水曜日, 7月 17, 2019

はちびきの塩焼きを作ってみた

たまたま立ち寄った魚屋さんでみつけた「はちびき」という魚。 あまり見かけない魚なので試しに買って食べてみることにしました。 身はとっても赤くてなんだか肉みたいな感じもします。 どうやって調理しようか少し迷いましたがシンプルに塩焼きにしてみることにしました。 はちびきの塩焼き 塩をふったあとしばらく待機。 それほど水分は出ませんが一応キッチンペーパーでふき取ります。 魚焼きグリルに入れて焼きます。くっつかないように網には少し油を塗っておきました。 片面が焼けました。なかなか美味しそう。 片面焼きグリルなので裏返して焼き焼き。 こんがりきれいに焼けました(中身が少し焼けてなかったので少し焼きなおしましたが)。 片面3~4分ぐらいずつ焼けばよさそうです。 はちびきのお味は? 焼きあがったはちびきはけっこう脂があります。割ると脂がしみ出てきて美味い! サバとかに近いような感じがします。 これはご飯が進みます。皮もパリっと焼けて塩味がかなり美味い! パサパサ感なくかなりジューシー。 今度また見つけたら買ってみたいと思う魚でした!

えのきが安かったので自家製なめたけを大量に作ってみた!消費期限はどのくらい?

何か良いものはないかと近くのスーパーに立ち寄ったら・・・おつとめ品のえのき茸が1つ10円!! しかも4つ! これだけあるなら大量のなめたけを作ってみようということで買ってきました。 用意した調味料は 調味料は しょうゆ みりん 酒 砂糖 酢 です。だしの素とかで味を調整するのもよさそう。 石づきを取ったえのきは適当な大きさに切ってフライパンに。 えのき4袋ともなると26cmのフライパンでもこんなにいっぱいになりました。 ここに、しょうゆ・みりん・酒・砂糖を加えます。 量は適当。あとで味をみながら加えたりします。酒は・・・料理酒を切らしていたので賞味期限切れのビールを入れてみました。 中火でぐつぐつと・・・ 調べてみたレシピだととろみが出てくるみたいなことが書かれていた気がするのですがあまりとろみが出ず。 数分で良いところを10分ぐらいぐつぐつしてしまいました。 しんなりしてきたので味見。味が薄かったのでしょうゆと砂糖を足しました。 そして最後に酢を投入してぐるぐるかき混ぜたら完成です。酢を入れることでちょっぴり保存期間が伸びるかも。 タッパーいっぱいのなめたけが出来ました! 上のキャップは大きさ比較用。お酒のビンのフタです。 市販のものとはやっぱり違いますが自分で作ったという補正もあってか美味しいです。ご飯と一緒に食べるのが楽しみ!大根おろしといっしょにご飯にかけて食べたいです! どのぐらい日持ちするの? 気になる消費期限ですが言われているのはだいたい7~10日程度のようです。 今回はおつとめ品のえのきを使ったのでどうなるんでしょうねえ・・・

トマト缶でズッキーニのトマトソースパスタを作ってみた

今回作ったのはズッキーニのトマトソースパスタ。 先日、八百屋さんで買ったズッキーニが余っていたのと、スーパーでトマト缶を安くゲットできたのとで作ってみることにしました。 用意したのは ズッキーニ 1本 玉ねぎ1個 鶏ミンチ 200gぐらい (写真のは500gですが) カットトマト缶1個 にんにく1かけら 酒少々 コンソメ粉末 塩コショウ バジル オリーブオイル です。 調理開始 まずは玉ねぎをみじん切りにし、ズッキーニも賽の目に切りました。 輪切りにしているレシピが多いですがあえてここは賽の目にしてみます。 にんにくもみじん切りに。 いつものように熱したフライパンにオリーブオイルを敷き、みじん切りにしたにんにくを投入します。 ここで玉ねぎとズッキーニを投入します。 ズッキーニは別で炒めたほうが良いのかもしれませんがめんどくさいので一気に投入しました。 玉ねぎの色が変わってきたところで鶏ミンチも投入。 ばらばらにしながら炒めます。 ワインとかあったら良いのでしょうが無いので料理酒を入れて炒めました。 鶏肉も火が通ってきたらトマト缶を投入。 缶の側面や底にくっついてちょっぴり残ったトマトは水ですすいでフライパンに投入しました。よってちょっとだけ水も入ってます。 かき混ぜたらここから味付け。 味をみながらコンソメを加え、塩コショウも入れて調整。 「これはバッチリだ!」となったらバジルも加えてみました。 ズッキーニのトマトソースが完成です。 あとはパスタを茹でて上に乗せるだけ。ソースの量が1人分ならフライパンで一緒にしてもいいかもしれませんね。今回は4~5食分いっぺんに作りました。 お皿にパスタを盛り、上からソースをかけて完成です。 トマトの色が良いですね。食べた感じもなかなか良い感じ。 ズッキーニを細かく切ったので当然ですがズッキーニ感はやや弱めです。ズッキーニが大好きでしっかり味わいたい人はやっぱり輪切りにするのがいいんでしょうね。 個人的には細かく切ったほうが食べやすくてよいですが。

ほうれん草とトマトときのこのカレーを作ってみた!

