水曜日, 7月 24, 2019

ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルのクラブフロアを利用してみた!安くクラブフロアを利用したいならここ!

今回は記念日ということで横浜はみなとみらいにあるヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルに泊まってきました。 中へ入るとなかなか豪華な空間が。さすが4つ星ホテルです。 2階から1階を眺めるとこんな感じ。 さて、今回泊まったのはクラブフロアが使えるお部屋です。 高級ホテルだと特別なサービスを受けられるクラブフロアがあったりするんですが、インターコンチネンタルホテルはわりとリーズナブルにこのクラブフロアが使えるので宿泊することにしました(平日2人で34000円ぐらい)。 クラブインターコンチネンタルのサービス クラブフロアのサービスはクラブインターコンチネンタルという名前のようです。 チェックイン・チェックアウトの際も便利で、28階の宿泊者専用レセプションデスクで行うことができます(21:00~7:00は2階のフロントになりますが)。フロントが混んでいてもスムーズにチェックイン、チェックアウトができてとても優雅ですね。 どんなところだろうかとわくわくしながらエレベーターで28階へ向かいました。 エレベーターからは外の景色も眺めることができます。 28階に着いてあたりを見回すとレセプションデスクらしき場所があったのでそこへ向かうと受付の方がクラブラウンジへ通してくれました。 飲み物をいただきながらチェックイン。カードキーなどの説明を受けます。 一通り説明を受けたら部屋へ移動です。部屋はクラブフロアから1つ下の階の27階でした。ここは階段でつながっておりすぐに行き来ができます。 クラブラウンジのサービス クラブラウンジでは7:00~11:00朝食、11:00~17:00ティータイム、17:00~21:00カクテルタイムと時間帯ごとにサービスを受けることができます。 ティータイム ティータイムはドリンクとケーキなどのお菓子とおつまみを楽しむことができます。 マカロン、チョコレート、カップケーキ、クッキー、柿の種、野菜チップス、ナッツなども。 バナナもありました。 こちらはエスプレッソマシンやポット。ティーカップなど。 ラウンジの奥には4人掛けの席もありますが・・・ 観覧車の見える席に座りました。 自分でお皿に好きなものを取ってくるバイキング形式です。ドリンクは確か注文を受けにきてくれました。 カクテルタイム カクテルタイムは17:00~21:00です。ですが、オードブルは19:00までなのでいろいろ食べたい人は時間に注意です。 まずはスパークリングワインで乾杯。 ドリンクメニュはーこんな感じになっています。注文を受けにきてくれます。 カクテルタイムはお料理も豪華です。 パイ、野菜スティック、フルーツ、チーズ、ホテル内に入っているお店のちょっとした小皿料理など。 ティータイムの柿の種などはそのまま残っていました。 野菜スティックはアボカド・オリーブ・味噌のディップでいただきます。 奥にはイクラやクリームチーズが乗ったおつまみも。 こちらも美味しそう。 好きなものを取ってきていただきます。1つ1つは小さいですが、いろいろあるので食べているうちにお腹もいっぱいになってきます。 日が暮れてくるとランドマークタワーなど横浜の夜景が楽しめます。 朝食 朝食は7:00~11:00。 ラザニア、ベーコン、ソーセージ、ポテト、野菜などなど。こちらもバイキング形式。 おかゆとパンもあって和洋お好みで選べます。 こちらがおかゆ。 パンにはジャムやバター、はちみつなどをつけていただきます。 ラウンジ入って左手には野菜とデザートのコーナーも。ヨーグルトやフルーツ、サラダをいただきます。 チーズ、サーモン、ハムもこちらに。サーモンが美味しかったです。 反対側にはドリンクが。ジュースに牛乳が用意されていました。 時間帯が早ければシェフが作ってくれる玉子料理もあるようです。 朝食も満足度は高そうです。   クラブルームダブル ベイビューへ 宿泊する部屋はダブルルーム。海が見えるベイビューにしました。街側の部屋より少しだけお値段が高くなっています。 廊下はこんな感じ。 入ってすぐのクローゼットにはバスローブや体重計、スリッパなどが入っています。 アイロンやアイロン台まで。 こちらがバスルーム。 反対側にはシャワールームと トイレがあります。 2人で宿泊したのでアメニティが2つずつ。 シャンプーやコンディショナーまで2つずつ用意されていました。 アグラリアのものが4種類。 洗面台にはドライヤーと箱入り石鹸も。 こちらは入浴剤。 バスルームを出てすぐのところにはカップやお茶のセットが。 エスプレッソマシンで作るコーヒーが4つ。 紅茶やお茶は4種類。 ミネラルウォーターが2つにエスプレッソマシン、湯沸しポット。 冷蔵庫の中に飲み物がありますがさすがにこれは有料でした。 冷蔵庫の中。冷蔵庫の右側は金庫です。 こちらがデスク。 テレビの他に丸い鏡、スタンドライト、電話、宿泊の案内など。 こんなコンセントもありました。これは海外製品用? 引き出しには衣類が。 別の引き出しには運送会社の送り状など。 こちらがベッド。とってもふかふかでさすが高級ホテルです。 枕は1人につき4つも用意されていて好みのものを使えます。 サイドデスクには照明と引き出しの中にティッシュが。 もう片方のデスクにはブルートゥース機能搭載の目覚ましが。 USBポートが2つあってスマホやタブレットの充電もできます(ケーブルはありませんでした)。 窓際にも丸いテーブルと2つのイスが用意されています。ここで海を見ながらお酒を飲むのもいいかもしれません。 夜はこんなにキレイな景色を望むことができます。 リーズナブルで高コスパ? というわけで今回はヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルのクラブフロアを満喫してみました。曜日によってはかなりお得にクラブフロアを体験できるのでちょっと優雅な気分に浸ってみたい人におすすめです。

