月曜日, 8月 19, 2019

液晶モニターの無料回収を依頼してみた!液晶を無料で処分

先日、長いこと愛用していたWestinghouseの液晶モニターが壊れてしまいました。 ある日電源を入れようとしたら、電源ランプがチカチカしたまま一向に画面が映りません。電源を入れなおしても叩いても反応無し。 とうとう寿命を迎えてしまったようです。 購入したのは確か2007年か2008年だったから8、9年頑張ってくれました。1920x1200という解像度でVAパネルの液晶でした。 当時はまだTNパネルが主流でVAパネルは高かったから5万円ぐらいした記憶が。 長いこと活躍してくれましたがこうなってはパーツ取りか処分するかしか思い浮かびません。パーツ取りは良くわからないので処分することに。 回収業者に頼んでみた 普通に処分すると処分費用が掛かってしまうので何とかして無料で処分できないかと探してみると液晶割れが無ければ無料で回収してくれるという業者さんをいくつか見つけました。 今回依頼したのはパソコンダストさん。液晶モニター、液晶テレビといった物なら無料で回収してくれるようです。(割れが無い場合) 宅配便で送って回収してもらう 持ち込んで回収してもらう 出張で回収してもらう という3つの方法があるようなのですが、持ち込むのは遠いし、出張回収は5品以上ないとだめみたいだし、宅配便で送ることにしました。 購入時の箱を保管していたのでその箱に液晶や付属品を入れてガムテープなどで補強したら、あとは着払いで送るだけ。 ※日本郵便と佐川急便の2社でないと着払いを受け付けてくれないのでそこは注意です。 家にゆうパックの着払いの伝票があったのでゆうパックで送ることにしました。 発送の流れはこちら ホームページに記載されている住所を記載して、あとは集荷に来てもらうだけです。 こちらから発送の連絡をする必要もありませんし、発送した物に問題が無ければ連絡が来ることもありません。 こちらから質問事項が無ければとことん連絡の手間が無いのである意味徹底しているのかも。 液晶の処分に困ったら頼んでみるといいかもしれません。電話やメールでの問い合わせ窓口もありますね。

CFDのゲーミングSSD CSSD-S6B05GMG4VTをレビュー

買った物のレビュー用に写真を撮ったり動画を撮ったりしていたら2ヶ月ぐらい前から倉庫用のSSDの容量が足りなくなりました。 まあ、120GBのSSDを使っていたので当然といえば当然なのですが・・・ そんなわけでもっと容量の多いストレージが欲しいなとSSDを探してみたらCFDのSSDがめっちゃ安いやんけ! CFD CSSD-S6B480CG3VX (SSD/2.5インチ/480GB/SATA) (CSSDS6B480CG3VX)価格:5598円(税込、送料無料) (2019/7/24時点)楽天で購入 480GBなのに6000円を切る価格。3年ほど前だったか512GBのSSDを2万円以上出して買ったのが嘘のようです。

AUスマホからAUガラケーと楽天モバイルの2台持ちにしてみた!プランは?