今回はスーパーでトマト缶をゲット!そしてほうれん草が余っている! ということでほうれん草トマトカレーを作ってみることにしました。 用意したもの ほうれん草1束 カットトマト缶 1缶 鶏ミンチ 200gぐらい しめじ 1株 玉ねぎ 半個 にんにく 1かけら バーモントカレー6皿分(1箱の半分) コンソメ少々 ソース少々 ケチャップ少々 水200ml です。 にんにくはみじん切りに、玉ねぎはスライス、ほうれん草は洗って5cmくらいに切り、しめじは1本1本ばらばらにしておきました。 調理手順 まずは例のごとく油を敷いたフライパンでにんにくを炒めます。 玉ねぎを投入してしばらく炒め・・・ 鶏ミンチもバラバラになるように炒めます。 そうしたらほうれん草としめじを一気に投入!! フライパンからはみ出そうな勢いですが水分が抜けて体積が小さくなることを想定してこのままフライパンのフタをします。 煮込むこと数分。 ほうれん草が縮んできました。 ここにトマト缶を1缶まるまる投入。 よーくかき混ぜつつ、隠し味ってほどでもないけどコンソメ、ソース、ケチャップをお好みでいれます。これはあとから味が物足りないときに足してもいいかも? ほうれん草の水分があるので水は少なめに200mlぐらい入れました。 トマトケチャップがよく混ざったら火を止めてカレー粉を投入して混ぜます。 しっかり混ざったら完成!! ちょっと見た目はよくありませんがほうれん草トマトきのこカレーが出来上がりました。 ご飯をよそったお皿に盛りつけたら完成です!! カレー感は少ないけどトマトの酸味が美味しい 食べた感じはカレーの辛さがありません。トマトの酸味が効いていて酸味が好きな人におすすめです。 味のベースはカレーですがちょっとハヤシライス的な感じもあるかも?  

白菜・豚肉のミルフィーユ鍋(きのこと人参+)!コンソメとバジルで洋風に!

今回は白菜が余っているということで、だいぶ前に話題になった豚肉と白菜のミルフィーユ鍋を作ってみることにしました。 用意したのは 豚肉250gぐらい 白菜1/8 にんじん1本 しめじ1株 コンソメスープの素 塩コショウ 酒 バジル です。豚肉は例のごとく肉の慶神さんのものを使いました。 にんじんとかしめじがあるのはまあ・・・余ってたからです。 白菜と人参を適当な大きさに切ったら 鍋に白菜と豚肉を交互に並べていきます。あんまりキレイじゃないけど。 真ん中にスペースが残ったのでここに人参を投入しました。 最後にしめじを投入。 味付けは酒、コンソメスープの素、塩コショウ。 水は白菜の水分を考慮して180mlぐらい入れました。 はじめは中火、沸騰してきたら弱火でぐつぐつ煮込むこと十数分。 完成しましたミルフィーユ鍋です。 器に盛ったあとバジルで香り付けをしました。 白菜と豚肉がからまって良い感じ。 味付けはコンソメと塩コショウのみでもなかなか美味しいです。

ヘルシーふわふわ!豆腐でかさ増しして鶏つくねを作ってみた!

鶏のミンチがあるからつくねを作ろうと思ったけど、いっぱい食べたい! というわけで今回は豆腐でかさ増しをしてつくねを作ってみることにしました。 用意したのは 鶏ミンチ500g 木綿豆腐一丁 玉子1個 長ネギ にんにく 片栗粉 塩コショウ しょうゆ みりん 酒 砂糖 です。ニンニクはあっても無くても。白菜とか入れてもいいかもしれませんね。 まずは長ネギをみじん切りにします。 そうしたらボウルに食材をガンガンいれます。 鶏ミンチ・長ネギ・豆腐・玉子・塩コショウを入れてまぜまぜ。 片栗粉を入れ忘れていたので追加しました。 手でよーく混ぜた状態がこちら。 少し柔らかいので形になるかどうか不安ですがタネができました。 中火で熱して油を敷いたフライパンを準備し、スプーンで適度な大きさにして落としていきます。 はじめは柔らかいですが焼き目がつくと意外と大丈夫そう。焼き目がつく頃を見計らってひっくり返します。箸でもひっくり返せました。 ひっくり返したらフタをして焼きます。 両面に焼き目がついたら完成! なかなか美味しそうにできました。 ボウルにできたタネのうち1/4も使っていないのにこんなにできました。これは4人前以上ありそうです。 同時にタレも作ってみました。 しょうゆ みりん 酒 砂糖 で作りました。ぐつぐつ煮てとろみがついたところで水を入れて少し調整しました。 つくねに垂らしていただきます! 味は・・・ 豆腐のおかげでめっちゃふんわりしてる! 豆腐を入れると 量が増える・ふんわり・ヘルシー といいことづくめです。 見た目よりかなりふんわりした食感です。 ヘルシーなおかずが欲しい人はお試しください。 翌日、残ったタネにねり梅を入れて焼いてみました。 梅がたっぷり入るとさわやかさアップ。これもおすすめです。  