鹿児島の郷土料理のお店「さえ幸」の落ち着く空間も・・・5月で閉店

ぶらり鹿児島の天文館を歩いていると見つけたこんな看板。 鹿児島に来たからには鹿児島料理を食べてみたいと思っていましたが、これはちょうどいいやと入ってみることにしました。 いろいろとお店を下調べして行くのもいいですがたまにはこうして何も調べずに入ってみようってなわけです。 お店があるのはビルの二階。 エレベーターを降りると「さえ幸」の暖簾がお出迎えしてくれます。 和風の落ち着く感じの佇まいです。 お店に入るとおかみさんが出迎えてくれてお座敷に案内してくれました。 お通しは二品。 店内は年季が入っているものの落ち着く雰囲気で飲むにはぴったり。 カウンター席や少し離れたところのお座敷もありました。 さつま料理はこんな感じ。 とりあえず、きびなごさしみを注文してみました。 氷の上に盛られて出てきたきびなごさしみはキラキラ光ってとても美味しそう。 つるっとした食感で美味しくいただきました。 地鶏のももやき。 メニューの写真とちょっと違いましたがこちらも美味です。 食べかけの写真ですみませんが、定番のさつまあげも頼んでみました。 他のメニュー。お酒は鹿児島の焼酎がいろいろ揃えてあって島娘あたりを飲んでみました。 鹿児島の料理やお酒に詳しくない人でもおかみさんがとっても親切で「○○は切らしてますけど同じくらいのお酒なら△△がありますよ。」と「これはこうこうこういう料理ですよ。」とか教えてくれるので鹿児島が初めての人でも安心です。 写真付きのメニューもあります。せっかくなのでなまこ酢を頼んでみました。 こちらがなまこ酢。どくとくの触感でお酒のおつまみにぴったり。 どれもお値段そこそこながらもきれいな盛り付けと美味しいお味でとっても満足。 大将とおかみさんの雰囲気がいい こちらの「さえ幸」さんは職人といった雰囲気の大将と親切にいろいろ教えてくれるおかみさんのコンビがとても良い店だと思います。 落ち着くお店のたたずまいと相まってお店の雰囲気は非常に落ち着く雰囲気です。 鹿児島へ行くことがあったらまた寄りたいお店です。 さえ幸は2017年5月13日で閉店 お店のホームページを訪れてみたら・・・5月13日で閉店の旨書かれていました。還暦を迎えられて店をたたまれるようです。 詳しくはお店のトップページをご覧ください。 営業時間 昼 : 11:30~14:00 夜 : 17:30~23:00 定休日:日曜・祝日(予約を除く) 住所 〒892-0843 鹿児島市千日14-8 真砂ビル2階

福岡・天神の不思議博物館分室サナトリウムに行って来た

福岡でのバスツアーののち、時間が余ったので友達に教えてもらった不思議博物館の分室サナトリウムに行ってきました。 場所は福岡市中央区天神3-3-23 こちらの3階にサナトリウム分室はあります。 こちらのお店、一見病院のような雰囲気を醸し出しているんですがじつは喫茶店になっていて軽食を食べることができます。 ビルの入り口に貼られていたメニュー。こうしたコンセプトのお店だと価格が高くなりがちですが、気軽に注文できる価格設定のようです。 ビルの階段を登ってお店の入り口までくるとこのような扉が目に飛び込んできます。一昔前の病院を想像させる入り口です。 扉を開けると不思議子ちゃんがお出迎えしてくれます。(ここでは働いている女の子を不思議子ちゃんと呼ぶようです。) この日はちぇんちぇんさんという不思議子ちゃんが応対してくれました。 @airi_miyataさんのツイート ...

