日曜日, 9月 23, 2018

豚肉とひじきとしいたけと油揚げの炊き込みご飯を作ってみた

いつも買い物に行くドラッグストアでひじきをみかけたので「これで炊き込みご飯つくったら美味しいそうじゃね?」と思って作ってみることにしました。 炊き込みご飯の材料 用意したのはこちら お米 しいたけ ひじき 油揚げ 豚肉 しょうゆ 酒 だしの素 他の具はとりあえず家にあったやつを投入です。 油揚げと豚肉を一緒に入れると油っぽくなりすぎるかなと思ったのですがとりあえず投入してみることに。 これを炊飯器にぶち込んで炊きます。 炊き込みご飯の調理手順 調理手順といってもたいしたことはないんですが、しいたけとひじきは水で戻します。 その間に豚肉と油揚げを細かく切っておきました。 あとはお米を研いで具材を投入。お米は2.5合にしました。 少し少なめの水加減にして、しいたけを戻し汁ごと投入。他の具材も一緒に投入しました。 お釜にお米と全ての具材を投入した状態。 ここにしょうゆ、酒、だしの素といった調味料をお好みで投入。 しいたけの戻し汁の味に期待。 フタをして炊飯ボタンを押して炊き上がりを待つばかりです。 こんな感じに炊き上がりました。 見た目はこんなもんかな? お味のほうは? 気になる味なんですが、なんというか可も無く不可もなくそれなりに美味しいって感じです。豚と油揚げで油分が多すぎるかなと思いましたがそれほどでもありませんでした。(豚肉を少なめにしたから?) しいたけの戻し汁は・・・よくわかりません。もっといっぱい入れればよかったかな。 とはいえ食材を適当にぶちこんで炊飯ボタンを押すだけの炊き込みご飯はなかなか楽チンですね。 また違う具材で炊き込みご飯を試してみたいと思います。

マッシュルームとしめじできのこアヒージョ!バジルとローズマリーで食欲増進!

今回は、八百屋さんできのこを安く手に入れることができたのできのこのアヒージョを作ることと相成りました。 準備したのは マッシュルーム 5本ぐらい しめじ 半株 豚小間肉 200gちょっと にんにく オリーブオイル 塩コショウ ローズマリー バジル です。 豚小間肉は肉の慶神さんのやつです。 まずはにんにくを細かく刻みます。画像は刻む前ですが・・・ マッシュルームとしめじも適度な大きさにカット。 準備ができたら熱したフライパンにオリーブオイルとにんにくを投入!! しばらくしたらきのこ類も投入して炒めます。 炒めます炒めます。 火が通ってきたら水を投入。 その間に豚肉を準備します。 豚小間肉に塩コショウをしてよく混ぜまず。 終わったらフライパンに投入してきのこといっしょにぐつぐつ。 香り付けにローズマリーを入れてみます。 この際に塩も加えて味を調節。 お皿に盛り付けてバジルを振りかけて完成です。 味付けは塩コショウだけでもかなり美味いです。やはりこの汁が美味しい。バジルの香りも食欲をそそります。 汁が残ったら味を調整してパスタソースにしてもよさそう。 にんにくは冷蔵庫に常備しておきたいなと思う今日この頃でした。

わけあり激安牛肉で肉じゃが作ってみた

味付牛肉わけあり1kgどど~んと激安特価でお届け!!★味付け牛肉 訳あり 1kg簡単調理! 湯煎す... 価格:839円(税込、送料別)   こちらの1kg839円のお買い得な牛肉を購入して食べた際に肉じゃがみたいな味付けだと思ったので、この肉を使って肉じゃがを作ってみることにしました。 用意したのは じゃがいも4コ 人参1本 味付け牛肉 しらたき 醤油 みりん 酒 めんつゆ 水 です。 まずは適当に切った味付け牛肉を鍋に入れます。わりと油分があるので油はひいていません。 本当は包丁で切って細かくしてから入れたほうがすぐにバラけるのでそっちのほうがいいと思います。 次に人参を投入。   皮をむいて4等分にしておいたジャガイモ、しらたきも入れます。 味付け牛肉に多少玉ねぎが含まれているので今回は別途玉ねぎを入れることはしませんでした。 しばらく炒めたら 醤油、みりん、酒、水を投入し煮込みます。 味が薄かったので途中でめんつゆを足して味を調整しました。 10分少々弱火で煮込んで出来上がったのがこちら 肉がそぼろ状なので見た目は少しよくありませんが味は肉じゃがそのものです。 肉の旨みが出ていてなかなか美味しいと思います。しらたきにも味がよく染み込んでいます。 難点を1つ挙げるとすれば油が多めなので冷めたときに白い油の塊ができることでしょうか。 ただ、肉の予算を抑えつつ肉じゃがを作るのになかなか良いと思います。

