材料費を節約!鶏ひき肉を使ったピーマン肉詰め!めんつゆタレでサッパリ感も!

今日は久々に八百屋さんに行ったらピーマンがなかなか手ごろなお値段で売られていたのでゲット! というわけでピーマンの肉詰めを作ってみることになりました(まあ実際のところ人に作ってもらったんですが)。 使ったのは ピーマン 鶏ミンチ 塩 こしょう マヨネーズ ナツメグ めんつゆ ソース ケチャップ 肉は安く済む鶏ミンチを使用しました。安くてヘルシーだからこれでもいいよね!? ピーマンはヘタとタネを取ったら半分に。 鶏ミンチ(解凍失敗した)は塩コショウをして さらにナツメグとマヨネーズを。 マヨネーズはジューシーさが出るかなということで。 よーく混ぜ合わせたらピーマンに詰めていきます。 準備が完了したら油をしいたフライパンで焼きます。 途中からフタをして肉全体に火が通るように。 その間にタレづくりを。 ソースにケチャップ・・・ めんつゆを加えて混ぜ混ぜ。 このままフライパンに流しいれてもと思いましたが今回はあとからかけることとなりました。 こちらが焼きあがったピーマンの肉詰め。 このままでもなかなか美味しそうですがタレをかけます。 これで完成!鶏ミンチを使ったピーマンの肉詰めです(他のことをやっていたら冷めちゃったのでタレをかけたあとレンジでチンしました)。 見た目はなかなか美味しそうですがお味のほうは? うん!なかなか良い感じ。タレだけだとソースの感じがけっこう強く出ていますがピーマンの肉詰めと一緒に食べるとぜんぜん気にならない。めんつゆが入って普通の肉詰めよりさっぱり感もあるかも! 醤油と砂糖で照りを出してもと思いましたが、たまにはこれもいいかもしれません。 鶏ミンチにマヨネーズを加えた効果は・・・よくわかりませんでした。 さっぱりした肉詰めなら さっぱりとしたピーマンの肉詰めがいいなら肉は鶏ミンチでタレはめんつゆベースにするといいかもと思いました。 これをベースにいろいろアレンジしてみると好みのさっぱりピーマン肉詰めが完成できるかもしれません。

カルディで買ったギータのタンドリーソース(ペースト状)で簡単タンドリーチキン!

先日、ふらっと立ち寄ったカルディのお店で見つけたギータのタンドリーソース。 粉は見かける気がするけどペースト状のものはあんまり無い気がするということで買って試してみることにしました。 こちらがタンドリーソースの瓶。いかにもスパイスが効いてそうです。 こちらが成分など。原産国はイギリスです。 フタを開けるとなんともスパイシーな香りが漂います。 インド料理屋みたいなにおいです。 今回タンドリーチキンを作るにあたって用意したのは タンドリーソース 鶏もも肉500g ヨーグルト 塩コショウ 隠し味のインディアンカレー粉 だけです。インディアンカレー粉は無くてもいいですし、たぶん塩コショウも好みの問題なので3種の材料だけでタンドリーチキンができちゃいます。 鶏もも肉500gを適当な大きさに切ったらボウルに入れて塩コショウ。 ここにヨーグルトを入れます。 タンドリーソース1瓶に対してヨーグルトスプーン4杯ぐらいでいいみたいなのですが大量に入れてしまいました。 ヨーグルトをある程度混ぜたところで・・・ いよいよタンドリーソースを投入。 今回は1/2ほど使ってみました。 インディアンカレー粉も少し加えてみます。 よーく混ぜたらこんな色に。 この状態でしばらく待ちます。一晩くらい寝かせたほうがいいのでしょうがナンを作った時と同様時間が無かったので1時間ぐらいで焼くことにしました。 フライパンに乗せて中火ぐらいで焼いてみます。 じゅわーっと焼けて水分がとんでいきます。 あたりはスパイスの良い香り。かなり食欲が沸きます。 焼き上がりのお肉がこちら。 ソースの脂と鶏肉の脂が出ているのも美味そう。 お皿に乗せて割ってみました。 肉汁とタンドリーソースが混ざり合ってさらに美味しそうに!! 実際に食べてみると・・・ めっちゃ美味い!!!       言い過ぎかもしれませんがまるでお店で出てくるような本格的な味です。 こんなに簡単に本格的な味が楽しめるとはびっくりです。 ヨーグルトを少し入れすぎましたがかえってそれでマイルドさが出たかもしれません。ヨーグルトの量で辛さを調節できそうですね。 お肉にお金をかけたくない人はもも肉じゃなくてムネ肉を使っても十分おいしそうです。 魚介類好きは魚を漬け込んで焼いてもよさそう。自分が好きなものを漬け込んでやくと新たな発見がありそうな一品です。 スパイシーな物が好きな人にはかなりおすすめできるソースだと思います。お値段も手ごろです。 ギータ タンドリーソース 210gをアマゾンでチェック