お酒のお供に!ごま油で味付けした野菜のおつまみ

お酒のおつまみに!ということで野菜とごま油を使ってお酒のお供になりそうなものを作ってみました。 オニオンスライスとトマトのサラダ 用意したのは トマト 玉ねぎ ごま油 しょうゆ 酢 塩こしょう かつおぶし です。 玉ねぎはスライスして水に漬け、冷蔵庫に入れておきます。 時間は数時間~一晩。 玉ねぎの水を切ったらトマトをカット。 切り方はお好みで。今回は半月切りにしてみました。 ドレッシングを作ります。 ごま油、酢、しょうゆ、塩コショウを混ぜて作りました。ごま油と酢は2:1ぐらい。 お皿に盛り付けたトマトと玉ねぎにドレッシングを振りかけてかつおぶしをかけたら完成。 洋風が良いという人はごま油のかわりにオリーブオイル、かつおぶしのかわりにバジルなどでもいいかも? きゅうりのごま油浅漬け これは簡単なのでかなりおすすめ。 きゅうりを適当な大きさに切ったら・・・ 袋に入れて ごま油 塩コショウ 出汁の素 を入れてモミモミ。 あとは冷蔵庫でしばらく寝かせるだけです。 (皿に盛り付けた写真は撮り忘れました) 出汁の素をコンソメスープの素にしたり、鶏ガラスープの素にして味を変えてみるのも面白いです。 簡単にできて良いお酒のお供になります。

白菜たっぷり!豚肉の肉豆腐を作ってみた!

白菜が安く手に入ったので今回は白菜を使って肉豆腐を作ってみることにしました。 今回用意したものは 豚小間切れ200gちょっと 白菜1/8個 木綿豆腐一丁 しょうゆ 酒 砂糖 出汁の素 です。 白菜は食べやすい大きさにカット。 少し多すぎる気もしますが煮ているうちに水気が出て体積が減るので全部使ってみることにします。 豚小間切れは食べやすい大きさにして鍋で炒めます。 脂身がけっこうあるので油を敷かなくても大丈夫。 豚肉が炒まってきたら白菜を投入。 鍋からはみ出しそうな勢いですが気にしないことに。 しょうゆ、酒、砂糖、出汁の素を混ぜたものを鍋に投入します。 別に個別に入れてもと思いますが今回は混ぜてみました。量はお好みで。 鍋にフタをしてしばらくグツグツと。中火にしました。 どのくらい体積が減るかという話なんですが・・・ しばらく煮込んでから混ぜた状態。 だいぶ体積が減りました。ここに豆腐を投入したいと思います。 木綿豆腐は8等分してみました。 崩れないように鍋に入れます。やや水分が足りなかったので水を少し足しました。 豆腐がしっかり煮汁に浸かるようにしてしばらく煮たら完成です。 美味しく仕上がりました。 白菜の甘みが出ていて美味しいです。

ギータのタンドリーソースとムネ肉でタンドリーチキンを作ってみた

以前もも肉とタンドリーソースを使って作ってみたタンドリーチキン。 今回は材料費節約ということで鶏ムネ肉を使って作ってみることにしました。 用意したのはムネ肉以外は前回と同じ感じですが重曹が増えてます。 鶏ムネ肉600gぐらい ギータタンドリーソース ヨーグルト 重曹少々 ムネ肉は硬いのでやわらかくすることを狙って重曹を入れてみることにしました。 ムネ肉は600gぐらいを用意。 タンドリーソースは1瓶のうち半分程度残っているのでこれを使います。 瓶の裏の説明書きだと1瓶210gに対して肉500g~700gの肉となっていますがヨーグルトをたくさん入れるので半分ぐらいで十分です。 ムネ肉を適当な大きさに切ってここで重曹を少し入れてみます。 たくさん入れると味が変わってしまうので少しにしました。 ここにタンドリーソースとヨーグルトを投入。 ヨーグルトは150gぐらい使ったでしょうか。 フォークでぐさぐさ肉を刺しながら混ぜました。 ここでしばらく寝かせます。 1時間後・・・ 熱して油を敷いたフライパンで炒めます。 ここからは前回の時と一緒。 今回も美味しそうに出来上がりました!! 実は豚肉も漬け込んでいた 豚の小間切れが少し余っていたのでこっちも漬け込んでみました。 焼きあがったのがこちら。こっちも美味しそうです。 ムネ肉タンドリーチキンのお味は? 左がムネ肉・右が豚小間。 やっぱりタンドリーソースが優秀なのでどっちも美味いです!! 鶏の皮にソースが良く絡んで美味い!当然ながら豚肉も美味い!! ムネ肉の断面。 ムネ肉なので硬さが心配でしたがムネ肉にしてはそこそこ柔らかく仕上がったのではないかと。 今回は1時間程度漬け込みましたが一晩漬け込んだらもっと柔らかくなるのかも? ギータ タンドリーソース 210gをアマゾンでチェック

