日曜日, 7月 12, 2020

バッファローのルータWHR-G301Nが故障したけどアダプタを交換したら直った!

某所で使われていたルータ。 突然ランプが点滅してまったく使えなくなったということで見てみると電源ランプとDIAGランプが高速で点滅していました。 写真ではランプが点灯しているように見えますが高速で点滅しています。 アダプタを抜き差ししても変化なし、リセットボタンを押してみても変化なし。これは故障か・・・と思いましたが検索してみるとどうやらこの機種はACアダプタの故障というケースがけっこうあるみたいです。 こちらのサイトの「WHR-G301N(バッファロー WiFiルータ)の故障と修理」という記事でわかりました。ありがとうございます。 12V1AでプラグはEIAJ-4というもののようです。 というわけでACアダプタを調達してみることにしました。 ハードオフでアダプタを入手 オークションで落札してもよかったのですがすぐに手に入れて試してみたい気分だったのでハードオフへレッツゴー! 似たようなアダプタがあればあれば良いなーと思いながらジャンクボックスをあさっていると・・・ 同じものがあるやんけ!!というわけで即購入。 値段は324円でした。写真上側がハードオフで購入したACアダプタ、下側がもともと使っていたACアダプタです。 形状が全く一緒。 電圧等の表記部分。左がハードオフで買ったもの、右がもともと使っていたものです。 もともと使っていたアダプタは良く見ると一部被覆が破れてました。 アダプタを交換したら動作した てなわけであっさり見つかったアダプタをルータに接続してみました。 しばらく待つと・・・ 来ました!!正常に動作しました!! まさかアダプタの故障とは、記事にしてくださっている方がいなければ本体の故障だと思い込んでアダプタにまで目がいかなかったと思います。先人に感謝!

Zenfone5でソフトバンクと楽天モバイルのDSDVを試す!

先日Zenfone5 Ze620KLを購入しました! <hZE620KL-BK64S6 エイスース ASUS ZenFone 5 (ZE620KL) シャイニーブラック 6.2インチ SIMフリースマートフォン[メモリ 6GB/ストレージ 64GB]posted with カエレバ楽天市場でチェックAmazonでチェックYahooショッピングでチェック</h CPUはsnapdragon636、メモリは6GB、ストレージ容量は64GBとスペック面でもなかなかなのですが、このスマホを購入した一番の理由はDSDV(デュアルシムデュアルボルテ)を使えるということです。

サンディスクSSDのアライメントを最適化してみた(AOMEI Partition Assistant Standard使用)

以前購入したSSD、サンディスクZ410シリーズの240GBモデル。過去記事はこちら HPのノートパソコンに組み込んで使用していたわけですがどうもSSDのアライメントが最適化されていないようだというコメントをいただいたので最適化を実施してみることにしました。 SanDisk Z410シリーズ SSD 240GB SATA 6Gbを楽天市場でチェック SD8SBBU-240G-1122 をアマゾンでチェック AOMEI Partition Assistant Standardを使用 検索エンジンで検索してみるとどうやら「AOMEI Partition Assistant Standard」というソフトを使ってアライメントを最適化するのが簡単そうだったので実行してみることに。 いろんな場所でダウンロードできるようですが今回は「窓の杜」からダウンロードしました。 ダウンロードしたファイルを実行し、規約に同意してインストールを進めればインストール作業は完了です。 ソフトを起動すると こうした表示になります。ここで対象となるドライブを選択します。 WindowsをインストールしてあるCドライブを選択しました。 右クリックするとメニューが表れるので詳細処理→パーティションのアライメントを選択。 パーティションのアライメントというウインドウが出てくるので設定は「最適化」のまま確認ボタンをクリックして作業を進めました。 ここでの作業は一瞬で終わり、「あれ、本当に終わったのかな。」と思っていたらどうやら再起動が必要なようでソフトを終了させようとすると再起動が必要です的なメッセージが出ます。 指示に従ってPCを再起動すると 再起動中にこのような画面が表示されて処理が進みます。今回は25~30分ぐらいかかったでしょうか。 処理が終了すると「1分以内に再起動します、再起動されない場合は手動で行ってください」的なメッセージが。 2~3分待つも再起動せず・・・Alt+Ctrl+Deleteでも再起動できず電源ボタンを長押して電源を落としたあとPCを起動させました。 最後の再起動が自動で行われなかったで少し心配でしたが無事にOSが起動。 早速CrystalDiskmarkで速度を計測してみます。 速くなってる!! 最適化を行う前の結果はこちら 1部の数値を除いて速度が大幅に向上しています。4Kの数値が大幅に上がりました。 どうやら最適化は成功のようです。 HDDからデータを移行したのが原因? もともとHDDにインストールされていたWin7をリカバリデータを作成したのちにSSDに復元したのが速度が落ちていた原因かもしれません。 SSDにWIN7以降のOSをクリーンインストールした場合はこうした問題は出ない的なことが検索エンジンで調べたサイトに書かれていました。 また詳しい人がいたら教えてください。  