東京競馬場へ行く前に必勝祈願!競馬場周辺のおすすめの神社3社

やってました東京競馬場。 でもその前に必勝祈願がしたい!勝負は時の運ともいいますし・・・ そんなわけで東京競馬場から歩いて行ける範囲で神社巡りをしてみました。 府中大國魂神社(ふちゅうおおくにたまじんじゃ) 東京競馬場へ行くときに必勝祈願に行くといったらここですよね。 大きな神社で境内も広く、参拝者で賑わっています。神様は大國魂大神(おおくにたまのおおかみ)様で出雲の大国主神と同じといわれているようです。親しみやすい呼び方だと大黒さんですね。 やってきたのは府中本町駅。東京競馬場へ向かう臨時改札ではなく逆側の改札から外に出ます。 改札を出て右側へ進んでいくと大きな鳥居が見えてきます。こちらが府中大國魂神社の裏側です。 ここは本殿の裏側あたりなので正面から入りたいという人は、ここから入らずに左に曲がり、ぐるっと迂回していくといいかもしれません。 こちらが正面側。日曜日に訪れたこともあって参拝者で賑わっていました。 宝物殿もあるので時間があったら寄っていくといいかもしれません。 大きな門をくぐるといよいよ大國魂神社の拝殿です。 お参りをして馬券が当たるように祈願。 社務所によってどんな授与品があるのか見てみます。 あたり矢という授与品がありました。 例大祭のときの「やぶさめ式」で矢が必ず的に当たることからこのような授与品があるようです。これを持って競馬行くのはちょっとたいへんですが競馬場の帰りにこの「あたり矢」を受けて家に飾っておくのもいいかもしれません。 大國魂神社 住所:東京都府中市宮町3丁目1 武蔵国府八幡宮(むさしこくふはちまんぐう) 武蔵国府八幡宮は京王線の府中競馬正門前から歩いて数分のところにあります。 駅前では黄金の馬がお出迎え。 駅か東へ5~6分ほど歩くとなにやら森が見えてきますが、そのなかに鳥居をみつけることができます。 こちらが国府八幡宮。さきほどの大國魂神社とは違って静かで落ち着いた雰囲気です。 なかなか立派な門をくぐり、参道を左へ折れるとお参りする場所が。 日曜日でしたが、あたりは近所の子供と保護者が3人で遊んでいるのが見受けられたぐらいで参拝者はいませんでした。 授与所はありませんがゆっくりとおまいりしたい場合はこちらもいいかもしれません。  国府八幡宮 住所:東京都府中市八幡町2丁目33 東京都府中市八幡町2丁目33 googlemap上では「八幡町緑地」と出てきました。 瀧神社(たきじんじゃ) 東府中駅から歩いて7分ほどのところにある瀧神社にも注目です。 お瀧神社(おたきじんじゃ)とも言われ、湧き水が出ているのでこの名前がついたようです。 大國魂神社の例祭の際には神職がこの水で心身を清めるようです。競馬式(こまくらべ)に出る騎手や馬も体を清めていたとか。 フェンスで囲われていますが湧き水をみることができます。 階段を登っていくと小さなお社がまつられています。 お参りを済ませたあとにお社の左右を見てみてください。 なんとJRAの有名ジョッキーのサインがずらり。 競馬式(こまくらべ)が行われる関係なのか騎手の方々が参拝したようです。競馬場へ行く前にいろんなサインが見られてなんだか得した気になります。 瀧神社 住所:東京都府中市清水が丘2丁目37−1 googlemap上だと「瀧神社湧水」となっています。 どこも徒歩圏なのでちょっとした時間に てなわけで今回は東京競馬場へ行く前にお参りするのにおすすめの神社でした。 大國魂神社は有名で見所もたくさんありますが、競馬場へ行く前に国府八幡宮や瀧神社のような小さな神社に心を落ち着けてお参りしてみるのもいいんじゃないでしょうか。 特に瀧神社にはジョッキーのサインがあるので競馬ファンは気になる場所です。時間があったら是非(サインを見るときはきちんとお参りをしてからにしましょうね)!