愛用してかれこれ2年以上経つシャープ製のスマホSHL23。 電源ボタンが利かなくなってAUの安心ケータイサポートプラスを使って交換したりもしましたが、最近動作が遅いような気がするし、月額の使用料が上がってると思ったら機種交換から24ヶ月以上経って毎月割が無くなっていました。 最近スマホの動作ももっさりするし・・・じゃあ機種変更をするかと思いAUに電話してみました。 安心ケータイサポートプラス・・・月額380円を払っていると故障したときに3000円~8000円ぐらいでスマホを交換してくれるサービス価格は契約年数や何回目かによる 毎月割・・・新規、機種変更時に指定のプランに入ると24ヶ月や36ヶ月の間、毎月の料金を割引してくれるサービス AUの157に電話して引き留めポイントをもらえるか確認する まずはAUに電話。なぜ電話をしたのかというと、知っている人も多いかもしれませんがMNPの番号発行をしようとすると、AUに残るように説得されポイントがもらえることがあるからです。(MNP・・・携帯番号そのままで他社に乗り換えること、そのために現在のキャリアで番号を発行してもらう必要がある) 10年以上AUと契約している私は2年前の機種変更のときもAUに電話して機種変更のために3万ポイントをもらうことができました。さらにそのときはキャンペーンで機種変更1万円割引もやっていたのでほんとんどお金を支払うことなく一括で代金を払い機種変更をすることができました。 今回も3万ポイントもらえるといいなあと思いつつ電話をしてみると・・・ 結論からいうと16200円分のクーポンがもらえました。 MNPの番号発行をお願いすると、どちらへ乗換えをお考えですかと聞かれ・・・楽天モバイルと答えると、もし残っていただけるのであれば機種変更のためのクーポンをお送りします。とのことでした。 ポイントじゃなくてクーポンなんですかと聞くとクーポンとのこと。金額も16200円で限界とのことでした。 うーんもうちょっともらえるかと思ったのですがこれだと機種変更にけっこうお金が掛かりそうだ・・・ ちなみにこのときにAUなどのキャリアと比較しての楽天モバイルなどの格安SIMのデメリットも説明してくれて キャリアメールが無い 災害のときにつながりにくいかもしれない 通信速度が出ないかもしれない 格安SIMにしたけど結局キャリアに戻ってきた人もいる といったようなことを聞きました。 うーん格安SIMにすると確かにデメリットもあるでしょうが・・・どうなんでしょう。 まずはAUで機種変更を検討してみた とまあまずはクーポンをもらったのでとりあえずスマホで機種変更を検討してみることにしました。 AUのオンラインショップで価格をチェック。 候補としては漠然とRAMが3GB以上のものがいいなと SONY Xperia Z5 SOV32・・・84,240円 auスマートパス加入+毎月割適用で実質負担 32400円 SHARP SHV34・・・ 58,320円  auスマートパス加入+毎月割適用で実質負担 35640円 他の機種も毎月割を考慮するとだいたい3万円ちょっとですね。本体価格の高い機種でも毎月割の額が多くなるのでトータルでの支払いはそれほど差が出ないようですが、たけえ・・・ クーポンを使うと実質負担額は16000円ちょっとといったところでしょうか。 16000円ぐらいだったら何とかといったところなのですが、現在の料金が8000円代で高いと感じていたので料金プランがどうなるのかも確認してみます。 料金プランはどうなってるの? 私はこれまでのスマホは LTEプラン LTEフラット LTE NET auスマートパス 誰でも割 安心ケータイサポートプラス お留守番サービスEX といったプランにしていました。 これで月々8000円ちょっとでした。 高いなあと思ってAUのサイトの料金シミュレーションで機種変更をした場合の支払いを計算してみました。 この構成をSHV34に当てはめてみると・・・9374円(機種代金を24回分割払いの場合)。ケータイサポートプラスとお留守番サービスEXを計算に入れるとで10000円を越えそうです。 機種代金からクーポンの16200円を引いて計算すると・・・8500円。ケータイサポートと留守番サービスプラスで9000円オーバーといったところでしょうか。 25ヶ月目からは少し安くなりますが・・・ようやく8000円を切るぐらい。ケータイサポートと留守番サービスプラスで8000円半ば。 機種代を分割で購入とはいえやっぱり高い気がします。 こりゃ格安SIMだなと思って格安SIMを検討することに。 私の通信環境...

ソフトバンクのガラケー通話し放題で月額300円にした話

以前の記事でガラケーとスマホの2台持ちにしたことは書いたんですが、最近YAHOOショッピングで買い物も増えてきて、YAHOOショッピングのポイントを増やしたいと思い(ソフトバンクと契約しているとポイントが増える)、ソフトバンクのガラケーにしてみました。 現状ではけっこうお得に使えているのでその詳細を書いてみたいと思います。 ちなみに金額は税抜きで書いてます。 通話し放題のガラケーが月々300円で持てる!?