豚足の煮汁を使ってコラーゲンたっぷりの白菜鍋を作ってみた

以前、豚足を購入して煮込んで見ましたがその時の煮汁を冷凍保存してあったので、これをもとに鍋を作ってみることにしました。 用意したのは 煮汁の冷凍 しょうゆ 酒 みりん 鶏がらスープのもと しょうが 白菜 しめじ えのき 長ネギ 豚足でスープを採ったときの残りの身 です。 まずは冷凍しておいた煮汁をそのままなべに投入します。 お酒を少し入れて加熱、解けるまで加熱します。 その間に白菜などの食材を切っておきます。 そうしたら今度は野菜ときのこ類を順次投入。 豚足の身も入れてみます。 お酒と鶏がらスープの素を入れて味を整えつつ、豚足のにおいがまだ気になったのでしょうがも入れてみました。 あとはしばらくふたをして煮込めば・・・ 豚足鍋の出来上がり。 これまでの料理で余ったものを捨てることなく鍋ができあがりました。 豚足の煮汁を使っただけあってコラーゲンたっぷりです。 鍋が冷えてくると汁が固まってプルプルのゼリー状になります。 味は、うーんまあ好みが分かれそうなお味でしょうか。 豚足好きの人なら問題なさそうです。

鶏肉のゼラチン質を利用して鶏鍋作ってみた

前回、チャーシューを作った時にできたゼラチン質の物体。 チャーシューを食べ終えた物のこれを捨てるのはもったいないので鍋を作ってみることにしました。 用意した物 鶏肉チャーシューの時のゼラチン質 鶏もも肉 白菜 にんじん 大根 えのき 木綿豆腐 がんもどき 生揚げ 長ネギ 鶏ガラスープの素 水 野菜類は適当です。白菜など水気の出る葉物は欲しいかなといったところですが、大根はおつとめ品があったのでついつい買ってしまいました。 料理の手順 手順と言ってもぶち込んで似るだけです。 鍋にゼラチン質を入れたら、加熱しつつ白菜などの食材を入れていきます。白菜から水分が出るので水はほとんどいらないかも。 こんな感じで切った具材を入れて沸騰しそうになったや弱火でコトコト。 チャーシューを作った時のゼラチン質があるので醤油は入れていません。鶏肉や揚げからいいお出汁が出ます。 鶏ガラスープの素を入れて味を調整します。 全ての食材に火が通ったら完成です!! こんな感じで美味しそうにできあがりました。 普通に作るよりも脂が多くて濃厚な味になると思います。脂の感じがけっこうくるので脂の苦手な人は普通に作ったほうがよさそうです。 濃厚な脂が好きなひと向けです。

鯛の身アラからつみれ揚げを作ってみた!外はカリっ中はふわっ!