秋元牧場・食堂でジンギスカンやアイスクリームを食べて放牧地で馬や牛も見て

今日はいいお天気だーということで、ちょっと遠出。 千葉県は長柄町にある秋元牧場へやってきました。ここでへきたのは馬が見られるというのもありましたが食堂で食べられるジンギスカンや蕎麦にも興味があったから! 車で牧場へ入ったら左へ進んで駐車場と食堂があるエリアまでやってきました。 車を停めて辺りを見回すと発見したのがこちらの建物。一見食堂だとは思えませんが、よくみると営業中という紙が貼ってありました。 中へ入るとテーブル席と小上がりが。 雰囲気はなんとも昭和です。 メニューは食堂入ってすぐの受け渡しカウンターのところにありました。 もり・ざる・かけそば(かけそばは期間限定)にジンギスカン・ライス・ビール・清酒・アイスクリーム・牛乳がありました。 ジンギスカンは 牛1200円 ラム(子羊)1100円 マトン(親羊)1000円 とのこと。 15:00頃2人で行ったのですがラムともりそばを注文しようとしたところ、そばはもう終わってしまったと言われたのでラムとマトンを1つずつ、ライスを2つ注文しました。 セルフサービスとのことで、入り口付近に積んである鉄板を持って席につきます。 チャッカマンも渡されました。 しばらくすると呼ばれて、カウンターのところまで行って肉とライスを取ってきました。 左がラム、右がマトンです。 タレは普通の焼肉のタレでした。 200円のライス。 ガス栓をひねって火をつけたら上に鉄板を置いて早速肉を焼いていきます。 油を敷いたら野菜も一緒にガンガン焼きます。 焼肉のタレにつけて。 調べてみたらラムのほうが臭みが少なくクセも無いらしいのですが、そんなこと気にしない私にはどっちも美味しくいただきます。 肉汁のついた野菜も美味しい! あっというまに完食しました。 このあとはデザートをということで牛乳(100円)とアイスクリーム(200円)を注文。 アイスクリームは150円と200円のものがありましたが違いは量だけみたいです。200円のものにしました。コーンかお皿か選べますがお皿にしました。 牧場のものだからと期待し過ぎるとハードルが上がってしまいますがどちらも美味しいです。 なかなか濃厚なアイスクリーム。 食事のあとは牧場でのんびりと 食堂を出ると猫がお出迎えしてくれました。この牧場けっこう猫がいます。 警戒心の強い子もいますが触らせてくれる子もいるので猫好きにおすすめです。 食堂の前には外で食事をするスペースと自動販売機も。 ちなみにトイレは食堂の中にはありません。外にあるんですがかなり・・・あれなので潔癖症の方は他の場所で済ませてきたほうがいいかもしれません。 放牧地へ行ってみると遠くに牛が2頭。 草をもぐもぐしてました。     馬も何頭か放牧されていました。こちらに気づいて近づいてきてくれました。 もう夕方ということもあってすぐに厩舎へ連れていかれましたが。 ここにも猫がいました。食堂の付近とここでエサをもらっているみたいです。 帰りに気づきましたが駐車場にある小屋の中にはカモ?が。 ウサギも同じ小屋にいました。 食事はできるのですが観光牧場といった感じはなく空いているのでのんびりしたい人におすすめです。 秋元牧場ジンギスカン食堂 住所:千葉県長生郡長柄町山根2012-133 TEL:0475-35-3211 営業時間:11:30~16:30 定休日:火曜日 席数:75席

中野の哲学堂公園を散策してスイーツを食べてきた!

今回は中野の公園散策第2弾ということで哲学堂公園へ行ってみることにしました。前回の中野セントラルパークの記事はこちら。 やってきたのは新井薬師前駅の北口。 ここから北に歩いて哲学堂へ向かいます。所要時間は15分ぐらいでしょうか。 新井薬師前駅北口は商店街があるのでここで少し買い物をしていくのもいいと思います。   ソフトクリームは着く前に溶けてしまいそうですが他にもいろんなものが買えるファーストフード店があったり(この日は閉まってました)、 パン屋さんもあるのでここでパンを買って行って食べるのもいいかもしれません。 しかし今回の我々は目的のお店があったのでコンビニでジュースだけ調達。 そして歩くことしばらく、目的のお店にやってきました。 その名は・・・ 洋菓子店シュマーレ 住所:東京都新宿区西落合2丁目22−15 定休日:月、第三火曜 テイクアウトのみ シュマーレのWEBサイト 新井薬師前駅の北口から北に向かってずっと道なりに歩いていくと右側に見えてくるお店です。 このあたりは西落合と入り組んでいるので住所は西落合になります。 幟が出ていてどうやらシュークリームが名物のようです。プリンもあるらしい。 営業時間は10:30~19:30。不定休もあるみたいなので確実に買い物がしたい場合は確認したほうがよさそう。 お店に入るとショーケースに入ったいろんなスイーツがお出迎え。シュークリームは「シュマーレ」という名前みたいです。お店の名前がそのままシュークリームの名前になっているみたいです。 ケースの中には無かったので品切れかなと思ったのですが、少し待てば大丈夫とのことでシュマーレとプリンを買っていくことにしました。 マドレーヌなどもあったのでこっちもいいかもしれませんね。 いざ哲学堂公園へ 買い物をすませたらそのまま道なりに北へ。 左側に見えてきました哲学堂公園の入り口。哲学堂公園の一番南側にあたりますが、ここから入ってみることにします。 ここの入り口は17:35に閉まるようです。 また、文化財が多数あるせいかペットの散歩はできません。動植物の採取や野鳥などへのエサやりも禁止などいろんな制限があります。 この哲学堂公園は東洋大学の創立者でもある井上円了先生によって作られた精神修養の場ということもあってかなり哲学的な構成になっています。 なんだかちんぷんかんぷんですが哲学的な名前の付けられた七十七の場所があるようです。 入るとすぐに池が。コイがけっこう泳いでいました。ちなみにここは七十七場には入らない模様。 橋、泉などいろんな場所があります。こうした場所を回りながらみんな物思いにふけったりするのでしょうか。 しばらく歩くとベンチが見えてきたのでここで一休みすることにしました。 さっき買ったシュマーレ。 思った以上に生クリームたっぷりです。さっそくいただきます。 クリームがすごいボリュームなので生地ですくいながら食べるといいかも。 生クリームは量がたくさんですがあっさりとした味で、たくさん食べても気持ち悪くなったりしない感じ。 生クリームの下にはカスタードクリームも入っていました。こちらはなかなか濃厚。バニラビーンズがいい感じです。 土台の部分がくり抜いてあるのか中までたっぷり。 さすが名物というだけのことはあるなと思いました。 続いてプリンもいただきます。 プリンは非常になめらかできめが細かい!崩すと底からカラメルソースがじゅわっと出てきます。 こちらもバニラビーンズがけっこう使われており風味が良いです。 再び哲学堂公園を散策 腹ごしらえが済んだら再び公園内を散策。 野良猫に出会ったり 七十七場を巡ったり ぶらりと歩くのが好きな人にはもってこいだと思います。夏場は蚊がすごそうですが・・・ 中にはテニス場や野球場もありました。 公園の北側から出て西へすぐのところには中華料理屋さんがあるので散策後にここでご飯を食べるのもいいかもしれません。 哲学堂公園内ではありませんがさらに西に進むと江古田原・沼袋古戦場の石碑があります。 哲学堂公園とは別の公園内にある石碑で、この石碑だけしか無いのであんまり歴史は感じないかもしれませんが、このあたりは合戦場になったようです。   というわけで今回は哲学堂公園で楽しんでみました。散策をするのが好きな人はどうぞ。 哲学堂公園 住所:東京都中野区松が丘1丁目34−34番 開園時間 3/1~9/30・8:00~18:00 10/1~11/30・8:00~17:00 12/1~2/末・9:00~17:00