WD20EZRZ-RTの購入とWDIDLE3 for WindowsによるIntelliParkの解除

WesternDigitalWD20EZRZ-RT バルク品 (ハードディスク/2TB/SAT… 価格:7,390円(税込、送料込) メインPCのHDDの容量が不足してきたこともあってHDDの購入を考えていましたが2TBのHDDがそこそこ安く手に入りそうなので購入してみました。 はじめは1TBでもいいかなと思っていたのですが、5400RPMのHDDなら2TBでも安いということでウエスタンデジタルのWD Blue WD20EZRZ-RTの購入と相成りました。 こんなパッケージに入って届きます。 バルク品なので包装はごく簡単。プチプチと静電気防止シートと保証書のみです。 届いたのは2015年10月製造の物でした。 写真を撮り忘れましたが基盤は緑色です。 ベンチマークはこちら。 2TBを1TBずつにパーティションを区切り、使用率5%の状態で計測してみました。 まあ、取り立てて変わったところはないといった感じでしょうか。これまで日立の2010年製のドライブを使っていたので特に不便を感じませんし 騒音もぜんぜん気になりません。 IntelliPark無効化 自分用メモ 調べたところによるとこのWD20EZ-RZにはIntelliParkという省電力機能が搭載されているようです。 初期の設定では8秒経過するとヘッドを退避させるようになっているとのこと。 あんまりこの退避する回数が多いと寿命にも影響(とはいってもメーカーの保証する回数からするとそんなにたいしたことは無い)するし動作がもっさりすることがあるようです。 そこで非公式ツールですが WDIDLE3 for Windows を使ってこの設定を無効にしてみました。※この作業は完全自己責任です。動かなくなったり保証が受けられなくなっても知りません。   WDIDLE3 for Windowsをダウンロードしたらコマンドプロンプトから実行。 wdidle3.exe /r と入力するとそれぞれドライブに当てられた番号がわかります。 そこで wdidle3.exe /d 3 といった具合に目的のドライブを指定(この場合は3) これで設定が解除されるようです。 きちんと適用されているかどうか確認するためにはもう一度 wdidle3.exe /r と入力してみるといいでしょう。   WD WD20EZRZを楽天市場でチェック

楽天モバイルのSIMサイズ変更なら店頭で40分!!近くにお店があるなら断然速いぞ!

