ダイソーの電動毛玉取りとセリアの手動毛玉取りを比較・電池の入れ方も

0
1320

近頃評判のダイソーの電動毛玉取り。一体どれほどの実力なのでしょうか。

ちょうど家に毛玉だらけの服があったので実力の程を試してみることにしました。

セリアで買える手動式の毛玉取りも買ったので比較してみます。

こちらがそれぞれのパッケージ。左がダイソーの電動毛玉取り。右がセリアの毛玉取りです。

パッケージを開けて分解してみます。ちゃちい作りですが100円ということを考えると良い作りではないでしょうか。

分離しそこねましたが左上から外刃とカバー、真ん中が本体、右が電池カバー、左下がダストボックス、下の黒いものは掃除用のハケです。

こちらがセリアの毛玉取り。ものすごく簡素な作りです。分解もできません。指が当たるところにへこみがあって持ちやすくなっています。

反対側から。

ダイソーの電動毛玉取りは3枚の刃がぐるぐる回転して毛玉を取る構造になっているみたいです。なんだか電機シェーバーみたいです。

電池の入れ方

こちらが電池ホルダーです。

単三電池を入れるのですが思ったよりもホルダーが小さく単三電池を入れるときつきつです。

下側の金具は押すと簡単に曲がるのでここを押さえながらセットします。

+-に注意してセット。こんな感じでセットできました。

電池をセットした状態を横から。けっこう電池ホルダーのプラスチックがゆがんでます。充電池を使ったせいもあるかもしれません。まあ100円なのでこんなもんでしょう。

どのくらい毛玉が取れるの?

こちらが今回用意した毛玉つきの服。

写真左側はダイソーの電動毛玉取り、右側はセリアの毛玉取りを使って毛玉を取っていきます。

ダイソーの毛玉取りのスイッチを入れるとブイーンという音とともに動作開始。これは思った以上に取れる感じです!

セリアのほうは地道に手作業でジョリジョリ・・・

ポケット部分をしばらくやってみた結果がこちら。

分かりにくいですが左側はけっこう取れてます。右側も取れてはいます毛玉がけっこう残ってしまいました。

電動毛玉取りは大きい毛玉もよく取ってくれる気がします。一方手動のものは大きな毛玉を逃すことも。毛玉を取る部分の網目の大きさが関係しているのかもしれません。

ダイソーの電動毛玉取りはダストボックスを外すと、溜まった毛玉をこんなふうにして捨てることができます。100均なのにここまで出来るとはすごい!

といったところで作業継続。

こんな感じになりました。ダイソーの電動毛玉取りのほうが断然作業が早いです。

やっているうちになんとなくですが、円をかくようにして使うと毛玉が取れやすいような気がしてきました。

といったところ性能差もわかったのであとは電動のみで毛玉を取っていきます。

トータルで10分~15分かかったでしょうか。服に付いたほとんどの毛玉も取り終え、きれいになりました。

ダストボックスを開けてみると丸まった毛玉が、こんなにたくさん取れました。

服全部の毛玉を取ると大変だけど局所的なら十分

というわけでダイソーの電動毛玉取りとセリアの毛玉取りを使ってみました。

ダイソーのものは100円とは思えないほど使えました。

服全体に使おうとするとそこそこ時間が掛かるので本格的に毛玉を取りたいならこうした毛玉取りがいいかもしれません。

ですが「ここの毛玉だけ取りたい」みたいなときはかなり重宝すると思います。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here