愛川町の服部牧場でソーセージとアイスクリームを食べてきた!

梅雨の合い間のある晴れの日。今日は牧場へ行ってみようということで神奈川県は愛甲郡愛川町の服部牧場へ行ってきました。 服部牧場へのアクセス 服部牧場へのアクセスですが車でアクセスする場合は厚木方面から国道412号線に乗ってそのまま北上。半原へ入り、中津川を越えてしばらく412号線を進むと左側に服部牧場の看板が見えてくるので左折して道なりです。 バスで行く場合は本厚木駅前の1番乗り場から半原方面行きのバスに乗って、厚02なら半原、厚01なら川北で下車して歩いて行くことになります。ほとんど坂道な上に徒歩20分以上かかりますので歩くのが好きな人以外は車のほうが無難でしょうね。 服部牧場内 服部牧場は放牧地や畜舎のほかにアイス工房やソーセージ工房があります。いろいろと周ってみることにします。 広がる放牧地。馬とヤギが放牧されていました。ヤギは近くまで寄ってくるやつもいて周りにいた子供たちが草を食べさせていました。 隣の採草地では牛が。草をムシャムシャしてました。 道路をはさんだ向かいには羊が。暑いので日陰でお休みのご様子。 放牧地の近くには飼育小屋もあって 亀や ニワトリも。 第3畜舎にはサラブレッドらしき姿が。ただしここはロープが張られていて近くまで行くことができませんでした。 牧場の北西のパドックへ行くとこちらはロバが。 さらに北側の道へ回ってみると牧場で使う機械が展示されていました。 ぐるっと回って第1畜舎へ。 入り口付近にはヤギが何匹か。 第1畜舎に入ってみると乳牛らしき牛がたくさん!近くには犬も繋がれていてとても人懐っこい犬でした。めちゃくちゃモフモフできます。 エミューも! 第1畜舎の北東にはこうした庭園のようなスペースもありました。ここのイスに腰掛けて休憩するのもいいかもしれません。 ソーセージ専門ショップ Metzgeri(メッツゲライ) 服部牧場ではソーセージやアイスクリームが食べられるということで行ってみることにしました。 こちらはソーセージ工房。 きぬ挽きソーセージが人気のようです。ドイツビールもあるみたいですね。あら挽きソーセージやそれぞれのホットドックもあります。 ポテトは土日祝日限定のようです。 何するか悩みましたがきぬ挽きウインナーとベックスビールで一杯やることにします。 券売機で食券を買ってカウンターの係の人に渡すともってきてくれました。 ちなみにケチャップとマスタードもセルフで用意していますが、付けずに食べるのがおすすめらしいです。 お土産用のソーセージも販売されていました。3本1100円、5本1800円の模様。 こちらがきぬ挽きソーセージ。 こちらは同行者が注文したあら挽きソーセージのホットドッグ。こちらは肉汁がジュワっと出てきてとてもジューシーです。 きぬ挽きソーセージとベックスとレーベンブロイ。 食事をする席は外にあって牧場の空気を感じながら食事ができます。ちなみに飲食物は持ち込めない模様。 と、ソーセージをいただいたところで、今度はデザートをいただくことにします。 アイス工房へ移動します。 ちなみにソーセージ工房の近くにはバーベキュースペースもあります。 服部牧場アイスクリーム工房 カサリンガ こちらがアイス工房。 平日にも関わらず中はたくさんの家族連れで賑わっていました。ここでも券売機でチケットを購入する形式です。 残念ながらソフトクリームは売り切れていたのでリッチミルクにしてみます。 こちらがリッチミルク。やっぱり牧場で食べるアイスはおいしい。 ちなみにカップとコーン好きなほうを選べます。 こっちはイチゴ。 ダブルサイズもできるみたいですがどちらもシングルです。 アイスの販売の他にバター作り体験(ビンを振りまくって作る)や乳搾り体験の受付もこちらでしていました。 他には羊毛が売られていたり、地域の野菜が少々売られていたりといった感じ。 県内唯一のふれあい牧場 あとから服部牧場へ行った方のブログを見てみると、どうやら服部牧場は神奈川県内で唯一のふれあい牧場のようですね。 こうしてヤギや羊といったいろんな動物たちとふれあうことができるのはなかなか珍しいようです。 無料で見学ができていろんな動物たちをみることができるので神奈川県内の動物好きの人は行ってみてはどうでしょうか。 愛川町 服部牧場 住所:神奈川県愛甲郡愛川町半原6087 TEL:046-281-0917 営業時間:10:00~17:00 11月~2月のみ10:00~16:00 定休日:無休 11月~2月のみ金曜定休

