定を行います。

項目は

  • 地域
  • 年月日
  • 時間

なんと地域の設定があるんですね。

なんでも地域によって重力の影響で誤差が生じるらしいです。地域は1~5まであって北海道、東北、九州、沖縄、その他といった分類になっているようです。

上下の矢印で選択、設定ボタンで決定といった流れです。

個人データの登録

IMG_20160811_104155

次に個人データの登録です。

電源が入っていない状態から設定ボタンを押して、

  • 登録番号
  • 生年月日
  • 性別
  • 身長

を入力します。

終わったら素足で体重計に乗ると体重測定が行われ、データが登録されます。

登録できるのは5人分。

便利な乗るピタ機能

BC-314には乗るピタ機能という機能があり、体重計に乗るだけで登録者の中から誰だか判定して結果を表示してくれます。

いちいちボタンを押してデータを呼び出さなくてもいいので手間が省けます。

データが近い人がいると誤認識することもあるようなので完璧ではありませんが便利な機能ですね。

様々なデータが測定できる

体重のほかに

  • BMI
  • 体脂肪率
  • 内臓脂肪
  • 筋肉
  • 基礎代謝
  • 体内年齢
  • 骨量

といった数値も測定できます。

家庭用なので誤差はあるかもしれませんがダイエットやトレーニングをしている人は毎日計測することで励みになりそうです。

ちなみに私は体脂肪率や内臓脂肪がやや多めでした、これから絞っていきたいなと思う今日この頃です。

ちなみにジョイントマットの上に置いて計測しようとしたら、柔らかすぎて正しく計測できませんでした。クッションフロアなら大丈夫でしたので硬い場所に置いて測定しています。

 

【送料無料】タニタ 体組成計 パールホワイト BC-314-WH を楽天市場でチェック

TANITA 【体重50g単位表示】 & 【乗った人をピタリと当てる「乗るピタ機能」 + 「マイサポ機能」搭載】 体組成計 インナースキャン50 パールホワイト BC-314-WHをアマゾンでチェック


シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