木曜日, 10月 18, 2018

ギータのタンドリーソースとムネ肉でタンドリーチキンを作ってみた

以前もも肉とタンドリーソースを使って作ってみたタンドリーチキン。 今回は材料費節約ということで鶏ムネ肉を使って作ってみることにしました。 用意したのはムネ肉以外は前回と同じ感じですが重曹が増えてます。 鶏ムネ肉600gぐらい ギータタンドリーソース ヨーグルト 重曹少々 ムネ肉は硬いのでやわらかくすることを狙って重曹を入れてみることにしました。 ムネ肉は600gぐらいを用意。 タンドリーソースは1瓶のうち半分程度残っているのでこれを使います。 瓶の裏の説明書きだと1瓶210gに対して肉500g~700gの肉となっていますがヨーグルトをたくさん入れるので半分ぐらいで十分です。 ムネ肉を適当な大きさに切ってここで重曹を少し入れてみます。 たくさん入れると味が変わってしまうので少しにしました。 ここにタンドリーソースとヨーグルトを投入。 ヨーグルトは150gぐらい使ったでしょうか。 フォークでぐさぐさ肉を刺しながら混ぜました。 ここでしばらく寝かせます。 1時間後・・・ 熱して油を敷いたフライパンで炒めます。 ここからは前回の時と一緒。 今回も美味しそうに出来上がりました!! 実は豚肉も漬け込んでいた 豚の小間切れが少し余っていたのでこっちも漬け込んでみました。 焼きあがったのがこちら。こっちも美味しそうです。 ムネ肉タンドリーチキンのお味は? 左がムネ肉・右が豚小間。 やっぱりタンドリーソースが優秀なのでどっちも美味いです!! 鶏の皮にソースが良く絡んで美味い!当然ながら豚肉も美味い!! ムネ肉の断面。 ムネ肉なので硬さが心配でしたがムネ肉にしてはそこそこ柔らかく仕上がったのではないかと。 今回は1時間程度漬け込みましたが一晩漬け込んだらもっと柔らかくなるのかも? ギータ タンドリーソース 210gをアマゾンでチェック

マッシュルームと小松菜のにんにくパスタを作ってみた!

先日買ったきのことにんにくがまだまだ余ってるぞ!ということで今日はにんにくパスタを作ってみることにしました。 用意したのは マッシュルーム2つ 小松菜 豚小間切れ にんにく パスタ250g パスタ茹で汁 塩コショウ オリーブオイル バジル です。ちなみに2人分つくりました。 例のごとく豚小間切れは肉の慶神さんのもの。 (写真の量で2人前作りました。) 小松菜を茹でて、その間ににんにくはみじん切り、他の材料は適度な大きさに切ります。 小松がも短めに茹でたら適度な大きさに。 パスタは塩茹でするのは普通ですが、普通よりもやや硬めの感じに茹でました。このとき茹で汁を400ccぐらい取っておきました。 熱したフライパンにオリーブオイルとにんにくのみじん切りを投入。 温度が高すぎてにんにくが茶色くなってしまいました。 次にマッシュルーム、小松菜、豚肉を投入して炒めます。 火が通ってきたら茹で汁を200ccほど投入して塩コショウで味付け。 ここに茹で上がったパスタを入れて少しなじませました。 味が薄かったのでさらに塩コショウを入れて味を調整。 お皿に盛り付けてバジルを振りかけたら完成です! バジルを入れるタイミングは変えてもいいかも?バジルってどのぐらいのタイミングで入れるもんなんでしょう? 味はにんにくの風味とバジルの香りがいい感じ。もうひとパンチ欲しい感じもしますが美味しく食べられました。何か良いアレンジがありましたら教えてくださいませ。  

スタミナたっぷり!?きのこのにんにく醤油バター炒めを作ってみた!