魚屋さんで安く買ってきた鯛の身あら。 いつもはアラ煮にするのですが今回はちょっぴり違うものを作ってみたいということでつみれ揚げにしてみることにしました。 用意した材料は 鯛の身あら 小麦粉(片栗粉がいいけど無かった) 万能ネギ しょうゆ 酒 塩コショウ です。 調理行程 鯛の身あらを水で洗って水部を拭き取ったらスプーンで身をこそぎ落としていきます。ちなみに残った骨の部分はあら汁の材料として使うことになりました。 三枚の身あらからこれだけの身を取ることができました。ほんとはもっといっぱい取りたかったけど残りはあら汁に使うと言われたので断念。 切っておいた万能ねぎと小麦粉、しょうゆ、酒、塩コショウと一緒にして混ぜます。 鯛の身はフードプロセッサーにかけたほうが良いのかもしれませんが、そんなものは無いのでそのまま混ぜました。 食べやすい大きさに分割したらスプーンである程度形を整えて 油で揚げます! こんがり美味しそうに揚がりました。ちょっと揚げすぎた? お好みで薬味をのせて完成!! そとがこんがり中はふっくらとして美味しい仕上がりです! 中はこんな感じ、やわらかい食感です。 今回は4個しか作れませんでしたが大量に身あらがゲットできたらつみれ揚げにしてみるのもいいんじゃないでしょうか。

長ネギとニンジンのマヨネーズ炒めを作ってみた

しばらく家を空けることになったのに冷蔵庫にはうっかり買ってしまった食材・・・ 長ネギ ニンジン このまま捨ててしまうのはもったいないので何か作れないかと考えた末、マヨネーズで炒めてみることにしました。 準備したのは長ネギ、ニンジンの他に 豚肉 醤油 です。 豚肉は先日買った冷凍の豚肉を使用しました。 長ネギ、ニンジンを細く切る まずは長ネギとニンジンを細長く切っておきます。 食材をマヨネーズで炒める そうしたらフライパンにマヨネーズを敷いて豚肉を炒めます。 十分に火が通ってきたら今度は長ネギとニンジンを投入。 長ネギとニンジンを投入してすぐにマヨネーズを入れてしまいましたが火が通ってからマヨネーズを入れたほうがよかったかもしれません。 お好みで野菜に火を通したら醤油で軽く味付けをして完成です。簡単ですね。 お味は? 醤油とマヨネーズの味付けはなかなかでご飯が欲しくなります。 丼にしてもいいかもしれません。 また他の食材を同じ味付けで炒めても面白いかもしれませんね。

またまた焼肉のタレで・・・ベーコンとたまねぎと卵の丼

先日の焼肉のタレやベーコンがまだ残っているので今回も焼肉のタレで丼を作ってみました。 用意したのは冷蔵庫にあった ベーコン たまねぎ 卵 焼肉のタレ これだけあとは丼にご飯を用意するぐらいです。 まずは熱したフライパンに油をしいて適当に切ったたまねぎを炒めます。 ベーコンも投入して全体に火が通ってきたなと思ったらここで焼肉のタレをお好みの量投入。 味付けは焼肉にタレだけです。他に調味料を一切使わないのでかなり簡単ですね。 焼肉のタレがジュワジュワいって汁気がのこっているうちに真ん中にスペースを開けて卵を投入。 火を弱くして蓋をし、卵の周りが固まるまで待ちます。 卵がお好みの固さになったらあとはご飯を盛った丼にのせて完成!! 別にベーコンとたまねぎじゃなくてもキャベツと豚小間切れとか牛肉とかなんでもできそうですね。 残り物の野菜と肉に焼肉のタレの組み合わせは結構使えそうです。 超簡単なのでコツも何もありません。   焼肉のタレはまだ残っているのでまた何か作りたいと思います。

スタミナたっぷり!味覇でにんにくキムチチャーハンを作ってみた!

