スポンサードリンク

Windows10でWi-Fiの速度が異常に遅いのでLANアダプタを変えてみた

公開日:  最終更新日:2016/07/19


前回Windows10を導入したマシン NECのVL300/TGですが最近無線LANが異常に遅い・・・

パソコンを起動してもなかなかネットにつながらないし、ネットワーク接続の一覧から接続状況をチェックしたら通信速度が1.0Mbpsとか表示されています。

25MBぐらいのファイルをダウンロードするのに2時間とか表示されるし使えたもんじゃありません!

そんなわけでまずは試せるところから試してみました。

ちなみに機器の構成は

ルーター:ロジテック LAN-WH450N/GR

アダプタ:BUFFARO:WLI-UC-GNM

通信距離は壁を2枚挟みますが10mもありません。

試したこと

  • ルーターのファームウェアを最新のVer 1.28にアップ
  • 無線LANアダプタのドライバを入れなおす
  • こちらのサイトを参考にwinsockをリセット、「netsh int tcp set global autotuninglevel=restricted」でネットワークの受信量設定を変更

これらを実行してみました。

しかしいっこうに速度は改善されず・・・

新しい無線LANアダプタを買ってみた

今使っている無線LANは2.4GHz通信なので、「5GHz通信にしたら何か変わるんじゃね?」と思って5GHzに対応した無線LANアダプタを買ってみました。

買ったのはELECOMのWDC-433DU2HBK。

IMG_20160221_203701

ルーターはロジッテックなのでそれに合わせてエレコムの無線LANアダプタにしました。

(ロジテックはエレコムに買収され、その後もロジテックブランドは存続していたが最近ではエレコムブランドに統一されているみたいです。)

パッケージにはWindows8.1(32bit/64bit)に対応であると書かれています。

これできちんと速度が出るだろうかと試してみたところ・・・

USBポートに差し込むだけでそのまま認識・・・5Ghzのa接続で快適なインターネットの速度が出ました(元の回線がADSLなのでそんなに速度は出ませんが)。

そしてその後、いったん削除してきちんとエレコムのサイトでドライバをダウンロードしてインストールをしたのちに再度通信速度を測ってみました。

ドライバあり a

こちらがIEEE802.11aでの接続16Mbps出ています。

ドライバあり n

2.4GHzのn接続。こちらでも14Mbpsが出ました。

あっさり速度が出てネットも安定して接続できるようになったので「なんだ無線LANアダプタがだめだったのかー」と思いつつ、一応もう一回BUFFAROのアダプタの速度も測ってみるか・・・ということで測定してみました。

もともと使っていたWLI-UC-GNMでも接続できた

USBポートに差し込むだけでドライバが自動的にインストールされるのでまずはそれで測定。

BUFFARO ドライバなし

あれ、6Mbpsだけど前よりも速度が出てる・・・

BUFFRO ドライバあり 倍速なし

メーカーサイトからダウンロードしたドライバを当ててみたら・・・速度が下がった。

BUFFARO ドライバあり 倍速設定

アプリケーションから倍速モードに設定したら・・・あれ12Mbpsも出てる。

結局もともと使っていたLANアダプタでも安定してネットに接続できるようになりました。

「なんなんじゃあああああ理由がわからん!!」

理由がわからないまま安定してネットができるようになりました。誰か偉い人理由を教えてください。

また速度が遅くなった

しばらくエレコムの無線LANアダプタを使用していたのですが、再び速度が遅くなってしまいました。

エレコムのサイトからドライバの新しいバージョンをダウンロードしてみたのですが症状は変わらず。

こちらのサイトの「ケース1)デバイスドライバーの設定が間違っている」

を参考に無線LANアダプタのプロパティからWireless Modeの設定を変更してみました。

すると無線の速度が回復。なんとかまともにネットができるようになりました。

参考までに。


シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