スポンサードリンク

サンディスクSSDのアライメントを最適化してみた(AOMEI Partition Assistant Standard使用)

公開日: 


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

以前購入したSSD、サンディスクZ410シリーズの240GBモデル。過去記事はこちら

HPのノートパソコンに組み込んで使用していたわけですがどうもSSDのアライメントが最適化されていないようだというコメントをいただいたので最適化を実施してみることにしました。

SanDisk Z410シリーズ SSD 240GB SATA 6Gbを楽天市場でチェック

SD8SBBU-240G-1122 [Z410 SSD(240GB 2.5インチ SATA 6G 7mm厚 3年保証)]をアマゾンでチェック

AOMEI Partition Assistant Standardを使用

検索エンジンで検索してみるとどうやら「AOMEI Partition Assistant Standard」というソフトを使ってアライメントを最適化するのが簡単そうだったので実行してみることに。

いろんな場所でダウンロードできるようですが今回は「窓の杜」からダウンロードしました。

ダウンロードしたファイルを実行し、規約に同意してインストールを進めればインストール作業は完了です。

ソフトを起動すると

こうした表示になります。ここで対象となるドライブを選択します。

WindowsをインストールしてあるCドライブを選択しました。

右クリックするとメニューが表れるので詳細処理→パーティションのアライメントを選択。

パーティションのアライメントというウインドウが出てくるので設定は「最適化」のまま確認ボタンをクリックして作業を進めました。

ここでの作業は一瞬で終わり、「あれ、本当に終わったのかな。」と思っていたらどうやら再起動が必要なようでソフトを終了させようとすると再起動が必要です的なメッセージが出ます。

指示に従ってPCを再起動すると

再起動中にこのような画面が表示されて処理が進みます。今回は25~30分ぐらいかかったでしょうか。

処理が終了すると「1分以内に再起動します、再起動されない場合は手動で行ってください」的なメッセージが。

2~3分待つも再起動せず・・・Alt+Ctrl+Deleteでも再起動できず電源ボタンを長押して電源を落としたあとPCを起動させました。

最後の再起動が自動で行われなかったで少し心配でしたが無事にOSが起動。

早速CrystalDiskmarkで速度を計測してみます。

速くなってる!!

最適化を行う前の結果はこちら

1部の数値を除いて速度が大幅に向上しています。4Kの数値が大幅に上がりました。

どうやら最適化は成功のようです。

HDDからデータを移行したのが原因?

もともとHDDにインストールされていたWin7をリカバリデータを作成したのちにSSDに復元したのが速度が落ちていた原因かもしれません。

SSDにWIN7以降のOSをクリーンインストールした場合はこうした問題は出ない的なことが検索エンジンで調べたサイトに書かれていました。

また詳しい人がいたら教えてください。

 


シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