フライパンを使って自宅でナンづくり 強力粉を使ってリベンジ編

前回、薄力粉を使ってナンを作ってみましたが今回はきちんと強力粉を使ってナンを作ってみることにしました。 用意したのは 強力粉 ヨーグルト ベーキングパウダー 卵 砂糖 塩 油 ボウルに強力粉300gとベーキングパウダー6gほどを加え、 卵とヨーグルトも加えました。溶き卵は1/3程使う予定が1/2ぐらい入ってしまいましたが気にしない。 ここに水をくわえつつこねこね。水は前回の反省もあって100mlを投入。 ある程度混ざったら油を少し加えて混ぜます。でもやっぱりなんだかねばねばする。これでも水が多かったか・・・ということで強力粉を30g程度加えて混ぜました。 これが混ぜ終わったところ。 なんとかそれらしい形になりました。 この状態で冷蔵庫で1時間ほど寝かせます。もっと寝かせたほうがいいんでしょうが時間がなかったので1時間程度です。 1時間経ったら打ち粉の薄力粉を撒いてからナンの形に伸ばして焼きます。 このへんの行程は前回とぜんぜん変わりません。 いつものように弱火のフライパンで焼きます。 ベーキングパウダーのおかげもあってか膨らんできました。 ひっくり返して両方に焼き目がついたら出来上がり。 なかなか美味しそうにできあがりました。 薄力粉を使って作った時とそんなにかわらない? 割ってみたところ。 味はナンというよりフォカッチャぽくなってしまいました。薄力粉のときよりも美味しいのは美味しいのですが・・・ 本場みたいなナンを作るのは難しいですね。 生地を厚めにして焼くともうちょっとふんわりした感じに仕上がります。 今回の分量で5~6枚のナンが焼けると思います。 ということで強力粉を使ったナンは前回よりは美味しく焼けたもののナンと呼べるかどうかは微妙な感じになってしまいました。 「こうやるともっと美味くナンが焼けるぜ!」というのがあったら皆様教えてください。

小麦粉(薄力粉)と家にあるものでナンを作ってみる!どんな味になるのか

先日、ナンミックスで作ったナンが好評だったのでなんとか今家にある材料でナンができないかと試行錯誤してみることにしました。 ナンミックスの裏側に書かれている原材料も参考にしながら材料を探してみます。 家をごそごぞ探してみて見つかった材料になりそうな物といえば・・・ 薄力小麦粉 ヨーグルト 玉子 砂糖 塩 といったあたり。できればベーキングパウダーも欲しかったですがこれらを混ぜて作ってみることにしました。 まずは薄力粉150gぐらいと水90ccぐらい、そしてヨーグルトも大きめのスプーン2杯分ぐらい入れて混ぜてみました。砂糖、塩も少々。 薄力粉と水の割合はナンミックスと水の割合と同じぐらいにしてみましたがいろいろ入れたせいもあってかこれだと全然足りません。 少し薄力粉を加えてみましたがこの時点でかなりベトベト指にくっつきます。ナンミックスの時も粘り気はありましたがこっちのほうがねばねばする感じ。油を少し加えましたがねばねば。このあと溶き玉子を1/3個ほど加えてさらに小麦粉も足して混ぜてみました。 小麦粉を足して混ぜたのでたぶん最初の倍以上になってる・・・白っぽい部分もできましたが何とかまるまったのでサランラップをして冷蔵庫でしばらく寝かせました。 30分~1時間程度寝かせたらナンミックスの時のように打ち粉の小麦粉を広げて薄く伸ばします。 これが適度な大きさに分けて広げた状態。ナンミックスの時は広げても縮んでくる感じでしたが今回はそれがありません。 中火でフタをして焼きます。それほど膨らみませんでしたが見た目はナンっぽくなってきた! 両面に焼き目がついたら完成! 参考:ナンミックスで作ったナン うーん。ナンミックスと比べてみると膨らんでいません。やはりベーキングパウダーが欲しかった。 味のほうは? 肝心の味ですがそれほどナンミックスで作ったものにはさすがに負けます。 ただ、粉っぽいところはあるもののこれだけでナンといって出されたら気にせず食べられるレベル。カレーをつけて食べると美味しかったです。一応なんとかナンらしきものができるということがわかりました。  

インディアンカレー粉とカルディのナンミックスでカレー祭りだ!