Anker PowerPort Speed 5を買ってみた サイズなどは?ダイソーのマジックテープで使いやすく!

【QC対応 2ポート】Anker PowerPort Speed 5 (63W 5ポート USB急速充電器) iPhone、Android各種対応(ブラック) posted with カエレバ Anker Amazonでチェック 楽天市場でチェック Yahooショッピングでチェック 最近ガラケーをソフトバンクのアクオスケータイにしたことでUSBで充電する機器がスマホ、ガラケー、モバイルバッテリーなどなど増えてきました。 手持ちのUSB充電器は2ポートのものでちょっぴし便利が悪いのでUSB急速充電器を買ってみることに。選んだのはAnkerのPowerPort Speed5。 Quick Charge 3.0のポートを搭載し(3.0対応機器は持ってないけど)合計でも5ポートあるので充電には十分です。Ankerはモバイルバッテリーも購入したことがあり大きな不満もなく、18ヶ月の保証も付いているので選びました。 製品はいつものAnkerの箱に入って届きます。 箱を開けると中には本体とアクセサリの入った箱が。 内容物は本体、ケーブル、説明書類、両面テープ、ケーブル結束用のバンド2つ。 本体を正面から。5つのポートのうち上2つがQuick Charge 3.0のポート。 側面を見ると出力などの記載が。 全ポートAnker独自技術のPowerIQ(機器を判断して適切な電流にしてくれる)に対応しているようです。上2つのポートはQuick Charge 3.0とPowerIQ。 背面。ここに電源ケーブルを刺して使います。 電源ケーブルを刺すと一番上のランプが青く光ります。 充電中に光るのではなく電源ケーブルが刺さっていたら青く光る感じ。 サイズは? 本体のサイズですが幅は約3cm、高さが約7.5cm、奥行きが10cmちょっとといった感じ。 やや奥行きがあるかもですが特に大きさは問題なしです。 充電速度は? USBケーブルを刺すとこんな感じになります。 手持ちのZenfone2を充電してみることに。 下3つのポートだと特に表示が変わりませんが、上2つのQuick Charge 3.0対応のポートで充電すると充電マークに+が付きます。 Zenfone2は確かQuick Charge 2.0までにしか対応していないのでQuick Charge 2.0での充電だと思いますがきちんと動作しているようです。クイック充電と表示されます。 充電時間は確かに速いです。グラフ真ん中あたりと一番右側の電池残量が上昇しているところがQuick...