以前、端末セットで契約した楽天モバイル。 2年以上使ってスマホもけっこうガタが来たので新しく購入をしました。 でも・・・SIMカードのサイズが合わない! 以前のZenfone2はマイクロSIMだったんですけど、新しく買ったのはnanoSIM対応のモデル。SIMを挿そうと思っても合わないんですよね。 てなわけでSIMサイズの変更をしてみることにしました。 メンバーズステーションから申し込むと時間が掛かる SIMサイズの変更は楽天モバイルの会員ページ「メンバーズステーション」から「SIM交換申請」できるんですけど、これだと届くまでに2~3日かかってしまうようです。 しかも申請を行ってからしばらくすると現在のSIMカードが使えなくなってしまい通信ができなくなる模様。 これだと新しいSIMが届くまでの間全く通信ができないので困りますよね。 そこで楽天モバイルの店舗へ行って即日SIMサイズの変更ができるか試してみました。 近くの楽天モバイルの店舗へ てなわけでやってきました楽天モバイルのお店。 お店へ入って店員さんにSIMカードのサイズを変更したいと伝えると電話番号を教えて欲しいと言われました。自分の場合は音声契約は無しでSMSを付けていたのですが番号は覚えていませんでした。すると店員さんがスマホをチェックして番号を調べて手続きを進めてくれました。 ちなみにこういう手続きにはつきものですが身分証が必要です。 時間はどのくらいかかるの? 即日サイズ変更ができるのかどうか聞いてみると通常は40分ぐらいでできるけど何かトラブルが発生した場合は翌日になるとのことでした。 また、手続きをしてから十数分で現在のSIMが使えなくなるとのこと。 翌日でもネットから申し込んで到着を待つよりも早いし、そんなにトラブルも無いだろうと思い、申し込みをすることにしました。 注意事項に同意する また、店員さんから注意事項に関する同意書を見せられてチェックをして同意するよう言われました。 チェック項目は 登録完了後のキャンセルや変更はできない システムの都合により大幅に時間が遅れてしまうことがある 3240円の手数料が今月の利用料に追加される 初期設定等は客で行う 各種サービスの移行なども客側で行う 本人確認書類を提出が必要 本人確認書類の返却があったかどうか 電話番号に相違がないかどうか といったような内容でした。 問題なければ署名をして手続きをお願いします。 番号カードをもらって40分ぐらいしたら引き換えるようになっていました。 40分以上経ってSIMカード受け取り しばらく周辺で買い物をしていたら1時間ちょっと経過してしまったのですが、番号カードを持って再度店舗を訪問しました。 店員さんがすっかり準備を整えて待ってくれており、袋に入ったSIMカードやユーザーズガイドを渡してくれました。これでサイズ変更完了です。 もともとのSIMは返却の必要があるか聞いてみたのですが、カットして処分して大丈夫とのこと。楽天モバイルのサポートページには返却する必要があると書かれていたのですが・・・店舗で変更したときは返却しなくてもいいのでしょうか・・・ SIMカードは台紙から外されてテープで固定されていましたが新しいスマホに挿したらちゃんと使えました。 不通期間を短くしたいなら店舗が断然おすすめ! というわけで楽天モバイルのSIMカードサイズ変更をしてみたのですが、少しでも不通期間を短くしたいなら店舗で行うのが断然おすすめです。 何かトラブルが起こってしまうと翌日以降に再度店舗を訪問する必要があるのですが、何もなければ40分程度で完了します。 私の場合はすんなり完了しましたし、そんなにトラブルも無いだろうということで不通期間をちょっとでも短くしないなら店舗でSIMサイズを変更するのがおすすめです。

Windows10でWi-Fiの速度が異常に遅いのでLANアダプタを変えてみた

前回Windows10を導入したマシン NECのVL300/TGですが最近無線LANが異常に遅い・・・ パソコンを起動してもなかなかネットにつながらないし、ネットワーク接続の一覧から接続状況をチェックしたら通信速度が1.0Mbpsとか表示されています。 25MBぐらいのファイルをダウンロードするのに2時間とか表示されるし使えたもんじゃありません! そんなわけでまずは試せるところから試してみました。 ちなみに機器の構成は ルーター:ロジテック LAN-WH450N/GR アダプタ:BUFFARO:WLI-UC-GNM 通信距離は壁を2枚挟みますが10mもありません。 試したこと ルーターのファームウェアを最新のVer 1.28にアップ 無線LANアダプタのドライバを入れなおす こちらのサイトを参考にwinsockをリセット、「netsh int tcp set global autotuninglevel=restricted」でネットワークの受信量設定を変更 これらを実行してみました。 しかしいっこうに速度は改善されず・・・ 新しい無線LANアダプタを買ってみた 今使っている無線LANは2.4GHz通信なので、「5GHz通信にしたら何か変わるんじゃね?」と思って5GHzに対応した無線LANアダプタを買ってみました。 買ったのはELECOMのWDC-433DU2HBK。 ルーターはロジッテックなのでそれに合わせてエレコムの無線LANアダプタにしました。 (ロジテックはエレコムに買収され、その後もロジテックブランドは存続していたが最近ではエレコムブランドに統一されているみたいです。) パッケージにはWindows8.1(32bit/64bit)に対応であると書かれています。 これできちんと速度が出るだろうかと試してみたところ・・・ USBポートに差し込むだけでそのまま認識・・・5Ghzのa接続で快適なインターネットの速度が出ました(元の回線がADSLなのでそんなに速度は出ませんが)。 そしてその後、いったん削除してきちんとエレコムのサイトでドライバをダウンロードしてインストールをしたのちに再度通信速度を測ってみました。 こちらがIEEE802.11aでの接続16Mbps出ています。 2.4GHzのn接続。こちらでも14Mbpsが出ました。 あっさり速度が出てネットも安定して接続できるようになったので「なんだ無線LANアダプタがだめだったのかー」と思いつつ、一応もう一回BUFFAROのアダプタの速度も測ってみるか・・・ということで測定してみました。 もともと使っていたWLI-UC-GNMでも接続できた USBポートに差し込むだけでドライバが自動的にインストールされるのでまずはそれで測定。 あれ、6Mbpsだけど前よりも速度が出てる・・・ メーカーサイトからダウンロードしたドライバを当ててみたら・・・速度が下がった。 アプリケーションから倍速モードに設定したら・・・あれ12Mbpsも出てる。 結局もともと使っていたLANアダプタでも安定してネットに接続できるようになりました。 「なんなんじゃあああああ理由がわからん!!」 理由がわからないまま安定してネットができるようになりました。誰か偉い人理由を教えてください。 また速度が遅くなった しばらくエレコムの無線LANアダプタを使用していたのですが、再び速度が遅くなってしまいました。 エレコムのサイトからドライバの新しいバージョンをダウンロードしてみたのですが症状は変わらず。 こちらのサイトの「ケース1)デバイスドライバーの設定が間違っている」 を参考に無線LANアダプタのプロパティからWireless Modeの設定を変更してみました。 すると無線の速度が回復。なんとかまともにネットができるようになりました。 参考までに。

