ダイソーの隙間テープに防水タイプが出てたので購入・しかし隙間に貼れなかったので応急策

そろそろ寒さが気になってくる季節。玄関ドアの隙間対策をしなきゃなと思いつつダイソーの商品を見ていたら・・・

防水タイプの隙間テープを見つけました。

数年前の記憶だとダイソーでは普通の隙間テープしか売っていなかったような・・・さすがダイソー。日々新しい商品が出ていますね。

お値段は普通の隙間テープよりも少し高めで、1.5mで110円。5mで220円です。たくさん使うのが決まっているなら200円商品のほうがお得。200円商品なら価格差もほとんどありません。

5mで220円

やっぱりお得ということで200円商品のほうを買いました。

注意書きなど
左・普通の隙間テープ 右・防水タイプ

普通の隙間テープと防水タイプの比較です。普通の隙間テープはスポンジっぽいですが、防水タイプはかなり密度が高くなっている感じです。

左・普通の隙間テープ 右・防水タイプ

普通の隙間テープは指で押さえるとかなり薄くなりますが、防水タイプは薄くなるものの普通の隙間テープよりも形状を保っています。

この密度が高い感じが防水タイプのメリットかなと思います。

扉と枠の間に挟んだところ

しかしそれが今回は若干アダになってしまいました。

玄関ドアの扉と枠の間に試しに挟んでみたのですが、隙間は埋められるもののドアが閉まりません。普通の隙間テープなら押さえつけられることで薄くなってドアが閉まるのですが、防水タイプでは閉まり切りませんでした。

ドアが閉まらない場合の対応策・貼り方

「せっかく買ってきたのにこれでは使い物にならんではないか」と少し考えた末・・・

ドアとドア枠の隙間に挟まるようにするのではなく、隙間に蓋をするようにドアに貼るということを考えました。言葉では伝わりにくいかもしれませんが・・・

隙間テープを貼ったところ

実際の写真がこちらです。

ドアを閉めても見える部分に隙間テープを貼っています。ドアの隙間にテープの側面で蓋をしている感じです。

貼ったテープを少し押さえたところ

テープを押さえるとすこし隙間ができますが、普段はきちんと塞がれています。

左・貼ったテープを少し剥がしたところ 右・テープを貼った状態

これだともう少しわかりやすいでしょうか。

貼る前は外が明るいと隙間から光が入ってくるレベルだったのですが、光が入ってくる部分はほとんど無くなった(隙間テープの貼り方が悪いところは微妙に光が入ってくる)ので隙間テープの役割を果たしてくれているようです。

巻いてあったテープの一番内側

少し気になる点としては、テープの巻きグセ。テープは巻かれた状態で袋に入っているのですが、一番内側の部分はかなり巻きグセが付いていて、ドアに貼ろうとしても丸まってしまい貼ることができませんでした。

貼る場所によっては最後の10cm、20cmぐらいは無駄になるかもしれません。ただ、それでも5mで220円なので他で買うよりはよっぽど安いです。

スポンサーリンク