山下公園から横浜駅へ!海上交通船シーバスに乗ってきた!

先日出かけた横浜の街。電車で移動するのもいいですが、普段とはちょっぴり違った気分で移動したいってことで山下公園から横浜駅東口ベイウォーターまで横浜の海を移動する水上バスに乗ってみました。 写真は山下公園のきっぷ売り場です。 シーバスの乗り場はどこ? シーバスの乗り場は 横浜駅東口 みなとみらい21(ぷかり桟橋) ピア赤レンガ 山下公園 の4箇所。 料金は山下公園→横浜駅東口だと700円でした。乗り場1つ分の移動だと350円とか420円とか。 横浜駅東口→みなとみらい21 420円 横浜駅東口→ピア赤レンガ 600円 横浜駅東口→山下公園 700円 みなとみらい→ピア赤レンガ 350円 みなとみらい→山下公園 420円 ピア赤レンガ→山下公園 350円 といった料金となっています。子供は半額。 詳しくはシーバスのサイトをご覧ください。 シーバスの乗り場や料金の詳細はこちら いざ乗船 売り場できっぷを買ったらいざ乗船。 船着場にこんな感じの船がやってきました。 船内はガラス張りのスペースと後部の屋根あり窓なしのスペースとがありました。 寒いので前のほうへ。 横浜の海を眺めながらいざ出発です。 赤レンガ倉庫に到着。 遠くにベイブリッジも見えます。 みなとみらい21(ぷかり桟橋へ)。 近くに横浜グランドインターコンチネンタルホテルがあるのでここに泊まるときはシーバスを使って行くのが優雅でいいかも。 横浜駅東口のベイクォーターまでやってきました。 ここが終点。 料金は電車のほうが安いし、本数も電車のほうが多いのですが海を見ながらの移動はやっぱりぜんぜん気分が違う!たまにはこうした移動もいいかもしれません。

