ダイソーのセクションケース・ラインナップと実際に200円商品に釣り具を収納

今回は中古で大量購入した釣りのおもりを収納するためのケースを買いにダイソーにやってきました。

内部が仕切られているいわゆるセクションケースというやつを求めてきたのですが、売り場に来てみたらラインナップがめっちゃ豊富!

少々長くなりますがまずはセクションケースのラインナップからご紹介します。

ダイソー・セクションケースのラインナップ

セクションケース11マス

仕切りが可動式になっている便利なケースです。マスも11マス作れるみたいで使い勝手が良さそう!サイズは20×13.5cm。

セクションケース10マス

等間隔に区切られた10個のマスを持つケース。サイズは25×10.3×2.5cm。

取っ手が付いています。

セクションケースNo.1

4マスに区切られたケース。サイズは18.7×13.1×3.9cm。

使用イメージ写真にあるようにソーイングセットや釣り具の整理に便利そうです。

セクションケースNo.2

仕切り板が3枚付属し、収納するものにあわせてある程度スペースを調整することができるケースとなっています。

サイズは21cm×13.7cm×4.1cm。

セクションケースNO.4・セクションケースNo.3

アクセサリーを整理することを意識したようなケースです。

No.4は細かく、No.3は広めに区切られている感じです。No.4は釣りに出かけるときに使っていますが、小さめのおもりとかウキゴムとか、サルカンとかを収納できて便利です。

ジュエルケース

リングやピアスを収納することを目的としたケース。ジュエルケースということもあってこちらはプラスチックの透明度が高いです。

パンチホビーケース

内部が3つに区切られたケース。ドライバーとか入れるのに良さそうです。

サイズは19cm×14.2cm×4.2cm。

ケースandケース 4分割と2分割

ケースの中にトレーが入っており小物を入れることができます。トレーごと小物を取り出せるのがメリット。

コンパクトケース 

10個のポケットにそれぞれ独立した蓋が付いているケースと12個の等間隔のポケットが配置された小物ケース(サイズは170×65×20mm)。

SIKIRI 10

長方形のスペースが10個設けられたケースです。

サイズは233×170×34mm。

分割パーツケース

一部の仕切りを外してスペースを調節できるケースです。

サイズは19.6×14cm。

セクションケース 仕切り8枚

仕切りが8枚付属。位置調節が可能な仕様となっています。サイズは19cm×12.5cm×4.5cm。

セクションケース 仕切り12枚

セクションケース仕切り12枚が200円商品になって大きくなった感じ。12枚の仕切り位置を調節できます。

サイズは28cm×17.5cm×4.5cm。

セクションケース仕切り12枚に釣りのおもりを整理して収納

とまあめちゃくちゃラインナップが豊富なセクションケースでしたが200円商品で仕切りが12枚のものを購入してみました。

サイズが28cm×17.5cmと大きいのと仕切りの位置が調整できるという2つの理由から購入しました。

これなら20号や25号のおもりもたくさん収納できるんじゃないかと。

蓋をロックする部分は、蓋と一体化しているタイプ。強度の面では少しだけ不安が残りますが、ちょっと開け閉めした感じではまあ大丈夫そうです。

蓋を開けるとセットされた仕切りが9枚。セットされたいない仕切りが3枚でした。まあこのへんの初期状態はてきとうだと思います。

仕切りの左右にはギザギザが付いています。これを本体側のギザギザに合わせて差し込むことで仕切りが固定されるようです。

工作精度の問題で若干固定が甘いところもありますが、きちんと仕切りとして使えます。

ケースは2つ買っていたので軽めのおもりと重めのおもりをそれぞれに収納してみました(中古のまとめ売りを買ってみたらめちゃくちゃ入ってた)。

仕切りが自由に動くので臨機応変にスペースをつくることができます。

釣り場に持っていくにはちょっと大きいかなというサイズですが、今回は自宅保管用に買ったケースなのでむしろこのぐらいのサイズがありがたいです。

キャスターで取り出しやすく

ばっちり収納できたしこれでおしまい・・・というところですが、もう一工夫を。

釣り具の収納場所としてカラーボックスを使っているのですが、こんなにたくさんをおもりを置いたら棚板が持つかどうか心配・・・ということでカラーボックスの下側にスペースをつくり、そこに滑らせるようにして収納することにしました。

用意したのはラクラクピタッ!とキャスター。

ねじで固定することもできそうですが、両面テープも付いていて簡単に固定ができるキャスターです。

これをケースの裏側4か所にぴたっ!

大量のおもりなので強度がやや心配でしたが滑らせてみたら問題なさそうでした。

これをカラーボックスのしたにするするーっと並べて収納(ニトリのカラーボックスは下にスペースを作ることができる)。ケースのサイズもちょうど良い感じです。

取っ手があったらもっといいかな?という感じですが、このままでもわりと取り出しやすいです。

ということでなかなか満足のいく収納となりました。

機能性としてはこういった釣り用のボックスのほうがいいのかもしれませんが、価格差を考えると個人的にはダイソーのセクションケースのほうがコスパが高いです。

スポンサーリンク