27型WQHD 液晶ディスプレイBenQ GW2765HTを買ったのでレビュー的なもの

7年少々使っていたウェスティングハウスの液晶。ライン抜けが出たり、内部にけっこうほこりが溜まってたりはしたのですが、先日電源を入れたら、電源ランプが点滅したまま画面に何も映らなくなってしまいました。 もう少し使いたかったところですが、壊れてしまったものは仕方がありません。新たに液晶を購入することにしました。 購入にあたっての条件 使っていたものは24インチで解像度は1920x1200。これよりも質は落としたくないですし、次に買うならWQHDの2560x1440の解像度の液晶にしようと思っていたのでこれを基準として液晶を探してみました。 そのほかの条件とともにまとめてみます。 解像度は2560x1440 WQHD以上 同じインチで解像度を上げると文字が小さくなってしまうのでこれまで使っていた24インチよりも大きい25インチ以上 液晶パネルは視野角の広いIPS 価格は5万円以下 前の液晶はけっこう目がちかちかするのでフリッカーフリー機能を試してみたい。よってこの機能を搭載したもの こうした条件のもと液晶を探してみました。 候補となった液晶   ASUSのVX24AH 価格も安いですしフレームも厚みがなくてすっきりしたデザインなのですが、サイズは23.8インチ。文字が小さく見えてしまうかなと思って見送りました。電源がACアダプターになっていて本体の発熱が少ないという情報を得ていたのでこのへんもプラスポイントではあったのですが・・・   I-O DATA のLCD-M4K281XB-A は4K(3840x2160)の解像度でしかも4万円台だったので「うおー安い!!」と思ったらパネルがTNでした。 というわけで条件を満たして価格も4万円台のGW2765HTを購入することにしました。 GW2765HTの到着 ベンキューダイレクトにて注文。 注文から2日ほどで到着しました。 こんな箱に入って届きます。27インチなのでかなり箱が大きいです。 簡単なガイドにドライバ、マニュアルが入ったCD 電源ケーブル 電源ケーブル(1.5m) D-subケーブル(1.5m) HDMIケーブル(1.5m) DiplayPortケーブル(1.5m) 保証書 が付属します。 こちらは台座。ねじ1つで本体と接続するようになっています。小さな取っ手が付いていてドライバー無しでも回せますがちょっと指が痛いかも。 本体と接続した状態。ちなみに本体はこのように縦向きの状態で梱包されていました。 画面裏のスタンド部分。かなり広範囲で高さを調節できる印象。 上下にも可動します。写真は一番上向きにした状態。 下向きにした状態。下向きはそれほど角度がつきません。 入力部。左からDVI、HDMI、DisplayPort、RGB、音声入力の順です。一番右はヘッドホンの出力端子だと思われます。 今回はHDMIで接続してみました。 液晶右下の裏面にはこういった形で操作ボタンが並んでいます。裏側にあるので操作がしづらいです。一応ガイドのような溝がありますが、使いにくいことに変わりはありません。慣れが必要です。 22インチの液晶テレビとサイズを比べてみました。5インチだとこのぐらい違うようです。 下部中央にはBenQのロゴ。 左下にはHDMI Senseye 3 LEDの文字が。 Senseye 3は画像補正を自動的に行ってくれるBenQ独自の技術のようです。 設定画面。一応右に矢印が出て、どこのボタンを押せばどこへ移動するのかわかるようなっています。無かったらもっと操作に慣れが必要なのであると助かりますね。 この液晶にはブルーライト軽減機能がついています。用途によってパーセンテージが違います。%が上がるほど画面が暗くなって色は黄色がかる印象です。 個人的にはマルチメディア用の30%で十分です。それ以外は画面が暗くなりすぎて好みではありません。 やはりWQHDは作業範囲が広い やはり2560x1440になったことで作業範囲が広く取れるのは便利です。 YAHOOのトップを開いた状態です。左右になかりの余裕があります。 ちなみに縦表示にするとこんな感じに。 アイコンが20個以上並んでも1列で済みます。これは広い! 総評 操作ボタンが裏に配置されていて多少操作しにくいのと最近の液晶にしてはフレームがわりと太め、あとはロゴがちょっと・・・といった感じですがIPSパネルのWQHD液晶が買えるならば十分目をつむれるところです。 DiplayPortに接続するとスリープからの復帰に失敗するといった口コミもありますが、HDMIポートでは問題なく使用できています。 デザインや操作性は多少目をつむって低価格でWQHDの液晶が欲しいという人は検討してみてもいいと思います。 フルHDや1920x1200の液晶からの買い替えなら、解像度のアップによる作業効率が体感できるのではないでしょうか。   BENQ GW2765HTを楽天市場でチェック BenQ 27インチワイド 高解像度モデル (2560x1440/IPSパネル/DisplayPort搭載/フリッカーフリー搭載) GW2765HTをアマゾンでチェック

