エックスサーバーのサイトSSL化にあたっての個人的メモ

0
97

サイトのSSL化にあたっての個人的メモです。

SSL化したい人は他のサイトを参考にしたほうがいいかも。間違っていても責任は取れません。

1.サイトのバックアップを取る

万が一に備えてバックアップ。

「All-in-One WP Migration」というプラグインを使ってバックアップした。

ファイルはワードプレス上からダウンロードしなくても「wp-content」→「ai1wm-backups」に入っているのでここからダウンロードできる。

※復元の際、512MB以上のファイルをアップロードするためには有料プランにしなければならない。

2.エックスサーバーのサーバーパネルからSSL設定

サーバーパネルにログインし

SSL設定→ドメインを選択。

独自SSL設定の追加タブを選び、サイトURL確認後「独自SSL設定を追加する(確定)」をクリック。

CSR情報のチェックボックスにはチェックを入れなかった。

※このあとSSL設定が反映されるまで待つ。

「SSL設定の一覧」タブからSSL用アドレスを表示できるのでここにアクセスできるまで待つ。

3.ワードプレスでサイトアドレス設定

ワードプレスの管理画面から設定→一般へ進み

WordPress アドレス (URL)

サイトアドレス (URL)

をhttps://ではじまるアドレスにする。

4.Search Regexで変換

サイト内部のURLを「Search Regex」というプラグインで変換。

設定はデフォルト

Search paternの欄には 「http://aaaa.com」 みたいな感じでSSL化前のURLを

Replace patternの欄には 「https://aaaa.com」 みたいな感じでSSL化後のURLを

入力。

「Replace」ボタンで変換の内容を確認。

「Replace & Save」ボタンで変換。

5.Search-Replace-DB-masterで画像リンク等を変換

※これを使うのはセキュリティリスクになる。

ダウンロードとアップロード

Database Serch and Replace Script in PHPのページへ行く。

Download Search Replace DBでチェックボックスにチェックを入れて名前とメールアドレスを入力。「SUBMIT」をクリック。

メールアドレスにメールが送られてくるので「Download Search Replace DB v 3.1.0 here」みたいなところからファイルをダウンロード。

解凍をしたらフォルダ名を変更。なんでもいいけど「Search-Replace-DB-master-chottomatteyo」みたいな感じ(セキュリティ対策のため)。

FFFTPなどのFTPソフトで「public_html」フォルダの中へアップロード(サイトの一番上の階層)。

変換作業

ブラウザで「(サイトURL)/Search-Replace-DB-master-chottomatteyo/」へアクセス。

replace欄に「http://aaaa.com」

with欄に「https://aaaa.com」

※アドレスの最後にはスラッシュを入れない。

と入力。「dry run」で仮に実行、「live run」で確定。

実行後はSearch-Replace-DB-masterのフォルダを必ず削除する

「delete me」から削除するかFTPソフトから削除する。

6.「.htaccess」にリダイレクト用のコードを追記

  • 「public_html」フォルダ内から.htaccessをダウンロードして編集
  • サーバーパネルのホームページ欄から「.htaccess編集」を選びドメインを選択「.htaccess編集」タブから編集

のどちらかで行う。

先頭部分に

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} !=on [NC]
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
</IfModule>

をコピペして上書き。

7.Google AnalyticsのURL変更

アナリティクスの管理画面から

プロパティ設定→デフォルトの URLで「https://」を選択。保存。

ビュー設定→デフォルトの URLで「https://」を選択。保存。

8.Search Consoleの登録しなおし

サーチコンソールも登録しなおし。登録方法はとくに変わったことなし。

プロパティを追加→httpsではじまるURL入力。所有権の確認はアナリティクスを入れてあるのでそれで行う。

終わったら「Fetch as Google」でインデックス登録をリクエストするといいのかな?

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here