インデアン食品 純カレー粉 瓶 400g posted with カエレバ 楽天市場でチェック Amazonでチェック Yahooショッピングでチェック カルディオリジナル ナンミックス 300g posted with カエレバ 楽天市場でチェック Amazonでチェック Yahooショッピングでチェック 先日ショッピングモールへ行った時のこと。 調味料やお酒が売られているお店を見ていたら見つけたのがこちらのインディアンラベルのカレー粉とナンミックス。 手軽にナンが作れるなんてこれは熱いぜ!カレーも一緒に作ってカレー祭りだ!ということで一緒に購入しました。 早速ナンを作ってみる こちらがナンミックス。 規定の量、水を加えるだけで簡単にナンができるのでとっても楽でした。 裏面に何の作り方が書いてあります。 ナンミックス 水 サラダオイル 打ち粉陽の小麦粉 あとはフタつきのフライパンかホットプレートがあれば準備完了。 ボウルにナンミックスを入れたら水を加えて(ナンミックス300gに対して水180g)混ぜます。 途中でサラダオイルを加えて混ぜます。サラダオイルが無かったのでオリーブオイルを入れて混ぜてみました。 けっこうねばねばして手にくっつくんですが気にせず混ぜます。何やら独特のニオイがします。 ある程度まるまったらラップをして冷蔵庫へ。1日以上寝かせるとより美味しいらしいです。 手はべとべとになってました。 冷蔵庫で1時間ほど寝かせたら4~5等分して小麦粉を撒いたまな板の上で広げていきます。 サランラップを上からかぶせて棒を使って伸ばしてみましたが、サランラップにもけっこうくっついて微妙な感じでした。 小麦粉を手につけて伸ばすのが無難でしょうか。 中火で温めたフライパンに薄く油を敷いたら生地をのせて焼きます。 すぐにフタをして生地が膨らんできたら裏返します。 両面に適度に焦げ目がついたら完成! 2つに割ってみました。 味見をしてみると・・・おー!ほんとにナンの味がする! 簡単にナンができてしまいました。 カレーを作る 玉ねぎ 鶏ひき肉 にんにく トマト缶 ヨーグルト 味覇 塩 ソース インディアンカレー粉 油 塩 を用意しました。 鍋でみじん切りにした玉ねぎとにんにくを油で炒めたらとりあえず鍋はそのまま。 熱したフライパンで小麦粉を炒めます。 しばらくすると色が変わってきました。 ここにカレー粉を入れてさらに混ぜながら炒めます。 なんだかカレーらしいニオイがしてきました。 今度は玉ねぎを炒めた鍋にフライパンの中身を投入!炒めます! 小麦粉とカレー粉と玉ねぎが混ざり合っているところに鶏のひき肉を投入!さらにソースも投入! トマト缶も1缶まるまる入れちゃいました。 トマト缶の中に水を入れて、缶の中に残ったトマトを流しつつ水分調整をします。 いよいよカレーらしくなってまいりました! まろやかさを期待してヨーグルトも入れます。 でもなんだか一味足りない気が・・・どうも水の代わりにコンソメとか出汁を入れている人がいるようです。 というわけであとからですが少々「味覇」を投入しました。 味覇(ウェイパァー) 缶(500g) posted...