お台場の大江戸温泉物語に行ってきたので口コミレビュー

というわけでタイトルの通りお台場の大江戸温泉物語に行って参りました。 アクセスはゆりかもめのテレコムセンター駅からすぐです。 品川駅などからシャトルバスが出ているようですね。 今回は浜松町のバスターミナルからフラワーバスに乗ってお台場入りして遊んでから深夜1時頃到着しました。 夜1時頃着いたので営業していませんでしたが犬のお風呂も近くにありました。 入り口には大きめのコインロッカーが。入りきらない荷物でもフロントで有料で預かってくれるらしいです。 ではいよいよ館内へ。 入り口で靴を脱いだら下駄箱へ。 鍵付きの下駄箱は4600番台まであってびっくり。こんなにいっぱいあるんですね。 近くにはATMもあり普通のスーパー銭湯とはちょっぴり違います。 フロントへ行くと初めての来館かどうか聞かれて、初めてであると伝えると料金を説明してくれました。 夜間料金が1980円で深夜2時を過ぎると2000円プラスとのこと。うあ、思ったよりも高いと思いつつもせっかくきたので入館することにしました。 入館するまで バーコードつきのリストバンド(江戸風に通行手形というらしい)を渡されて、館内ではこのバーコードで手続きをして退館時に清算する旨を説明されました。お金を持ち歩かなくて済むので買い物が楽ですが、お金を使っている感覚が薄いのでいっぱい使ってしまうかも。 浴衣を受け取って更衣室で着替えて入場してくださいとのこと。 フロントのすぐ隣では越後屋という場所があって浴衣と帯を4種類から選ぶことができました。特に気にせず選びましたが何回も行く人は毎回コーディネートを変えるのもいいかもしれませんね。 そのまま浴衣を持って更衣室へ。 実はさっき受け取ったリストバンドには鍵とナンバーが付いていてそのナンバーのロッカーを使うようになっています。そのロッカーへ荷物等を入れて浴衣に着替えます。 みんな洋服から浴衣へ着替えて入るのでちょっぴり日常と違う感覚が味わえるのかもしれませんね。ちなみにスリッパとかは無くてはだしで歩きます。 着替えたらいよいよ館内へ。 館内の様子 館内には櫓や提灯など、お祭りのときの江戸の大通りのような雰囲気が醸し出されています。 こんな飾りも。 館内にはいろんなお店がずらっと並んでいて、アミューズメントならゲームセンター、占い、お土産物屋さん。 食事をするなら寿司、ラーメン大勝軒、焼きそば等粉ものの店、韓国料理、クレープ、居酒屋、和食の店など、フードコート的な場所もありいろいろ楽しめそうです。 館内の案内チラシも置かれていて日本語のほかに英語、ハングルとありました。 深夜に入場したのでお店はほとんどやっていませんでした。お店で一番遅くまでやってそうなのは平日深夜2時ラストオーダー。休み前は3時のお店がでした。 お店が閉まっている間は自販機で焼きそばやフライドポテトなどが買えるので小腹が空いたらこちらを利用するようです。近くに喫煙所もありました。 リラックスしたいならアカスリ、エステ、リラクゼーションなどもあるようです。 2階にはレストルームもあります。 入浴 奥へ進むと脱衣所があってそこでバスタオルとハンドタオル(歯ブラシ、髭剃りもあり)を受け取って入浴します。このタオルなども料金に含まれているようです。 別途自販機があって靴下、Tシャツ、トランクスがそれぞれ500円で売られています。   入ってすぐ掛け湯があって、まずはそこで掛け湯。洗い場は6x6の36箇所でした。 シャンプー、トリートメント、ボディーソープのほかにシェービング兼ハンドソープも置いてありました。 次はいよいと温泉へ。 中央に木の屋根のついた浴槽があったのでとりあえずそちらへ入浴。ほっとひといき。 温泉はいろいろ種類があるのかなと思いましたが寝湯と細かい泡が出ている絹風呂ぐらいでした。 この他露天風呂もありましたが深夜は入浴できない模様。平日はたぶん0時~5時まで入浴できません。土日祝日は2時~5時だったかな? サウナもあったのでせっかくだから入ってみることに。ここのサウナはロウリュサウナといって30分ごとに熱した石に水を掛けているみたいです。 温度は85℃でしたが湿度のせいかもっと温度が高く感じました。水風呂と交互に入ることで体がぽかぽか水風呂は20℃になってます。 温泉に適当に浸かってサウナと水風呂を3セットほど行き来したら、満足してきたので風呂から上がって脱衣所へ。 ヘアトニック、ヘアリキッド、アフターシェープローションも置いてありました。自販機ジュースは130円160円とふつうの値段です。 タオルは回収するところがあるのでそこへ放り込みました。 再び館内へ お風呂から出てさっぱりしたところで再び館内へ。 どこかで横になろうとうろうろしていると、なにやら看板が。 どうやら個室があってお金払って宿泊ができる。普通の部屋から露天風呂付きの豪華な部屋までいろいろ・・・ 人気があって全て埋まっていましたが、あらかじめ予約して宿泊するのもいいかもしれませんね。 男性用のカプセルルームもあってこちらは確か4000円台、安く寝たいならこちらですね。 予算の無い人は夜間は仮眠室があるのでそちらへ。今回私は仮眠室で寝ることにしました。 平日か土・祝前日かにもよりますが22時とか23時から朝7時まで利用できるようになっています。 一人用のマット枕とブランケットがセットになって並べてあります。平日なのでだいぶ空きもありました。 薄暗くはしてあるけど照明の近くはやっぱり気になって眠れないかも・・・ 翌朝 仮眠室で寝ていたら7時に係りの人が入ってきて仮眠室は終了でーすといって起こされました。 仮眠室なので熟睡はできなかったなーと思いつつ、朝風呂でもするかーと浴場へ。 朝8時まで利用できるようです。 お風呂からあがったら朝食を食べることに。 ほとんどお店は閉まっていますが、朝の定食をやっているお店があったのでそこで食べることに。 豚汁 お魚  洋食 納豆の4種類でした。 一番安い490円の納豆定食を注文。 納豆定食。こうした施設でこの量ならけっこうお得かも。 定食は0600~0830までやっているようです。 朝食を食べたら館内をぶらぶら。仮眠室がもう使えないので中央のお座敷で横になっている人や畳の長いすで横になっているひとがけっこういました。 今回は深夜に入ったので体験できませんでしたがこんなものもあるようですね。 退館 ぶらぶらしているうちに9時も近くなり・・・営業時間は9時までなので更衣室に戻り着替えます。 「現実に戻りたくねー」と話している人もいたりして、まあそうだよなあと思いながらフロントへ。 入浴料1980円+深夜料金2000円+朝食490円の4470円でした。 EDYが使えるとのことだったのでEDYで支払い。 あとで知りましたがWEB限定のクーポンがあるみたいです。300円割引になるので(2016.2時点)ちょっぴりお得です。 大江戸温泉物語クーポン 支払いを終えると、少々お待ちくださいといわれ・・・ こんな関所札をもらいました。これを出口の係りの人に渡して退館するようです。 あとがき 少々入浴料は高いので頻繁には行けませんが、浴衣を借りて入館し、江戸を意識した館内でちょっぴり非日常感を楽しんだりするにはいいところだなと思いました。 タオルなどは料金に含まれているので手ぶらで行っても楽しめます。 あとは深夜にも1つぐらいお店が開いててくれるといいのですが。 ちなみに毎月1回、メンテナンスがあるようで深夜の利用や宿泊ができないみたいなので事前にホームページで調べて行ったほうがよさそうです。 大江戸温泉物語 〒135-0064 東京都江東区青海2丁目6番3号 料金 大人(中学生以上) 昼間料金 平日:2,480円 土日・祝日:2,680円 特定日:2,880円 大人(中学生以上) ナイター料金 (18:00以降に入館の場合) 平日:1,980円 土日・祝日:2,180円 特定日:2,380円 小人(4歳~小学生) 一律:1,000円 4歳未満 一律:無料 深夜追加料金 (深夜2:00以降在館の場合) 一律:2,000円 朝風呂料金 (朝5:00~7:00受付) 大人(中学生以上):1,580円 小人(4歳~小学生):1,000円 お体のご不自由なお客様 基本料金より500円引き 営業時間 11:00~翌9:00 最終入館時間 朝7:00 (完全入替制) WEBサイトはこちら