今日の晩飯は何にするかなーと思案していたところ、キムチがあるのを思い出したので今回はキムチチャーハンを作ってみることにしました。 用意したのは 鶏ミンチ 玉ねぎ1/2個 にんにく キムチ少々 ご飯1合半ぐらい 味覇 玉子2個 スタミナをつけるぞー!ということでにんにくも入れてみることにしました。分量は2人分です。 まずは玉ねぎとにんにくをみじん切り。キムチも少し細かく切っておきました。 ご飯は炊き立てを冷ましておきます。 次に油を敷いたフライパンで、鶏ミンチ、玉ねぎ、にんにく、キムチを炒めます。特に下味は付けず。 火が通ってきたらご飯を投入。 ご飯を切るようにしながら混ぜていきます。本当は1人前ずつ作ったほうがいいんでしょうけどめんどくさいので一気に2人分です。 味覇ウエイパー(500g) posted with カエレバ 楽天市場でチェック Amazonでチェック Yahooショッピングでチェック そしてここで登場、味覇です。チャーハンの味付け、スープ、天津飯の餡などなど使い勝手の良い定番商品ですよね。 冷蔵庫に1つ入れておくと料理が捗ります。 味覇を好みでフライパンに投入して混ぜたらにんにくキムチチャーハンの完成!といきたいところですが・・・キムチを早めに投入したのと食材をけっこう炒めたのもあって色合いが茶色になってしまったので 温泉玉子を上に乗せて彩を持たせてみました。 とろとろの黄身を崩しながらいただくチャーハンはなかなか美味です。味付けのほうもキムチの辛味と味覇のみで十分でした。にんにくの風味はあまり感じませんがスタミナも付きそうです。

ほうれん草とトマトときのこのカレーを作ってみた!

今回はスーパーでトマト缶をゲット!そしてほうれん草が余っている! ということでほうれん草トマトカレーを作ってみることにしました。 用意したもの ほうれん草1束 カットトマト缶 1缶 鶏ミンチ 200gぐらい しめじ 1株 玉ねぎ 半個 にんにく 1かけら バーモントカレー6皿分(1箱の半分) コンソメ少々 ソース少々 ケチャップ少々 水200ml です。 にんにくはみじん切りに、玉ねぎはスライス、ほうれん草は洗って5cmくらいに切り、しめじは1本1本ばらばらにしておきました。 調理手順 まずは例のごとく油を敷いたフライパンでにんにくを炒めます。 玉ねぎを投入してしばらく炒め・・・ 鶏ミンチもバラバラになるように炒めます。 そうしたらほうれん草としめじを一気に投入!! フライパンからはみ出そうな勢いですが水分が抜けて体積が小さくなることを想定してこのままフライパンのフタをします。 煮込むこと数分。 ほうれん草が縮んできました。 ここにトマト缶を1缶まるまる投入。 よーくかき混ぜつつ、隠し味ってほどでもないけどコンソメ、ソース、ケチャップをお好みでいれます。これはあとから味が物足りないときに足してもいいかも? ほうれん草の水分があるので水は少なめに200mlぐらい入れました。 トマトケチャップがよく混ざったら火を止めてカレー粉を投入して混ぜます。 しっかり混ざったら完成!! ちょっと見た目はよくありませんがほうれん草トマトきのこカレーが出来上がりました。 ご飯をよそったお皿に盛りつけたら完成です!! カレー感は少ないけどトマトの酸味が美味しい 食べた感じはカレーの辛さがありません。トマトの酸味が効いていて酸味が好きな人におすすめです。 味のベースはカレーですがちょっとハヤシライス的な感じもあるかも?  

Latest article

唐揚げのクリームチーズドリアを作ってみた

今日のお昼ご飯は冷蔵庫の残り物と前回作った自家製クリームチーズを使ってクリームチーズドリアを作ってみることにしました。 2人分作ったのですが用意したのは 小松菜少々 たまねぎ半分 唐揚げ10個ぐらい とろけるチーズ ご飯 お茶碗2杯分 塩コショウ バター 小麦粉 牛乳 です。 調理行程 小松菜は軽く茹でて適当な大きさにカット。 玉ねぎは半個をくし形に切りました。 ご飯はボウルに入れてバターと塩コショウを振りかけたらよく混ぜておきます。 油を敷いたフライパンで玉ねぎを炒め、小松菜も入れたら、 小麦粉少々、牛乳少々、そして細かく切ったクリームチーズを入れてよく混ぜます。 クリームチーズはそのまま食べるように少し取っておきたいので写真の半分ぐらいを投入しました。 よーく混ぜたらこんな感じに。玉ねぎを炒めすぎたせいか少し茶色がかってしまいました。 小麦粉の量を調整してとろみがつくようにしました。クリームチーズは少し小さな粒が残っています。 あとは耐熱容器にご飯を盛って フライパンの中身を広げ、その上には切った唐揚げを配置。 とろけるチーズをふりかけてオーブンで焦げ目がつくまで焼いたら完成です! こんな感じで焼きあがりました。 クリームチーズの風味がほのかに広がってなかなかのお味です。 チーズの感じとクリームチーズのつぶつぶ感は好みが分かれるところですがチーズ好きにはおすすめできそう。