マッシュルームと小松菜のにんにくパスタを作ってみた!

先日買ったきのことにんにくがまだまだ余ってるぞ!ということで今日はにんにくパスタを作ってみることにしました。 用意したのは マッシュルーム2つ 小松菜 豚小間切れ にんにく パスタ250g パスタ茹で汁 塩コショウ オリーブオイル バジル です。ちなみに2人分つくりました。 例のごとく豚小間切れは肉の慶神さんのもの。 (写真の量で2人前作りました。) 小松菜を茹でて、その間ににんにくはみじん切り、他の材料は適度な大きさに切ります。 小松がも短めに茹でたら適度な大きさに。 パスタは塩茹でするのは普通ですが、普通よりもやや硬めの感じに茹でました。このとき茹で汁を400ccぐらい取っておきました。 熱したフライパンにオリーブオイルとにんにくのみじん切りを投入。 温度が高すぎてにんにくが茶色くなってしまいました。 次にマッシュルーム、小松菜、豚肉を投入して炒めます。 火が通ってきたら茹で汁を200ccほど投入して塩コショウで味付け。 ここに茹で上がったパスタを入れて少しなじませました。 味が薄かったのでさらに塩コショウを入れて味を調整。 お皿に盛り付けてバジルを振りかけたら完成です! バジルを入れるタイミングは変えてもいいかも?バジルってどのぐらいのタイミングで入れるもんなんでしょう? 味はにんにくの風味とバジルの香りがいい感じ。もうひとパンチ欲しい感じもしますが美味しく食べられました。何か良いアレンジがありましたら教えてくださいませ。  

Latest article

タピオカココナッツミルクを劇安で作る!イスラム横丁で材料が安いぞ

世間は絶賛のタピオカブーム中。 ミルクティーに黒タピオカを入れたタピオカミルクティーが流行っていますが、新大久保のイスラム横丁で白タピオカを格安でゲットできるし「別に黒く無くてもいーじゃん」ということでタピオカココナッツミルクを作ってみることにしました。 イスラム横丁で買えるタピオカが安い! イスラム横丁で買えるタピオカ(左)とカルディで買ったタピオカ(右) イスラム横丁でゲットできるのはインド産タピオカ(写真のは西葛西で買ったやつだけど同じの売ってる)。価格はめっちゃ安くて500gで400円ちょっとです。 隣にカルディで買って保管していたタピオカを並べてみましたが圧倒的な量・・・このスモールパールタピオカも100gで129円と安いですがこちらのタピオカには敵いません。

かわいいハンディ扇風機をいろいろまとめてみた

先日、ハンディ扇風機をレビューしたのですが、調べてみると最近では非常にたくさんのハンディ扇風機が発売されていて、かわいいデザインのものも多数あるようなのでちょっとまとめてみることにしました。 Francfrancのハンディ扇風機 どうやら世間ではFrancfrancのハンディ扇風機が人気なようです。カラーは6色の中から選べますがやっぱりピンクがかわいらしいですね。 専用の充電スタンドが付属してここから充電可能。もちろんUSBからも充電できます。風量は5段階で最長8時間の運転が可能となっています。 Francfranc 【扇風機】フレ...

浜松の関西風うなぎの蒲焼のお店うな吉パリっとした食感が良い!

ひょんなことからやってきました浜松市。 「やっぱり浜松に来たらうなぎを食べたい!」てなわけで妻の要望でうなぎの蒲焼を食べることに・・・ うなぎの蒲焼は地域によって違いがあって関東は蒸す行程がありますが、関西はありません。パリっと仕上がる関西風が妻の好みということで浜松で関西風のうなぎの蒲焼が食べられるお店を探してみました。 お店の入り口(食べ終わったあとに写真を撮ったので準備中になってます) そしてやってきたのはこちらの「うな吉」さん。駅からは遠いですが、お店の評判も良く期待に胸をおどらせながら入店です。 ちなみに駐車場は国道に面した側に2台、お店の裏側に数台用意されています。