先日行った八百屋さんでいろんなきのこを安く買うことができたのですが、使うことなく余っていたので、どうせなら一気に使ってしまおうということで今回は3種類のきのこを使ってバター炒めを作ってみることにしました。 用意したのは えのき しめじ エリンギ にんにく 豚小間 バター 醤油 酒 塩コショウ です。豚の小間切れは例のごとく肉の慶神さんの豚小間です。 まずはきのこ類を食べやすい大きさにカットしておきます。 にんにくはみじん切りで。 豚小間肉も食べやすい大きさに切っておきます。 熱したフライパンでバターを溶かし、 にんにくを入れてじゅーじゅー。良い香りが広がります。 きのこ類を一気に投入して炒めます。 しばらく炒めたら 豚の小間切れも投入。 酒、塩コショウ、醤油で好みの濃さに味付け! というわけで完成しました。きのこのにんにく醤油バター炒め。 にんにくは別に入れなくてもよさそうですが、以前購入してきたにんいくがまだ余っていたので使ってみました。にんにくの香りとスタミナがつきそうな感じがなかなか良いです。 バター・しょうゆ・にんにくの組み合わせは風味が良くご飯もすすみました。 きのこ料理に限らず普段の料理ににんにくを加えて一味違った風味にしてみるのも面白いかもと思う今日この頃です。

マッシュルームとしめじできのこアヒージョ!バジルとローズマリーで食欲増進!

今回は、八百屋さんできのこを安く手に入れることができたのできのこのアヒージョを作ることと相成りました。 準備したのは マッシュルーム 5本ぐらい しめじ 半株 豚小間肉 200gちょっと にんにく オリーブオイル 塩コショウ ローズマリー バジル です。 豚小間肉は肉の慶神さんのやつです。 まずはにんにくを細かく刻みます。画像は刻む前ですが・・・ マッシュルームとしめじも適度な大きさにカット。 準備ができたら熱したフライパンにオリーブオイルとにんにくを投入!! しばらくしたらきのこ類も投入して炒めます。 炒めます炒めます。 火が通ってきたら水を投入。 その間に豚肉を準備します。 豚小間肉に塩コショウをしてよく混ぜまず。 終わったらフライパンに投入してきのこといっしょにぐつぐつ。 香り付けにローズマリーを入れてみます。 この際に塩も加えて味を調節。 お皿に盛り付けてバジルを振りかけて完成です。 味付けは塩コショウだけでもかなり美味いです。やはりこの汁が美味しい。バジルの香りも食欲をそそります。 汁が残ったら味を調整してパスタソースにしてもよさそう。 にんにくは冷蔵庫に常備しておきたいなと思う今日この頃でした。

スタミナたっぷり!味覇でにんにくキムチチャーハンを作ってみた!

今日の晩飯は何にするかなーと思案していたところ、キムチがあるのを思い出したので今回はキムチチャーハンを作ってみることにしました。 用意したのは 鶏ミンチ 玉ねぎ1/2個 にんにく キムチ少々 ご飯1合半ぐらい 味覇 玉子2個 スタミナをつけるぞー!ということでにんにくも入れてみることにしました。分量は2人分です。 まずは玉ねぎとにんにくをみじん切り。キムチも少し細かく切っておきました。 ご飯は炊き立てを冷ましておきます。 次に油を敷いたフライパンで、鶏ミンチ、玉ねぎ、にんにく、キムチを炒めます。特に下味は付けず。 火が通ってきたらご飯を投入。 ご飯を切るようにしながら混ぜていきます。本当は1人前ずつ作ったほうがいいんでしょうけどめんどくさいので一気に2人分です。 味覇ウエイパー(500g) posted with カエレバ 楽天市場でチェック Amazonでチェック Yahooショッピングでチェック そしてここで登場、味覇です。チャーハンの味付け、スープ、天津飯の餡などなど使い勝手の良い定番商品ですよね。 冷蔵庫に1つ入れておくと料理が捗ります。 味覇を好みでフライパンに投入して混ぜたらにんにくキムチチャーハンの完成!といきたいところですが・・・キムチを早めに投入したのと食材をけっこう炒めたのもあって色合いが茶色になってしまったので 温泉玉子を上に乗せて彩を持たせてみました。 とろとろの黄身を崩しながらいただくチャーハンはなかなか美味です。味付けのほうもキムチの辛味と味覇のみで十分でした。にんにくの風味はあまり感じませんがスタミナも付きそうです。

セブンプレミアムの盛岡冷麺が1食あたり150円でかなり美味い!

