ダイソーの大判ジョイントマットてどんな感じ?レビューってほどでもないけど写真など

0
11652

100均でも見かけるジョイントマット。お値段の張るものにくらべると品質の面では多少心配もありますが、お手軽に購入できるので部屋の一部だけジョイントマットを敷きたいとか、安く1~2枚だけジョイントマットが欲しいとかそんなときに役立つと思います。

今回はダイソーで見つけた大判タイプのジョイントマットについてレビューと言うほどでもありませんがちょっと紹介してみたいと思います。

まず通常タイプとの違い。通常のものは30cmぐらい2枚で100円。これに対して大判タイプは45cm1枚で100円です。

厚みはどちらも約1cm。

一応定規をあてて測ってみます。ちゃんと1cmでした。

45cmというのはジョイントの出っ張りも含めて45cmです。

出っ張りを入れずに測ると40.7cmぐらい。

裏面は特に加工がされていません。このへんが普通のジョイントマットと100均のジョイントマットの違いでしょうか。

サイドパーツはありませんがカッターで簡単にカットができるので複数枚買ってカットすればサイドパーツのかわりになるかも?

縦長の大判ジョイントマットもある

縦長の大判ジョイントマットも売られています。

横の部分にジョイントの出っ張りはありませんので少し使い方が限られてくるか?

長さは出っ張り部分を含めて59cmぐらいでした。幅は33cm弱程度。

裏面は同様につるつるで加工はされていません。

厚みはやや薄く約0.8cm。

あとは気になるジョイント具合ですが、45cmx45cmのジョイントマットはまずまず。

緑色の縦長ジョイントマットは少し緩い感じがしました。たまたま手元のマットがそうなのかもしれませんが気になる人は購入時にチェックしてみてください。

広範囲に敷く場合は100均じゃない大判ジョイントマットがいいかも

というわけで100均のジョイントマットをチェックしてみました。

ちょっとしたスペースに敷くだけなら100均のものがいいかもしれませんが、広範囲に敷くならさらに大判の60cmジョイントマットをまとめて買うのが個人的におすすめです。

60cmなのでジョイント部分がさらに減りますし、サイドパーツも付いています。

こちらに以前ジョイントマットを購入した際の記事がありますので参考にどうぞ。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here