HAVIT I93 ワイヤレスイヤホンの使い方やレビューなど!低音が良いよ

0
336

今回レビューするのはBluetoothのワイヤレスイヤホン、HAVIT I93。

低価格帯なからもHi-Fi高音質をうたっています。

HAVIT I93の特徴

その他の特徴としては

  • 自動ペアリング
  • 片耳での使用が可能
  • 防水性能がIPX5
  • 充電ケースがモバイルバッテリー代わりになる
  • 音声アシスト対応
  • AACコーデックに対応

といったあたりのようです。説明書は英語の説明書なんですが、別途日本語の説明書が付属します。

防水性能の表す等級はIPX5。防噴流形といってあらゆる方向から噴流水を受けても害が無い構造のようです。屋外で使っていて少々雨がかかる程度なら問題ないでしょうが、常に水に浸かった状態には耐えられないようです。

HAVIT I93の動作時間など

動作時間等の基本スペックもまとめてみます。

充電時間3時間
連続再生時間3.5時間
連続通話時間4.5時間
待受時間180時間
バッテリーも考慮した連続使用時間 60時間
防水等級IPX5
ケースバッテリー容量2200 mAh
重量・片耳53g
Bloutooth5.0
対応コーデックSBC・AAC

英語の説明書に記載の情報を優先して記載してみましたが楽天さんの販売ページだと連続音声再生は4時間、通話は5時間となっています。

また、他のレビューサイトさんだとバッテリーを考慮した使用時間が50時間になっていたりして数値に関してはけっこう幅があります。少ない方で考えた方がいいかもしれません。

内容物

イヤホンのパッケージに別途日本語説明書が添付されていました。

こちらが内容物。

左右のイヤホン、収納ケース、充電用のMicroUSBケーブル、イヤーチップ(S/M/L)、英語の説明書、保証カードとなっています。

ちなみに英語の説明書

イヤホン

こちらがイヤホン。うーんまあ形は普通といった感じでしょうか。

それぞれにボタンが1つ搭載されています。

左右を表すL/Rと充電のための端子。

イヤーチップ

イヤーチップは始めに付いているMサイズのほかSサイズとLサイズが付属し、耳の大きさに応じて取り替えることができます。

ぴったりフィットするサイズにして耳にしっかりと取り付けると音の聞こえ方が変わってきます。

収納ケース

こちらが収納ケース。

蓋の部分は磁石式できっちり締まります。

イヤホンをセットするためのくぼみがありますが、LRを入れ替えてもすっぽりハマります。

イヤホンを収納した状態

ケースの裏側、。容量は2200mAh。インプットはDC5V=1Aです。

ケースの後ろには充電をするためのMicroUSBケーブル差込口とモバイルバッテリーとして使うときのUSBポートが搭載されています。

ケースでイヤホンを充電

少しわかりにくいのですが、イヤホンを充電しているときはイヤホンのランプが白く点滅します。

消灯すると充電完了です。

ちなみにイヤホンの電池残量が10%を切るとイヤホンLEDランプが3分ごとに2回点滅すると説明書に書かれていますが3秒ごとに2回点滅の間違いかも?

そしてケース後ろに搭載されたオレンジ色のランプも点滅。これはゴムの蓋をしていても見えますが、わかりにくいところにあるのでもうちょっと目立つ位置にしてほしかった。

ケース自体への充電について

ケース自体への充電はMicroUSBケーブルで行います。オレンジ色のランプが点滅しているときは充電中。常時点灯で満充電です。

ケースの電池残量が10%を切ると2秒に1回点滅します。

ペアリングなどしてみる

ペアリングや操作の様子を動画にしてみました(イヤホンやケースについても動画に撮ってあるので気になる人は動画をはじめから見てみてください)。

ケースからイヤホンを取り出すとスマホ側であっさり認識してくれます。

  1. 取り出す
  2. イヤホンのランプが白と赤に点滅
  3. スマホ側でBluetooth機器を検索してHAVIT I93を選択

と簡単です。次回からは設定の必要はありません。

操作

操作ですが

  • 一時停止 左右どちらかを1回押す
  • 曲送り  右を2秒長押し
  • 曲戻し  左を2秒長押し
  • 電話に出る/切る 左右どちらかを1回押す
  • 着信拒否 左右どちらかを2秒長押し
  • 音声アシスタント 左右どちらかを2回押す

といった感じで操作ができます。音量の調節はできませんがまあこんなもんでしょうか?

装着感

ワイヤレスイヤホンということで落下が気になるところですが、移動中に使ってみたところ落下することは一度もありませんでした。

はじめはなんとなく落ちそうな気がするのですが意外とフィットして問題ありませんでした。

ずっと装着していても耳が痛いとかは感じません。長時間着けると多少は痛くなるでしょうが、許容範囲です。

音質

音質ですが、そんじょそこらの安い有線イヤホンよりもかなり良く聞こえます。

しっかりと耳にセットすると音の情報量の違いが分かります。傾向としては低音がややつよい感じがでなかなか迫力のある音声が楽しめるのではないでしょうか。

音にこだわりのある人にはたいしたことないでしょうが、これまで数百円とか1000円ぐらいのイヤホンを使っていた人が聞くと「このイヤホン音ええやん!」ってなると思います。

遅延について

音楽を聴いていて一時停止をすると、停止するまでに若干タイムラグがあり、遅延を感じます。

スマホアプリもやってみましたが、注意深く聞くとやっぱり遅延を感じます。音ゲーじゃなければそんなに問題無いでしょうが、音ゲーはまず無理です。

音飛びについて

音飛びは家で使っている分にはありません。

ある程度人が多い場所でも音飛びは感じませんでしたが、帰宅時間帯の新宿駅だと音が飛んだりノイズが入ったりということが少しありました。常時この状態ではないのでよっぽど人が多い場所でなければ使えると思います。

総評

音はかなり良好、装着感も問題なく、音飛びも少ないということで価格対性能はかなり良好だと思います。

こんな人におすすめ

  • 予算は抑えたいけど性能もそこそこほしい
  • 低音強めの音が好き

改良してほしいところ

  • 収納ケースの電池残量表示をもっとわかりやすくしてほしい
  • 音量の調節ができるともっとよい

はじめてのBluetoothイヤホンに

というわけでお手頃価格のBluetoothイヤホンを探している人におすすめです。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

CAPTCHA