予算1万円前後で電源を探す! SEASONIC SSR-450RMS を買ったので電源レビュー的なもの

これまでパソコンのサブ機では玄人志向のKRPW-V400を使っていたのですが、最近コイル鳴きがはじまり、ある日電源が入らなくなってしまいました。 サブ機なのですぐに困ることもなかったのですが、メイン機の電源も四年半ほど使っていたので、メインで使っていた電源を交換し、余った電源をサブ機に回すことにしました。 電源の候補 予算は1万円少々で日本製コンデンサを採用してたらいいなといった感じで検討しました。 候補としてはANTEK、サーマルテイク、クーラーマスターなどが挙がりました。 ANTEC NE550C 【送料無料】AntecNE550C Antec NeoECO Classic Series (80PLUS BRONZE認証取得 550W電源ユニット) 価格:6090円(税込、送料無料)   ANTECは価格が安いのが魅力でした。 安いながらも全てのコンデンサに日本製コンデンサを採用しているというのが候補に入れた理由。 ただ、メーカーサイトの写真を見ると85℃という表記が見えたので即決とはなりませんでした。(写真で見たコンデンサは1つだけなので他の部分は分かりません。) 価格の安さを求めるならこれで決まりでしたけどね。 日本製85℃コンデンサ 3年間保証 ケーブルは直付け BRONZE認証 サーマルテイク PS-TR2-0500NPCGJP-G-V2 Thermaltake PS-TR2-0500NPCGJP-G-V2 TR2 500W V2 -Gold- 80PLUS GOLD電源ユニット 価格:8618円(税込、送料無料)   日本製105℃コンデンサ採用 3年間保証 ケーブル直付け BRONZE認証 サーマルテイクもなかなか魅力的でした。 全てのコンデンサかどうかはわかりませんが日本製105℃コンデンサ採用(メインコンデンサと書かれているから全てではないのかな?)3年間の保証と候補に入れるには十分でした。 クーラーマスター V550 Semi-Modular RS550-AMAAG1-JP COOLER...
G580のCPU換装