イトーヨーカドーで見つけた本場盛岡冷麺。 これがどうやらとっても美味いということで自分でも買って食べてみることにしました。 内容物ですが、生麺・辛味だれ・盛岡冷麺スープがそれぞれ2つずつ。入ってるのはこれだけ。 袋の裏側。作り方などが書かれています。 1食あたり450kcal、麺は160gみたいです。 こちらがスープ。量が少なく見えますが水を170ml加えて薄めて使うようになっています。 氷などを入れる場合は水の量を少なめにするといいかも。 辛みだれはこんな色をしています。ちょっとなめてみましたが確かに辛い。 袋には辛みの目安が書かれていますのでお好みでスープに混ぜて使えます。 キムチを入れる予定の場合はその点も考慮して決めるといいかも。 ってなわけでお湯を沸かした鍋に生麺を投入。ゆでる前ににおいをかいでみるとアルコールのニオイがしました。 1.5lのお湯とか書かれていましたがそんなに大きな鍋を用意できなかったのでこれでいきます。 本とは大量のお湯で茹でるのが高温がキープできていいんでしょうね。 麺の固さの好みによって茹で時間が変わってきます。通常1分30秒程度、やわらかめがいい人は2~3分ぐらいです。 茹で上がったらザルにあげてしっかりと水洗い。アルコールのニオイが気になる人はしっかり水洗いしてくださいとのこと。 麺は生麺だけあってつやつやですごく美味しそうです。 スープを入れた器に麺・各種具材などを盛り付けたら完成です。ゆでたまごは以前長沼養鶏場で買ったたまごで作りました。 氷をいれてよりキンキンに冷やしてみました。金属製の容器があったらもっと雰囲気が出るんでしょうね。 味はというと・・・めっちゃ美味い!!麺がつるつるしこしこしていてめっちゃ良い! お店でこの冷麺が出されてもセブンの商品だとは気づかずに食べてしまうと思います。お店で出てきても違和感なし。 家焼肉の締めに用意しておいたり、夕食に悩んだときに作ってみたり、冷蔵庫にあると嬉しい1品となりそうです。スープにお酢やいろんな調味料を加えて味を変えてみても楽しいかも。 セブンイレブンやイトーヨーカドーで見つけたら個人的には買いの一品です。

材料費を節約!鶏ひき肉を使ったピーマン肉詰め!めんつゆタレでサッパリ感も!

今日は久々に八百屋さんに行ったらピーマンがなかなか手ごろなお値段で売られていたのでゲット! というわけでピーマンの肉詰めを作ってみることになりました(まあ実際のところ人に作ってもらったんですが)。 使ったのは ピーマン 鶏ミンチ 塩 こしょう マヨネーズ ナツメグ めんつゆ ソース ケチャップ 肉は安く済む鶏ミンチを使用しました。安くてヘルシーだからこれでもいいよね!? ピーマンはヘタとタネを取ったら半分に。 鶏ミンチ(解凍失敗した)は塩コショウをして さらにナツメグとマヨネーズを。 マヨネーズはジューシーさが出るかなということで。 よーく混ぜ合わせたらピーマンに詰めていきます。 準備が完了したら油をしいたフライパンで焼きます。 途中からフタをして肉全体に火が通るように。 その間にタレづくりを。 ソースにケチャップ・・・ めんつゆを加えて混ぜ混ぜ。 このままフライパンに流しいれてもと思いましたが今回はあとからかけることとなりました。 こちらが焼きあがったピーマンの肉詰め。 このままでもなかなか美味しそうですがタレをかけます。 これで完成!鶏ミンチを使ったピーマンの肉詰めです(他のことをやっていたら冷めちゃったのでタレをかけたあとレンジでチンしました)。 見た目はなかなか美味しそうですがお味のほうは? うん!なかなか良い感じ。タレだけだとソースの感じがけっこう強く出ていますがピーマンの肉詰めと一緒に食べるとぜんぜん気にならない。めんつゆが入って普通の肉詰めよりさっぱり感もあるかも! 醤油と砂糖で照りを出してもと思いましたが、たまにはこれもいいかもしれません。 鶏ミンチにマヨネーズを加えた効果は・・・よくわかりませんでした。 さっぱりした肉詰めなら さっぱりとしたピーマンの肉詰めがいいなら肉は鶏ミンチでタレはめんつゆベースにするといいかもと思いました。 これをベースにいろいろアレンジしてみると好みのさっぱりピーマン肉詰めが完成できるかもしれません。

カルディで買ったギータのタンドリーソース(ペースト状)で簡単タンドリーチキン!

