釣りに活躍?フード付きUSB電熱アウターであったまる

0
377

今回は楽天市場のlotus 楽天市場店さんより電熱アウターのご提供をいただきました。

最近流行りの?モバイルバッテリーで暖まるアウターです。

モバイルバッテリーで暖まるタイプの防寒具はUSB電熱ベストをレビューしましたが、こちらのアウターにも興味があったのでお願いしてみたところ、ご提供いただけましたのでレビューしてみたいと思います。

まずは届いたときの状態がこちら。ダンボールにポーンと袋詰めされたアウターが入っていました。

色はブラック、グレー、グリーンの3色から選べますがグレーを選択。

ビニール袋の裏側

入っていたのはアウターと簡単なカードだけで特に説明書らしきものはありませんでした。簡単な説明書ぐらいはあってほしかったですが、こんなもんか?

同封のカード

カードにはすぐ温まる的なことが書かれていました。

広げたり各部をチェックしたり

前側

こちらが広げてみたところ。普通のアウターといった感じですが左胸の部分にボタンが付いているのが他のアウターと違うところ。

ポケットは左右に1つずつ。チャック付きです。

左肩付近のロゴ
チャック部分のロゴ

左肩とポケッとのチャックには11というロゴが入っています。これは一応ブランドのロゴということでしょうか。

後側
左側のポケットにUSB

左側のポケットにモバイルバッテリーを接続するためのケーブルがあります。

ポケットはわりと大きさに余裕があり、12㎝弱のモバイルバッテリーを入れても余裕で入りました。大容量のモバイルバッテリーで使いたいという人にはありがたいです。

内側

内側は左にチャック付きの内ポケットがあります。

中国語と英語

内側には何やら使い方が書かれているのですが、中国語と英語だけで日本語での説明はありません。

この手の機器を使ったことがある人ならなんとなく操作方法は分かるのですが、日本で発売するんだから日本語の説明を付けてくれてもよかったのでは?と思います。

選択の表儒も中国語

販売ページを確認してみると洗濯機で洗うときはネットに入れることを推奨しているようです。

着てみた感じなど

操作は簡単でモバイルバッテリーを接続して、左胸にあるボタンを長押しすると電源オン。

電源を入れるとモードが激暖モードになっていますが、ボタンを押すごとにモードが切り替わります。

電源を切るときはボタンを長押しです。このあたりは何となくフィーリングでわかります。

モードごとにボタンの色が変わり、順番から察するに、激暖モードが赤、快適モードが青、省エネモードが緑だと思われます。ただ、販売ページに掲載の写真では激暖が赤、快適が緑、省エネが青のように見え、この点はお店に確認中です。

※お店に確認してみたところ、赤→青→緑の順番で色が変化しても問題は無いということでした。どのモードがどの色なのかは教えてくれませんでしたが(中国の人が対応していて日本語での完全な意思疎通ができていなかったと思われる)、実際に使ってみた感じからして

  • 激暖モードが赤
  • 快適モードが青
  • 省エネモードが緑

で合っていると思われます。


各モードでの温度と動作時間ですが、10000mAhのモバイルバッテリーを使用した場合

温度使用時間
激暖モード45℃6~8時間
快適モード35℃8~10時間
省エネモード25℃10~12時間

このようになっています。温度、時間ともにあくまでも目安ということを覚えておいたほうがいいでしょう。

モバイルバッテリーは表示されている容量と実際の容量が違いますし、物によっても違いがあるので、自分が使っているモバイルバッテリーでどのぐらい使えるのか把握しておくといいかも。

ちなみにバッテリーは5V/2A以上の出力を備えた物を用意する必要があります(だいたいのバッテリーは適合していると思いますが)。

暖まる位置はピンポイントだが暖かい

暖まり方は、販売ページの写真だと背中のかなり広範囲が暖まるように思えますが、実際に暖まるのは両側のポケット付近と背中の上のあたり、そしてフードの一部分です。

イメージしていたほど範囲は広くありませんが、電源を入れて1分もしないうちに暖かさを感じますし、電熱アウターとしては十分実用範囲だと思います。背中のほうが暖かさを感じやすく、フードを被った際は温かい部分が直接首に当たって熱いと感じることも。長時間当てていると低温やけどをしそうです。フードをかぶるときは首に何か撒いておいたほうがいいかもしれません。

前側は手を当てて抑えると、「暖かいな」と感じるぐらいです。前と後ろで感じ方にけっこう違いがあるので、個別に温度調節ができればよかったなと思いました。

ちなみに販売ページには赤色の激暖モードで約5分経過すると過熱防止機能が働いて快適モードになるっぽいことが書かれていますが、5分経っても激暖モードのままでした。

実用性に関してですが、アウター自体も発熱無しでもそれなりに暖かく、電熱と組み合わせれば冬場の釣りやアウトドアでも十分活躍してくれると思います。快適モードで使えば温度と使用時間のバランスが良いかと。

サイズ選びに注意・大きめを選ぼう

Lサイズを着てみたのですが、身長170㎝弱の私でも窮屈に感じました。

商品のレビューを確認してみると2サイズ以上がおすすめとのコメントが見られましたので通常のサイズよりも小さめに作られているようです。

普段Mサイズを着ている人ならばXL、LサイズならばXXLぐらいを選ぶと余裕をもった着こなしができるかもしれません。

参考サイズも記載されているので、普段着ているサイズだからとすぐに買わずによく確認することをおすすめします。

縫製のクオリティは低め

着ていて気になったのは縫製の強度というか布の強度。内側の黒い布は力が掛かるとビリビリっと破れてしまいました。

丁寧に使っていれば別に問題無いのですが気を付けておきたいポイントです。

サイズと布の強度を気を付ければ実用的

マイナスポイントとしては

  • 日本語の説明が無い
  • 快適モード時のボタンの色が違うなど販売ページ記載の内容と実商品が微妙に違う
  • サイズは普段着ているものよりも大きめを選ぶ必要がある
  • 内側の黒い布はわりと破れやすい

といった点が挙げられます。

ですがアウター自体は十分暖かさを感じることができますし、モバイルバッテリーを入れる部分も広さは十分。

サイズに気を付けて購入すればバッチリ活躍してくれるアイテムだと思います。


返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

CAPTCHA