ヨーグルトから味噌クリームチーズを作ってみる

以前購入したヨーグルトメーカー。ここ1、2ヶ月ほど出番がありませんでしたが、クリームチーズを作ってみようと思い立ち再び出番がやってきました。 準備物 今回クリームチーズに挑戦するにあたって用意したのは 牛乳1L(成分無調整のもの) 市販のヨーグルト少々 塩 です。 牛乳と純生クリームを半々ぐらいで入れてつくったほうが良いみたいですが、用意できなかったので牛乳のみで作ってみます。 ヨーグルトメーカーでヨーグルトを作る ヨーグルトメーカーでヨーグルトを作成。 アイリスオーヤマ ヨーグルトメーカー プレミアム 温度調節機能付き ホワイト IYM-012 posted with カエレバ アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 2016-10-20 Amazonでチェック 楽天市場でチェック Yahooショッピングでチェック アイリスーオーヤマのヨーグルトメーカーは1Lの牛乳パックをそのまま使えて便利です。 ヨーグルトは雪印メグミルクのものを使用スプーン3~4杯入れてみました。 設定は43℃で7時間。 ヨーグルトの水切り ザルにクッキングシートを2枚ほど敷いて水を切ります。濾し布があればそちらを使ったほうがクッキングペーパーが無駄にならなくて良いと思います。 水分が抜けやすいかなと思い塩を少々混ぜてから水切りをしてみました。 ザルの下にはボウルを置いて、落ちてくる乳清を受け止めます。はじめはかなり垂れてくるのでこまめに別の容器に移しながら水を切りました。 何度かクッキングペーパーを交換しつつ冷蔵庫へ入れて一晩。こんなにも体積が減りました。 このままでも良いのですがもうちょっとチーズらしくしたいと思い・・・ クッキングペーパーに包んだ状態でお皿にのせ・・・ 上からお皿と重しを乗せて数時間放置。 最終的に10cm無いぐらいの大きさになりました。あれだけ体積があったのに水分が抜けるとこんなになっちゃうんですね。 切ってみるとこんな感じ。自家製感ばりばりです。 食べてみると・・・美味しいけどややパンチに欠ける感じ。クリーミーな感じはかなり出てます。 やっぱり純生クリームをつかうべきだったか? 味噌クリームチーズにしてみる そのまま食べても良いのですが先日食べた信州みやげの味噌クリームチーズが美味しかったので家でも作ってみることにしました。 準備したのは 味噌 みりん 水 タッパーに味噌、みりんを入れて混ぜ混ぜ。ただこれだけだと、水気が足りずチーズによく絡まなかったので水を入れて調整してみました。 サイコロに切った自家製クリームチーズを入れて。 フタをしてタッパーを振って味噌を絡ませます。 このまま冷蔵庫で5時間ほど・・・ こちらが完成した味噌クリームチーズ。 市販品とは掛け離れた見た目になってしまいました。 取り出してみるとこんな感じ。 クリームチーズがかなりやわらかいので形がくずれ気味ですがお酒のおつまみにはなかなかよさげです。 今回は赤味噌っぽいやつでつくったのですが信州味噌で作ったほうがいいかも。味噌によってかなり味の仕上がりが違いそう。  