先日、ふらっと立ち寄ったカルディのお店で見つけたギータのタンドリーソース。 粉は見かける気がするけどペースト状のものはあんまり無い気がするということで買って試してみることにしました。 こちらがタンドリーソースの瓶。いかにもスパイスが効いてそうです。 こちらが成分など。原産国はイギリスです。 フタを開けるとなんともスパイシーな香りが漂います。 インド料理屋みたいなにおいです。 今回タンドリーチキンを作るにあたって用意したのは タンドリーソース 鶏もも肉500g ヨーグルト 塩コショウ 隠し味のインディアンカレー粉 だけです。インディアンカレー粉は無くてもいいですし、たぶん塩コショウも好みの問題なので3種の材料だけでタンドリーチキンができちゃいます。 鶏もも肉500gを適当な大きさに切ったらボウルに入れて塩コショウ。 ここにヨーグルトを入れます。 タンドリーソース1瓶に対してヨーグルトスプーン4杯ぐらいでいいみたいなのですが大量に入れてしまいました。 ヨーグルトをある程度混ぜたところで・・・ いよいよタンドリーソースを投入。 今回は1/2ほど使ってみました。 インディアンカレー粉も少し加えてみます。 よーく混ぜたらこんな色に。 この状態でしばらく待ちます。一晩くらい寝かせたほうがいいのでしょうがナンを作った時と同様時間が無かったので1時間ぐらいで焼くことにしました。 フライパンに乗せて中火ぐらいで焼いてみます。 じゅわーっと焼けて水分がとんでいきます。 あたりはスパイスの良い香り。かなり食欲が沸きます。 焼き上がりのお肉がこちら。 ソースの脂と鶏肉の脂が出ているのも美味そう。 お皿に乗せて割ってみました。 肉汁とタンドリーソースが混ざり合ってさらに美味しそうに!! 実際に食べてみると・・・ めっちゃ美味い!!!       言い過ぎかもしれませんがまるでお店で出てくるような本格的な味です。 こんなに簡単に本格的な味が楽しめるとはびっくりです。 ヨーグルトを少し入れすぎましたがかえってそれでマイルドさが出たかもしれません。ヨーグルトの量で辛さを調節できそうですね。 お肉にお金をかけたくない人はもも肉じゃなくてムネ肉を使っても十分おいしそうです。 魚介類好きは魚を漬け込んで焼いてもよさそう。自分が好きなものを漬け込んでやくと新たな発見がありそうな一品です。 スパイシーな物が好きな人にはかなりおすすめできるソースだと思います。お値段も手ごろです。 ギータ タンドリーソース 210gをアマゾンでチェック

フライパンを使って自宅でナンづくり 強力粉を使ってリベンジ編

前回、薄力粉を使ってナンを作ってみましたが今回はきちんと強力粉を使ってナンを作ってみることにしました。 用意したのは 強力粉 ヨーグルト ベーキングパウダー 卵 砂糖 塩 油 ボウルに強力粉300gとベーキングパウダー6gほどを加え、 卵とヨーグルトも加えました。溶き卵は1/3程使う予定が1/2ぐらい入ってしまいましたが気にしない。 ここに水をくわえつつこねこね。水は前回の反省もあって100mlを投入。 ある程度混ざったら油を少し加えて混ぜます。でもやっぱりなんだかねばねばする。これでも水が多かったか・・・ということで強力粉を30g程度加えて混ぜました。 これが混ぜ終わったところ。 なんとかそれらしい形になりました。 この状態で冷蔵庫で1時間ほど寝かせます。もっと寝かせたほうがいいんでしょうが時間がなかったので1時間程度です。 1時間経ったら打ち粉の薄力粉を撒いてからナンの形に伸ばして焼きます。 このへんの行程は前回とぜんぜん変わりません。 いつものように弱火のフライパンで焼きます。 ベーキングパウダーのおかげもあってか膨らんできました。 ひっくり返して両方に焼き目がついたら出来上がり。 なかなか美味しそうにできあがりました。 薄力粉を使って作った時とそんなにかわらない? 割ってみたところ。 味はナンというよりフォカッチャぽくなってしまいました。薄力粉のときよりも美味しいのは美味しいのですが・・・ 本場みたいなナンを作るのは難しいですね。 生地を厚めにして焼くともうちょっとふんわりした感じに仕上がります。 今回の分量で5~6枚のナンが焼けると思います。 ということで強力粉を使ったナンは前回よりは美味しく焼けたもののナンと呼べるかどうかは微妙な感じになってしまいました。 「こうやるともっと美味くナンが焼けるぜ!」というのがあったら皆様教えてください。