コンロとフライパンで作れる簡単(手抜き)巨大エッグタルト【オーブン無し!】

エッグタルトを見ていたらどうしても食べたくなったので家で巨大エッグタルトを作ってみることにしました。巨大といってもフライパンサイズですが。 めんどくさいので作り方はかなり手抜きでオーブン無しで作りました。 用意した材料 玉子Lサイズ 4個 クッキー1箱 バター 生クリーム200ml 牛乳100ml オリゴ糖(普通は砂糖だと思いますがオリゴ糖で作りました) 用意したものはこれだけ。 タルト生地を作る まずはクッキーをつぶして生地を作ります。 ビニール袋にクッキーを入れてひたすら潰します。 ふるいを使って細かくしようと思いますが途中でめんどくさくなったのでやめました。 ここに溶かしたバターを投入してよく混ぜます。 スプーンなどで押し伸ばしながらフライパンに広げていきます。 投入するときはパラパラですが焼いたらある程度固まるので気にしません。 均等に広がったらこれで生地はおっけーです。 プリン生地を作る 今度はプリン生地を作ります。 ボウルに玉子4個、生クリーム200ml、牛乳100ml、オリゴ糖を入れて混ぜます。 通常は玉子は卵黄のみを使うと思いますがめんどくさいので全卵にしました。牛乳でかさ増ししましたが全部生クリームにすると濃厚な仕上がりになります。 砂糖の量はお好みで。 プリン生地を流し込む 先ほフライパンに広げたタルト生地の上にプリン生地を流し込んでいきます。 そのまま流し込んでも大丈夫ですが茶こしや粉ふるいを使って濾しながら流し込むと多少仕上がりがなめらかになるかも。 ダイソーの粉ふるいをつかいました。 焼く あとは蓋をして弱火で焼きます。 底が焦げ付かないように超弱火にしました。 これで待つこと40~50分。 プリン生地が膨らんできたら完成です。 タルト生地が湿っている感じの時はここから蓋をとった状態で焼くといいかもしれません。 完成 フォークなどで淵から少しずつ離していってフライ返しで皿やまな板に移せば完成です。 タルトを切ってみたところ。きちんとプリン生地が固まっていました。 フライパンで作ったので焼き目はありませんが簡単に作れるのがポイントです。 焼き目を入れるにはここからバーナーを使ったり、オーブンで焼いたりということになりますが、せっかく手抜きで作ったのにそこに手間をかけるのはどうかなといったころです。 味のほうは牛乳を入れたこともあって濃厚な感じはそれほどありません。卵白も入っているのできめ細かさも足りませんが手抜きなので想定済みです。 低価格で巨大エッグタルトが作れたので満足度はなかなかでした!

ペコジャニの内容をもとに唐揚げをイタリアン風にアレンジして作ってみた

先日テレビを見ていると、ペコジャニという番組でイタリアン風のバジル唐揚げというものが登場していたので家でも似たものを作ってみることにしました。 用意したものは 鶏もも肉 塩 こしょう バジル 小麦粉 とろけるチーズ パルメザン風チーズ です。ちゃんとしたチーズはないので100円のものを使ってみることにしました。 まずは鶏もも肉を好みのサイズに切って塩コショウをしておきます。 ここに香り付けにバジルを入れて混ぜたらすこし寝かせて・・・ その間にチーズを細かくすることにしました。家にあったとろけるスライスと買ってきたモッツァレラミックスチーズです。 フードプロセッサーが無いので包丁でひたすら細かくしていきます。 こんな感じになりました。もうちょっと細かくしたほうがよさそうですがめんどくさいのでこんな感じで。 ここに水と小麦粉を加えてまぜまぜ。 ここは水の配分が難しいですね。あんまり多くしすぎるとバシャバシャになってチーズが絡みづらいし、水がすくないとねばねばしてしまうし・・・ フードプロセッサーできちんと小麦粉とチーズを混ぜたらこんなことにはならいのでしょうけど・・・ 別の器に小麦粉だけを用意しておいて、鶏肉にまぶしてから チーズと小麦粉と水を混ぜた衣をつけて揚げます。 いつもより若干低めの温度で時間をかけて揚げてみました。 できあがった唐揚げがこちらです。 かなりサクッと揚がりました。 断面。これだけみるとバジルとかチーズはよくわかりませんね。 イタリアン風唐揚げのお味のほうは? 肝心の味ですが、バジルの風味がかなり良いです。口に入れた瞬間にバジルの風味が広がって食欲が沸いてきます。バジルは是非とも入れておきたい。 そしてチーズですが、風味はするけど思ったほどチーズ感は無い。包丁で切って混ぜたのが影響したでしょうか・・・ とはいえ味は美味しいので普通の唐揚げに飽きてきたという人は作ってみてはどうでしょうか。

チルドの餃子を混ぜてお好み焼きを作ってみた!