CFDのゲーミングSSD CSSD-S6B05GMG4VTをレビュー

買った物のレビュー用に写真を撮ったり動画を撮ったりしていたら2ヶ月ぐらい前から倉庫用のSSDの容量が足りなくなりました。 まあ、120GBのSSDを使っていたので当然といえば当然なのですが・・・ そんなわけでもっと容量の多いストレージが欲しいなとSSDを探してみたらCFDのSSDがめっちゃ安いやんけ! CFD CSSD-S6B480CG3VX (SSD/2.5インチ/480GB/SATA) (CSSDS6B480CG3VX)価格:5598円(税込、送料無料) (2019/7/24時点)楽天で購入 480GBなのに6000円を切る価格。3年ほど前だったか512GBのSSDを2万円以上出して買ったのが嘘のようです。

NEC PA-WG2600HP2を買ってみた WG2600HPとの違いは?

家で使っているルータNECのWR8300Nですがけっこう年季が入ってきましたし、最近のルータは無線の実効速度が速くなっているということで試しに使ってみることにしました。 購入したのはこちらPA-WG2600HP2。 PA-WG2600HP2【税込】 NEC 11ac対応 1733+800Mbps 無線LANルータ(親機単体) Aterm WG2600HP2 【返品種別A】【送料無料】【RCP】 価格:16980円(税込、送料無料) (2017/6/3時点) これまでNECのルータを使ってきて特に大きな問題も無かったので引き続きNECのルータを使うことに。 WG2600HP2とWG2600HPは何が違うの? 似た様な型番にWG2600HPがありますが、この違いは何でしょうか。 調べた見たところ、型番がそっくりとあって両者の違いはほとんどありません。 WG2600HP2のほうが新しいとあって無線LANの実効スループットがアップしているようです。 WG2600HP2:約1428Mbps(UDP)・約1151Mbps(TCP) WG2600HP:約1276Mbps(UDP)・約1095Mbps(TCP) となっています。 この他ではWG2600HPは中継機として使えないようです。 WG2600HP2では以下のような機能も追加されている模様。 Wi-Fiデュアルバンド中継機能 Wi-Fi TVモード中継機能 Wi-Fi高速中継機能 Wi-Fi中継機能 URLリダイレクト 状態表示ランプ点灯設定機能 開封の儀 箱はこんな感じです。 内容物。本体、アダプター、取り外し可能なスタンド、つなぎかたガイド、QRとNFCタグが入ったカード。 本体。らくらくスタートボタンの他、各種ランプが搭載されています。 正面から。スタイリッシュなデザイン。 背面。各種ポートが搭載されています。LANは4ポート、USB1ポート、WAN1ポート。モードを切り替えるためのスイッチもこちらに。 縦置き用のスタンドを取り付けるとこのようになります。それほど安定感はなさそう。 実はルータの上部も外れるパーツがあって・・・ ここにパーツを付け替えればこのように横置きすることもできます。こちらのほうが安定しますね。 壁掛け用の穴ももちろんあります。 アダプタはこのようなタイプ。おおきさはありますがその分コンセントに差し込むプラグは小さいので電源タップに挿すときも他の機器と干渉する心配がありません。 使い心地 同じような時間帯でルータ変更前後の有線速度比較をしてみました。 左がWR8300Nで右がWG2600HP2WG2600HP2です。そのときの環境もあると思いますが速度は大幅にアップしています。 ルータを変えるだけでこんなにアップすることがあるのでしょうか。それともたまたま? でも光回線なのにめっちゃ遅い・・・ 違うサイトで計測するとこんな感じでした。 無線の速度は WG2600HP2のウリの1つは無線LANの速度だと思いますが、無線の速度もチェックしてみました。 夜の時間帯と朝の時間帯。計測したのはASUSのZenfone2です。 やっぱり夜は少し遅くなりました。 無線LANの飛距離は? 家は1Kなので判断が難しいところですが家の端まで行くとアンテナの本数が4本中3本になります。 家を出て道路を2~3軒隣のところまで歩くとアンテナが1本になってぎりぎりといった感じです。 感想 数値はともかく有線、無線ともに速度が速くなりました。上位機種を買ったので機能がいろいろあるわりにUSBポートなど使いこなせていないところも多々ありますが、満足度はまずまずです。 NEC PA-WG2600HP2を楽天市場でチェック NEC Aterm WG2600HP2をアマゾンでチェック PA-WG2600HP2をYAHOOでチェック