小麦粉(薄力粉)と家にあるものでナンを作ってみる!どんな味になるのか

先日、ナンミックスで作ったナンが好評だったのでなんとか今家にある材料でナンができないかと試行錯誤してみることにしました。 ナンミックスの裏側に書かれている原材料も参考にしながら材料を探してみます。 家をごそごぞ探してみて見つかった材料になりそうな物といえば・・・ 薄力小麦粉 ヨーグルト 玉子 砂糖 塩 といったあたり。できればベーキングパウダーも欲しかったですがこれらを混ぜて作ってみることにしました。 まずは薄力粉150gぐらいと水90ccぐらい、そしてヨーグルトも大きめのスプーン2杯分ぐらい入れて混ぜてみました。砂糖、塩も少々。 薄力粉と水の割合はナンミックスと水の割合と同じぐらいにしてみましたがいろいろ入れたせいもあってかこれだと全然足りません。 少し薄力粉を加えてみましたがこの時点でかなりベトベト指にくっつきます。ナンミックスの時も粘り気はありましたがこっちのほうがねばねばする感じ。油を少し加えましたがねばねば。このあと溶き玉子を1/3個ほど加えてさらに小麦粉も足して混ぜてみました。 小麦粉を足して混ぜたのでたぶん最初の倍以上になってる・・・白っぽい部分もできましたが何とかまるまったのでサランラップをして冷蔵庫でしばらく寝かせました。 30分~1時間程度寝かせたらナンミックスの時のように打ち粉の小麦粉を広げて薄く伸ばします。 これが適度な大きさに分けて広げた状態。ナンミックスの時は広げても縮んでくる感じでしたが今回はそれがありません。 中火でフタをして焼きます。それほど膨らみませんでしたが見た目はナンっぽくなってきた! 両面に焼き目がついたら完成! 参考:ナンミックスで作ったナン うーん。ナンミックスと比べてみると膨らんでいません。やはりベーキングパウダーが欲しかった。 味のほうは? 肝心の味ですがそれほどナンミックスで作ったものにはさすがに負けます。 ただ、粉っぽいところはあるもののこれだけでナンといって出されたら気にせず食べられるレベル。カレーをつけて食べると美味しかったです。一応なんとかナンらしきものができるということがわかりました。  

Latest article

フランスパンを焼くときのトッピングをいろいろ試してみた・チューブが便利!

108円で買ってきたフランスパン。 お酒のつまみにいろいろ調理しているのですが、今回は消費期限切れのフランスパン1本を一気に食べることになったのでいろいろトッピングをしてみました。 フランスパンをカットして12切れにしてこれにいろいろ乗せて焼いてみます。 用意した調味料などは ケチャップ マヨネーズ 生にんにくチューブ パセリ バター とろけるミックスチーズ です。 あとカレーも作っていたのでのせてみました。 王道 ガーリックトーストとピザトースト まずは王道でしょうか。ガーリックトースト。 カットしたバターとにんにくチューブををのせます。にんにくはチューブを買ってくると作るのがとても楽です。 ピザトーストはケチャップの上にとろけるチーズをのせるだけ。 ガーリックトーストのほうはトースターで焼いたらパセリを振りかけるとより美味しそうになります! お味はバターの染みこんだガーリックトーストうめええええ。ピザトーストも当然美味いです。 マヨネーズベース マヨネーズを塗ったフランスパンに、にんにくを加えてみました。 もうひとパターンはマヨネーズの上にとろけるチーズ。 トーストで焼き上げるとこんな感じになります。 これはどう見てもうまいっす。見た目からうまいっす。 にんにくマヨのほうはパセリを振りかけていただいてみました。 焼いたマヨネーズってなんでこんなに美味いんでしょう。ガーリックの風味も良いです。 マヨチーズも鉄板といった感じでうまい! カレーをのせてみる 晩御飯に作ったカレーが残っていたのでこれをのせて焼いてみることに。 カレーの上にとろけるチーズ、そしてマヨネーズの上にカレーという2パターンで焼いてみました。 焼き上がりがこちら。 カレーとチーズの組み合わせはパンにのせても相性バッチリ! 少し味の気になるマヨネーズ+カレーもなかなか美味い。これはこれでいけます。 フランスパン焼くときにはチューブ類がめっちゃ便利 今回作ってみたものはどれも美味しくて上出来でした。そして思ったのはチューブ類はめっちゃ便利だということ。 本生生にんにく43g【無着色/SB/エスビー/粘体/チューブ/大蒜/エスビー/】 posted with カエレバ 楽天市場でチェック Amazonでチェック Yahooショッピングでチェック にんにくチューブ、マヨネーズ、ケチャップ。塗って焼くだけなのでお手軽さが半端ないです。ササッとつまみを作りたいときはチューブです! 【明治乳業】チューブでバター1/3 160g×3本(要冷蔵) posted with カエレバ 楽天市場でチェック Amazonでチェック Yahooショッピングでチェック バターもチューブのものがあるのでこれを買っておくとさらに便利そうです。