伊豆高原のねこの博物館へ行ってきた

伊豆高原の観光の途中。どこか観光に良い場所はないかと探していたら、何やら猫好き注目のスポットがあるぞとやってきたのがこちらのねこの博物館。 どんな展示があるのかはよく調べてこなかったのですが、ねこは好きだし楽しめるだろってことで突入してみることにしました! こちらがねこの博物館。外観はけっこう年数経ってるなーという感じ。 階段をのぼって博物館内に入るとそこが受付。 料金は大人が1300円。ちょっと高いですが割引券を見せると100円割引で1200円になりました。

Latest article

CFDのゲーミングSSD CSSD-S6B05GMG4VTをレビュー

買った物のレビュー用に写真を撮ったり動画を撮ったりしていたら2ヶ月ぐらい前から倉庫用のSSDの容量が足りなくなりました。 まあ、120GBのSSDを使っていたので当然といえば当然なのですが・・・ そんなわけでもっと容量の多いストレージが欲しいなとSSDを探してみたらCFDのSSDがめっちゃ安いやんけ! CFD CSSD-S6B480CG3VX (SSD/2.5インチ/480GB/SATA) (CSSDS6B480CG3VX)価格:5598円(税込、送料無料) (2019/7/24時点)楽天で購入 480GBなのに6000円を切る価格。3年ほど前だったか512GBのSSDを2万円以上出して買ったのが嘘のようです。

ダイソーのそば・うどん皿2種類を比較してみる

蒸し暑い時期はさっぱりとしたざる蕎麦やうどんを食べたい! 盛り付けるときは別に普通のざるでもいいけどやっぱり雰囲気を出すためにざる蕎麦用のお皿がいい! そんなわけでダイソーへ行ってそば・うどん皿を2種類ゲットしてきました。 買ってきたのは淵が赤色のお皿と黒色のお皿。今回はこの2種類を比較してみたいと思います。 他にも種類があるみたいですが、行きつけのダイソーで売られていたのはこの2種類でした。

フィットライフ青汁を飲んでみる・けっこううまいし飲みやすい

今回は楽天さんを経由してフィットライフ青汁の提供をいただきましたので試してみることにしました。 昔は青汁を飲んで「まずーい!もう一杯!」なんてフレーズがありましたが、近頃は改良も進んでずいぶんと飲みやすくなっているでしょうから、ちょっと期待しながらの開封です。 こちらがフィットライフ青汁の箱30袋入り。 大麦若葉+長命草が入っていること、難消化性デキストリン(食物繊維)が入っていて食後の血糖値の上昇を抑えてくれるようです。難消化性デキストリンって特定保険用食品の飲料とかによく入っているやつですね。 気に入ったらお得な定期コースに入ることができるようです。