WD20EZRZ-RTの購入とWDIDLE3 for WindowsによるIntelliParkの解除

WesternDigitalWD20EZRZ-RT バルク品 (ハードディスク/2TB/SAT… 価格:7,390円(税込、送料込) メインPCのHDDの容量が不足してきたこともあってHDDの購入を考えていましたが2TBのHDDがそこそこ安く手に入りそうなので購入してみました。 はじめは1TBでもいいかなと思っていたのですが、5400RPMのHDDなら2TBでも安いということでウエスタンデジタルのWD Blue WD20EZRZ-RTの購入と相成りました。 こんなパッケージに入って届きます。 バルク品なので包装はごく簡単。プチプチと静電気防止シートと保証書のみです。 届いたのは2015年10月製造の物でした。 写真を撮り忘れましたが基盤は緑色です。 ベンチマークはこちら。 2TBを1TBずつにパーティションを区切り、使用率5%の状態で計測してみました。 まあ、取り立てて変わったところはないといった感じでしょうか。これまで日立の2010年製のドライブを使っていたので特に不便を感じませんし 騒音もぜんぜん気になりません。 IntelliPark無効化 自分用メモ 調べたところによるとこのWD20EZ-RZにはIntelliParkという省電力機能が搭載されているようです。 初期の設定では8秒経過するとヘッドを退避させるようになっているとのこと。 あんまりこの退避する回数が多いと寿命にも影響(とはいってもメーカーの保証する回数からするとそんなにたいしたことは無い)するし動作がもっさりすることがあるようです。 そこで非公式ツールですが WDIDLE3 for Windows を使ってこの設定を無効にしてみました。※この作業は完全自己責任です。動かなくなったり保証が受けられなくなっても知りません。   WDIDLE3 for Windowsをダウンロードしたらコマンドプロンプトから実行。 wdidle3.exe /r と入力するとそれぞれドライブに当てられた番号がわかります。 そこで wdidle3.exe /d 3 といった具合に目的のドライブを指定(この場合は3) これで設定が解除されるようです。 きちんと適用されているかどうか確認するためにはもう一度 wdidle3.exe /r と入力してみるといいでしょう。   WD WD20EZRZを楽天市場でチェック

YK SHOPのスマートウォッチQ6を試してみる

今回は楽天市場のYKSHOPさんからご提供をいただいたスマートウォッチを試してみることと相成りました。 このスマートウォッチ、ブランド物のスマートウォッチではないわりに8250円(2019年12月時点)という価格ですが、30日間は使用後でもOKな返品キャンペーンをやっていたり、購入後もアプリの使用方法についてサポートがあったりと、大手とまではいかないもののサポートの面に力を入れているようです。 スマートウォッチ開封 箱を開けたところ 半透明の袋にくるまってスマートウォッチが入っています。

TypeA/C/Microが使える!LOE 4in1USBケーブルをレビュー

今回はLOE楽天市場店さんから1mのUSB充電ケーブルのご提供をいただきましたのでレビューしてみたいと思います。 4通りの使い方が可能 このケーブルは基本はTypeC-TypeCのケーブルなのですがコネクタの着脱可能なコネクタが両端に付いていて TypeC-TypeATypeC-TypeCMicroUSB-TypeCMicroUSB-TypeA という4通りの便利な使い方ができるケーブルです。