スポンサードリンク

チルドの餃子を混ぜてお好み焼きを作ってみた!

公開日: 


先日、薄力粉が処分価格で売られていたので購入したのですが、1度お好み焼きとたこ焼きを作ったあとも大量に余っておりまして・・・

しかしお好み焼きを作るには豚肉が足りない・・・

冷凍庫をあさってみると中には消費期限が近いからと冷凍保存しておいたチルド餃子が!

「餃子をお好み焼きの具にしたらいいんじゃね?」と混ぜてみることにしました。

用意したもの

  • 薄力粉
  • だしの素
  • 玉子
  • チルド餃子1パック
  • キャベツ1/4玉ぐらい
  • おたふくソース
  • かつおぶし
  • 青のり

調理手順

調理手順といってもお好み焼きの手順で豚肉のかわりに餃子を入れるだけなんですが・・・

まずは冷凍してあった餃子をレンジで温めておきました。

キャベツは適当に細く切ります。

餃子をボウルに入れ、つぶして混ぜます。

ここに先ほどのキャベツを投入。

別の容器ではだし汁と薄力粉を混ぜて生地を作っておきます。

あとは先ほどのボウルに生地と玉子を入れて混ぜ混ぜ。

後は熱して油を敷いたフライパンで焼くべし!!

量を多くしすぎたせいでひっくり返すときに破けてしまいました。あとは薄力粉の配分を間違ったかな・・・?

とはいえちゃんと食べられます。

見た目はよくありませんがおたふくソースとかつおぶし、青のりをかければそれなりの見た目になります。

お好み焼きにしても餃子の風味はけっこう強く残っていて餃子感はたっぷりです。餃子の皮の食感もけっこう残っていてこれは人によって好みが分かれるかもしれません。

とはいえお好み焼きの具が無くて困っている場合や具材を安く調達したい場合には良いと思います。興味があればお試しください。


シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