レノボG580を分解してCPUとHDDを交換!メモリも8GBに増設して高速化

とあることからパワーアップすることになったレノボのG580。 スペックをチェックしてみると CPU:Celeron B820 メモリ:DDR3 12800 4GB HDD:320GB こんな感じでした。 CPUがCelronなのはということでCPUの交換を、そしてHDDはSSDに交換すると体感が劇的に速くなるのでSSDを、ついでにメモリも4GBから8GBにすることにしました。 各パーツをヤフオクで調達 交換できるCPUは SSDは新品で G580のチップセットはモバイル HM76 Express チップセットとなっています。また他の方の交換実績からCorei 5の3000番台なら動作するのではないかと予測します。 重い作業はしないしあんまり高いとコスパの面でちょっと・・・ってことでCorei5とCorei3のどちらかにすることにしてヤフオクでCPUの相場を調べます。 Corei5だと3000弱~5000円というところでしょうか。Corei3だとうまくいけば2000円で買えそうなものもあります。 ってなわけでCorei3 3110Mを落札!2000円弱で落札できました。 メモリはDDR3 12800 4GBのものを送料込みで2500円ほどでゲット。 SSDはいろいろ悩みましたが価格と容量比でお得なクルーシャルの275GBにしました。 Crucial 内蔵SSD 2.5インチ MX300 275GB CT275MX300SSD1/JP posted with カエレバ 楽天市場でチェック Amazonでチェック Yahooショッピングでチェック 分解 G580の裏側のフタ(たぶん2つのネジで固定されてます間違ってたらごめんなさい)を開けるとHDDとメモリには簡単にアクセスできます。 ですがCPUは部分は見えません。てなわけで本格的に分解しなければ。 分解に当たってはこちらのサイトを参考にさせていただきました。   まずは本体裏側のキーボードマークがついた場所以外のネジを外していきます。 まだ途中の段階ですがネジはこんな感じです。奥の角の部分(液晶のラッチ寄り)のネジ以外は同じネジなので戻すときに間違う可能性は低そうです。   次にキーボードの部分のネジも取り外し。ひっくり返してキーボードを取り外します。 なにやら少しコツがいるみたいですが、手前にずらしながらゆっくりとこじ開けます。 開かないなと思ったらきちんとネジが全部外れているか確認してみることも大切。やけに硬いなと思ったら1つネジが残ってました。 キーボードが外れたら底から見えるケーブルとキーボードをつなぐケーブルを外しておきます。何本ケーブルを外したか覚えておくとあとで組み立てるときに不安にならないかも。 隠しネジも外しておきます。写真の真ん中から少し右上のところに白いシールがあると思いますがこのシールの下にネジがあります。 ここまでくればあとはプラスチックの筐体の隙間に爪を入れるかマイナスドライバーを差し込むかして慎重に外していきます。 こんな感じになりました。あ、光学ドライブを外しておくのもお忘れなく。 そろそろCPUにアクセスできる?と思いきや、まだマザーボードを外さないといけません。 マザーボードは2つのネジで固定されていました。しかし2本のネジを外してもマザーボードが外れない・・・ よく見ると無線LANアダプタがひっかかって外れなくなっていました。 一旦裏返して無線LANアダプタを外したあと再挑戦すると外れました! ケーブル類を外してから裏返したほうが安全かもしれませんがめんどくさいのでそのままで。 ついにCPUクーラーまでやってきました。 3つのネジで固定されているので外してみます。 CPUとご対面。これをヤフオクで買っておいたCorei3 3110Mに交換します。 少しドキドキしましたがちゃんとソケットに刺さりました。あとはCPUグリスを塗って・・・といきたいところですがCPUグリスが無かったのでCPUクーラーに付着していたグリスを混ぜてうまいこと塗ってごまかします。 ほんとはきちんとグリスを塗ったほうがいいでしょうね・・・   あとは分解したときとは逆の手順で戻して起動確認。 ・・・無事起動しました。ひと安心。メモリも4GBから8GBへ増設。はじめは起動に失敗しましたが、挿しなおしたらきちんと起動しました。 HDDのクローンが作れない!! あとはHDDからSSDへデータを移行して・・・というところなんですが、データが移行できない!! けっこうHDDにガタがきてたみたいで不良セクタが発生してました。調べてみたところどうやら不良セクタのあるHDDからだとクローンを作れないようで・・・参考サイト でも「Acronis True Image WD Edition」ならクローンの作成が可能なようです。これはウエスタンデジタル製品が無いと使えないみたいなのですが、幸いもともとのHDDがウエスタンデジタルだったので見事クローンの作成をすることができました。   クローンを作成したクルーシャルの275GB SSDに換装してフタを閉めれば換装作業は完了。 Windowsもすんなり起動しました!! ベンチマークは!? Corei3になったのでグラフィックドライバをダウンロードしてインストールしたらベンチマーク。 これが換装前の数値ですが換装後は・・・ ベンチーマークの合計数値が倍以上になりました。SSDは高かったですが効果はまずまず? エクスペリエンスインデックスの数値も4.6から・・・ 6.4にアップしました。ディスクの点数の上がり方がすごいですね。メモリの数値が1.9も上がっているのにもびっくり。 クルーシャル(Crucial)CT275MX300SSD1のベンチマーク CT275MX300SSD1のベンチマークもとってみました。 数値としてはこんなものでしょうか? Crucial...