先日、薄力粉が処分価格で売られていたので購入したのですが、1度お好み焼きとたこ焼きを作ったあとも大量に余っておりまして・・・ しかしお好み焼きを作るには豚肉が足りない・・・ 冷凍庫をあさってみると中には消費期限が近いからと冷凍保存しておいたチルド餃子が! 「餃子をお好み焼きの具にしたらいいんじゃね?」と混ぜてみることにしました。 用意したもの 薄力粉 だしの素 玉子 チルド餃子1パック キャベツ1/4玉ぐらい おたふくソース かつおぶし 青のり 調理手順 調理手順といってもお好み焼きの手順で豚肉のかわりに餃子を入れるだけなんですが・・・ まずは冷凍してあった餃子をレンジで温めておきました。 キャベツは適当に細く切ります。 餃子をボウルに入れ、つぶして混ぜます。 ここに先ほどのキャベツを投入。 別の容器ではだし汁と薄力粉を混ぜて生地を作っておきます。 あとは先ほどのボウルに生地と玉子を入れて混ぜ混ぜ。 後は熱して油を敷いたフライパンで焼くべし!! 量を多くしすぎたせいでひっくり返すときに破けてしまいました。あとは薄力粉の配分を間違ったかな・・・? とはいえちゃんと食べられます。 見た目はよくありませんがおたふくソースとかつおぶし、青のりをかければそれなりの見た目になります。 お好み焼きにしても餃子の風味はけっこう強く残っていて餃子感はたっぷりです。餃子の皮の食感もけっこう残っていてこれは人によって好みが分かれるかもしれません。 とはいえお好み焼きの具が無くて困っている場合や具材を安く調達したい場合には良いと思います。興味があればお試しください。

鳥胸肉で手作りチキンナゲットを作ってみた

鳥胸肉が余っているけど唐揚げはありきたりだし・・・何を作ろうか・・・あれナゲットのソースが余ってる!! というわけで今回はチキンナゲットに挑戦してみました。 用意したもの 鳥胸肉 塩 こしょう 醤油 マヨネーズ 小麦粉 オリーブオイル(サラダ油が無かった) 手作りナゲットの調理過程 まずは鳥の胸肉を用意、皮の部分と身の部分を分けます。 そうしたらひたすら身を小さく切ります。そして包丁で叩きまくってミンチ状に細かくします。 そうしたら器に移して、塩コショウ、マヨネーズ、醤油、片栗粉を加えて混ぜます。 ネットでレシピを検索してみると、小麦粉の代わりに片栗粉を使ったり、お酒を加えたり、玉子を加えたりといったレシピもありますがこのあたりは好みの問題でしょうか。 今回は玉子を入れていませんが、入れてみるともっと美味しそうですね。 この間にフライパンに油を入れて180℃ぐらいに熱しておきます。ナゲットが半分ぐらい浸かる料でいいかなと思います。 そうしたら混ぜ合わせた食材をナゲットの形に整えておいて、順次フライパンに投入。スプーンですくって直接入れる方法でもいいかもしれません。 裏面がキツネ色になってきたら裏返して反対側も揚げます。いい色に揚がってきました。 両面がキツネ色にこんがり揚がったらキッチンペーパーに移して余分な油を吸わせて完成です!! こんな具合においしそうに揚がりました。 思ったよりも簡単にできたチキンナゲット ナゲットを作るとなるとけっこう難しいんじゃないかと思いましたが、材料を混ぜ合わせて揚げるだけでけっこう簡単にできました。胸肉を細かくする作業は手間が掛かりましたが・・・ 胸肉にパウダーを加えたり、チーズを入れたりといったアレンジも楽しめそうです。お店で買うと安全上心配という人も手作りなら安心ですね。

鶏がらスープを採ってチンゲン菜スープを作ってみた

先日、スーパーで買い物をしているとお肉コーナーで見かけたのが鶏ガラ。 普段鶏ガラはあまり買いませんが袋にシールが貼られていてその価格34円!! 消費期限が近いから安くなってたんですけど、これでスープを作ってみようと思い購入してみました。 他にも野菜売り場のおつとめ品コーナーでチンゲン菜をゲット!! これでチンゲン菜スープを作ります。 用意したもの 用意したのは 鶏ガラ チンゲン菜 玉ねぎ しょうゆ 塩 鶏ガラチンゲン菜スープ料理手順 まずは鶏ガラを少し流水で洗ったあと、鍋に入れて水を張り煮込みました。 臭みがあるかなと思い始めの水は1度捨て再度煮込んでみます。 ガラが完全に隠れるまで水を入れ、今度は約2時間ほど弱火で煮込みました。 2時間ほど煮込んだあとはこんな感じです。良さそうなスープが採れました。 ザルでスープとガラを分けます。ガラに付いていた身があったので削ぎとってこちらも使うことにしました。 鶏ガラスープにカットしたチンゲン菜と玉ねぎ、それに先ほどのガラに付いていた身を入れてぐつぐつ。 チンゲン菜が食べごろの固さになったら塩としょうゆで味を整えて完成です!! こんな感じでチンゲン菜スープが出来上がりました。 ガラからスープを採ったのでやはり粉末とはひと味違いました。こっちのほうが濃厚・・・かな? 手間がかかるのが難点ですが鶏ガラが安かったので作ってみました。