少額訴訟自分でやってみた2・訴状作成と簡易民事手続案内での内容確認

前回、簡易裁判所の簡易民事手続き案内でいろいろ話を聞いたので訴状の作成にとりかかることにしました。 少額訴訟の用紙をもらったのでこれをもとに作成していきます。 書類は大きく分けて 訴状 当事者の表示 趣旨・原因 この3枚から構成されるようです。 また、これとは別に証拠書類を準備します。 これが訴状。何種類かテンプレートがあるみたいですが以前簡易民事手続案内で相談した際にこの訴状が適しているのではないかということでもらった紙です。 事件名や年月日原告の名前などを記載していきます。 こちらが当事者の表示。 原告(私)と被告(相手側)の住所氏名連絡先などを記載します。 こちらが請求の趣旨と原因の用紙。 これらに関しては裁判所のWEBサイトにてPDF形式で配布されています。東京裁判所のWEBサイトでダウンロードできますが種類の違う用紙を使わないように注意が必要です。 手書きでないといけないというわけではなくワードなどで文章を作成しても良いとのことでしたので請求の趣旨と原因についてはパソコンで作成することにしました。 請求の原因について文章を作成 請求の原因になった事柄について文章を作成していきます。今回の件では書面で交わした契約ではないのでメールのやりとりや事件が起こったきっかけなどを記載しました。 いろいろと書いていたら8ページぐらいになってしまいました。 証拠書類をまとめる 証拠書類としてメールのやりとり等をまとめました。これで良いかわかりませんがメールは携帯の画面を表示して写真を撮る形にしました。 ページ番号を付す 訴状、当事者の表示、趣旨・原因の順番に重ねて下側にページ番号を付していきます。証拠に関してはページ番号はいらないみたいです(一応相談するときに確認したほうがいいかもしれませんが)。 裁判所の分と相手方の人数分書類をコピーする 訴状、当事者の表示、趣旨・原因と証拠書類は裁判所の分1部と相手方の人数分必要なのでコピーをする必要があります。 今回は相手方は1人なので裁判所用1部と相手方用1部を作成しました。 押印をする 訴状の氏名の横に印を押し各ページの上部に捨印を押していきます。 証拠書類には押印の必要はありません。 ホッチキスでとじる 訴状、当事者の表示、趣旨・原因の順番で重ねて左側を2箇所ホッチキスで綴じます。 流れを図にまとめるとこんな感じ。 これとは別に裁判時の自分用に1部用意しておきます。 また、この書類とは別に証拠書類も裁判所と相手方の人数分、そして自分用を用意します。 簡易民事手続案内で確認してもらう こうして完成した書類。そのまま提出することも可能ですが、内容に不備があってはいけないと思い、再び簡易民事手続き案内へ行って確認をしてもらうことにしました。 内容が複雑なので通常裁判になるかも 訴訟の趣旨、原因が複雑なので1日では判断できないとして通常裁判となるかもしれないということを言われました。 通常は趣旨・原因は2ページぐらいであるとのことでしたので、8ページも作成した私のケースはかなり複雑だったようです。 法的な根拠が乏しい 簡易民事手続き案内で内容を確認してもらったところ書式としては問題ないとの事でしたが、金銭の請求に際して法的な根拠が乏しいといったことを言われました。 一般的な常識でこれは金銭を負担すべきだろうという事柄でも契約が成立していない場合など法的な根拠が見当たらない場合は勝訴を勝ち取るのは厳しいみたいです。一度弁護士さんに見てもらったほうがいいかもしれないと言われました。 簡易民事手続き案内では坦々と作業を進める人もいますが中には内容を精査してくれる人もいますのでそういった人に見てもらえるとラッキーかも。 ※もちろん裁判に勝てるかどうかといったことやどのような法的根拠があるのかなどのことは教えてくれません。あくまで書類に不備が無いかどうかだけを教えてくれる場所です。 提出は見送りに 一応訴状の形としては整っているので提出は可能とのことでしたが 内容が複雑なので通常訴訟にするかどうか(訴状はそのままで通常裁判にできるみたい) 法的根拠が乏しいので内容を修正するかどうか といったことを聞かれました。かなり悩みましたが今回は提出を見送って少し修正してみることにしました。 弁護士の無料相談にメールしてみる 今回の少額訴訟は訴える私自信ですら厳しい内容だと思っていたので弁護士さんに相談しても難しいでしょうが、簡易民事手続案内で言われたので一応弁護士事務所へ相談メールを送ってみました。 返答はもらえましたが、やはり無理だと思うという返答でした。 仕方が無いので自分なりに書類に修正を加えて提出をすることにしました。 訴状提出編へつづく