YAHOOショッピングのダイヤモンド会員が5のつく日に役立つかもな件

YAHOOショッピングでは1つのお店で1000円以上の買い物をするとスタンプが1つもらえる「ストアスタンプラリー」というものをやっています。 このスタンプラリーはたくさんのお店で購入するほど、どんどんランクが上がって買い物でもらえるTポイントが増えるという仕組みなのですが、ネットで評判を調べてみるとポイントが増える商品は限られていてそんなにメリットが無いという意見をよく見かけます。 「なんだあランクを上げてもたいしたこと無いのかあ」と思っていたのですが、5のつく日にYAHOOショッピングでスマホを眺めていたらものすごいポイントが付くことを発見。 例えばコジマYahoo店でのZenfon5を買おうとすると・・・ 写真左側がダイヤモンド会員で右側がノーマル会員なのですが獲得ポイントが全く違います。 ソフトバンクユーザーなのでそのポイントが増えているというのもありますが、注目は通常ポイント。 ダイヤモンド会員は9倍になっています(これダイヤモンド会員の特典だよね?あってるよね?)。ちなみに5のつく日以外はこんなに倍率は高くありません。 ヤマダ電機Yahoo店でポイントをチェックしても・・・かなりの違いが。 通常ポイントがなんと12倍ももらえます。ノーマル会員は1倍のまま。 スタンプラリーでダイヤモンド会員になると買うものによってはかなりポイントがもらえるんじゃないでしょうか。 自分は家電系を主に見ているので他の分野はわかりませんが、プラチナやダイヤモンド会員の人はどんな店がポイントが高いのか5のつく日にチェックしてみてはどうでしょうか。  

相模原市中央区田名のおがわのたまごで赤玉子とピンク玉子を買ってきた

やってきました相模原! 今回は相模原市は中央区の田名にあるおがわのたまごに玉子を買いにやってきました。 国道129号線を北上し、上溝南中学校の左に曲がってちょっと行ったところにあります。電車で行くなら最寄の駅はJR相模線の番田駅。 きいろい幟が目印です。 入り口付近にはたまごの自動販売機が。そして奥に直売所があります。 ここが直売所の入り口。たまごの直売所らしく?商売っ気はあまりありませんがここでたまごが買えます。 営業時間は午前9時~12時と午後1時~6時で木曜日の午後がお休み。 直売所に入るとまず目についたのが初たまご。若鶏の生み初めのたまごでちょっとこぶりですがお得そうです。 料金はこんな感じです。個数で料金が決まるんじゃなくて重さで決まるみたいです。 今回は赤玉とピンク玉のLサイズを買ってみることにしました。 ピンクたまご5個、赤たまご10個の合計15個で400円ちょっとでした。 直売所の中はたまご以外にも芋や奈良漬けが売られていたり、 おがわのたまごで作ったロールケーキも売られていたりします。 ケーキが目的で来る人もいそうです。 たまごの味はどうなの? パック詰めしてもらった15個のたまご。 家に帰って早速食べてみることにしました。 ちいさなパンフレットみたいなのもビニール袋にいれてくれてました。宅配もあるようです。 2つの玉子を割ってみました。 左が赤玉、右がピンク玉です。たまごって鶏のエサで味が変わるらしいのですが、直売所の人に聞いたらエサは一緒なので味も一緒らしいです。 見た目はピンク玉のほうが白身が盛り上がっているようにみえます。個体差でしょうか? ピンク玉のほうを割ってみました。 黄身の周りの膜みたいなのがめっちゃ丈夫で黄身がだらーんとならず、かたまりみたいになってます。 濃厚さもあってなかなかの美味。 定番のたまごかけご飯でいただいてみたら、やっぱり黄身が濃厚。スーパーで買うたまごとは一味違います。 なにより直売所の玉子のわりに価格が安いのでお近くの人は行ってみてはどうでしょうか。 おがわのたまご 住所:相模原市中央区田名7460 TEL:042-762-2915 営業時間:9:00~12:00・13:00~18:00 木曜日午後はお休み