ASUSのサポートはどうなの zenfone2修理依頼日記

昨年楽天モバイル加入時に一緒に購入したzenfone2。 5ヶ月ほどは問題なく使えていたのですが、液晶画面にノイズのような横線が入りはじめ...それだけならまだ使えていたのですが横線から下の部分はだんだんと表示がぐちゃぐちゃになって反応が見られなくなること多々起こるように。 調べてみるとこのような症状に見舞われている人がけっこういて、zenfone2ではわりとよくある故障みたいですね。 ASUSに修理に出すかキットを買うか修理会社に頼むか というわけで修理の方法を調べてみましたが修理キットが売られていて自分で修理することも出来るようですね。ただし当然これは自己責任。 液晶をつなぐラインを断線させてしまって結局修理してもらったという人もいてリスクは高そうです。ウデに自信があるならさぽに連絡したりする手間がなくてよさそうですけどね。 修理業者さんに頼む手もあります。一万円前後から修理してもらえそうでした。 ただ、今回は購入から1年以内ということもあってメーカー保証が効くのでASUSに修理してもらうことにしました。 (ちなみに液晶割れなどは有償修理になるようです。) ASUSのサポートに電話してみる というわけでASUSのサポートに連絡することになったわけですが、ネットで調べてみるとサポートの評判が…あまり芳しくありません。 メールだと返事が遅くやり取りに時間が掛かった。サポートセンターに電話してもなかなか繋がらないとの話もありました。 しかし修理を依頼しないわけにもいかないので電話をしてみます。 平日の14時ぐらいに電話してみました。音声案内には繋がります。案内に従って番号を入力。zenfoneの修理受付へと進みます… しかしここから待ってもなかなか繋がりません。携帯から掛けているのでナビダイヤルで料金も高いですし2〜3分ほど待っても反応が無かったので一度諦めました。 再度時間を改めて16時前ぐらいに電話をしてみます。しかしなかなか繋がらず…3分ぐらい待って今回も駄目かなあと思っていたら…人が出ました!! でも修理担当の人では無い! 担当が忙しくて対応が出来ないから折り返し連絡しますとのことでした。 こっちのほうが電話代が掛からなくていいやと了承。簡単に故障の症状を聞かれて、液晶に線が入って表示がおかしいことも告げました。   そして待つこと数時間。そろそろサポート時間終わっちゃうんじゃないかと思っていた18時30分頃に電話が掛かってきました。 そして故障状況を再度伝えました。そうすると本体の初期化は試したかどうかなどを聞かれ、試したと伝えると「これは故障の可能性が高いですね」と修理の流になりました。 このときに本体のシリアルナンバーも伝えます。私はZenfoneの箱の中に入っていたシールを見て伝えました。箱や本体を見て調べる方法もあるようです。 ※ZENFONE, Fonepad の場合: -> -> からシリアル番号をご確認ください。 とASUSのサイトにあるので起動ができればソフトウェア上からも確認できるようです。 購入時の箱などありますか?と聞かれ、ありますと答えると、付属品、購入日が証明できるレシートなどのコピーも一緒に入れて、箱が汚れないようにビニールに入れて送ってくださいとのことでした。(楽天モバイルの購入証明書があったのでレシートの代わりにコピーを入れて送りました) また、修理から発送まで2週間ぐらい掛かるみたいなことを言われました。 どうやってASUSに修理品を送る? どうやって送るかというというと集荷に来てくれるということでした。集荷の日は最短で2日後ということでしたので2日後の午前中で依頼。 日通の人が受け取りに来てくれました。 エクスプレスハイスピードパソコンボというやつでした。 なんだか早そうです。 早々にASUSから連絡が来る! ASUSにzenfone2を送ってから2日後。早くも連絡が来ました。 液晶は症状が再現し、保証期間内なので無償修理とのこと、またmicroUSBケーブルの差し込みが緩くなっているので交換とのこと。 この他保証外の点で、バックカバーに割れがあったのでこちらは有償でよければ修理するとのことでした。料金は7000円少々・・・ カバーの割れにそんなに払えねーよってことでこちらはお断り。(ちなみにこれに同意したあとのキャンセルはできないとのこと) 無償の部分だけ修理をしてもらうことにして、そう伝えました。 発送は2日ぐらい後になるということでした。 zenfone2戻ってくる 4日後zenfoneが戻って来ました。(本当は2日後には受け取れたのですが在宅しておらず遅くなりました。日通さんごめんなさい。) きちんと受け取っていれば始めに電話をした日から1週間足らずで戻ってきていたことになります。 かなりスピーディで好感を持ちました。 修理内容を示した修理報告書とカバー部分の修理見積書が入っていました。 まとめ 結局ASUSのサポートってどうなのって話ですが、今回はまずまずの印象を受けました。 ネット上では外国の人が出て話がうまく伝わっていなかったというケースも見かけましたが、今回は全て日本人でしたし(別に外国の人がサポートにいるから悪いというわけではない)、少しサポートに慣れていない感じはしましたが問題なく会話が進みました。 サポートにつながりにくいという点はありますが、連絡してから修理までも非常にスムーズで早く、「こんなに早く終わるんだ」と満足感がありました。 少なくこと私が今回受けたサポートに関してはネット上で書かれているほど悪いものではありませんでした。 今回の故障はよくある故障みたいなので慣れていたというのもあるのかもしれませんが、参考までに。

Latest article

中国製の格安アイマッサージャーを試す

今回、楽天さんからご提供いただいたのは中国製のアイマッサージャー。 目元をマッサージしてくれたり目の周辺を温めてくれたりするアイテムですが、中国製なので何といってもお値段が魅力です。 アイマッサージャー 目元マッサージャー Bluetooth音楽機能 強度調節可 温め機能 エアーマッサージ ツボマッサージ 視力改善 目もとエステ 目元美顔器 目マッサージ器 USB充電式 携帯便利 日本語説明書...

ネットビジネスの闇・初月から○万円の副業にお金払って参加

ネット上にはびこる多数のビジネス。今回はそんなビジネスに参加してみた経験をちょっくら書いてみたいと思います。 参加のきっかけ ある日のこと、企業家の方の話を聞けるということでセミナーのようなものに参加しました。 そのセミナーは参加費2000円ぐらいで実際に起業している人にどうして起業したのか、どんなことを苦労したのかなど経験談を聞くことができ、なかなかの内容だと思ったのですが、そのあと違う人からセミナーに参加してみませんかと声を掛けられました。 そのへんの喫茶店とかラウンジで時間を設けてセミナーをするそうです。 誘われたセミナーの内容とは・・・

ポータブル電源iFORWAY PS300をレビュー 124800mAhの大容量!

今回商品提供をいただいたのはiFORWAYのPS300というポータブル電源。 ポータブル電源 車中泊 ポータブルコンセント 大容量 バッテリー 充電器 124800mAh/462Wh リチウムイオンセル AC(300W 瞬間最大500W) DC19V/4.5A USB出力 急速充電QC3.0 type-c PD シガーソケット対応 コンセント 正弦波...