古い賃貸の浴室に新規で換気扇を取り付けたらいくら費用が掛かるのか?くらしのマーケットとミツモアで見積もりを依頼してみた

2022年1月28日

突然ですが、新たに引っ越した賃貸マンションは築50年以上の古い物件ということもあって浴室に換気扇が付いていません。

サーキュレーターや除湿器を使って湿気対策をすれば問題無いといえば無いのですが、めんどくさいので換気扇の取り付けに関して大家さんと交渉。「自分で費用を負担するなら取り付けてもいいよ」ということだったので換気扇を取り付けてみました。

浴室の通気口

今回は浴室の壁に通気口はあるものの、換気扇が取り付けられていない状況での取り付けとなります。

費用はどのぐらい掛かるのか

結果的に2万5000円少々で取り付けができたのですが、そこまでの流れについて書いてみたいと思います。

くらしのマーケットとミツモアで依頼

費用はどこに依頼するかによってけっこう変わってくる部分もあると思うのですが、費用を安く抑えたいということで電気屋さんに依頼するのではなく、「くらしのマーケット」「ミツモア」の2サイトで見積もりをお願いしてみることにしました。

くらしのマーケット

まずはくらしのマーケットですが、カテゴリ一覧の検索欄に換気扇と入力、「浴室乾燥機・浴室換気扇の交換・取り付け」という項目があったのでそこから作業を進めていきました。

くらしのマーケットでは作業依頼と同時に換気扇自体の注文もできるようですが、天井に埋め込むタイプのものばかり表示されたので、「工事だけ依頼する」を選択して業者を探してみました。

作業する住所と換気扇のタイプで絞り込みをすると出てきたのは4~5社ほど。このうち4社ほどに現場の写真を送付して見積もりをお願いしてみました。

くらしのマーケットの浴室換気扇交換・取り付けページはこちら

ミツモア

ミツモアはサイト上部の検索欄に浴室換気扇と入力、郵便番号も入力して見積もりを依頼してみました。

こちらは依頼をすると対応可能な業者さんから自動的に見積もりが届きます。返信があったのは3社ほど。

はじめは安い価格での見積もりが届くのですが、こちらの状況などまったく伝えていないのでほとんどアテになりません。現場の状況を写真等で知らせて具体的な見積もりを出してもらいました。

開口部やコンセントの位置から依頼内容と換気扇の機種を決定

見積もりを依頼するにあたって、開口部分のサイズ判断ができないということで、もともと取り付けられていたレジスター?ルーバー?を取り外しました。塗料が上から塗られていたのでカッターで筋目を入れたり、マイナスドライバーをすき間に差し込んだりと少々難儀しましたが取り外し完了。

開口部分の大きさは内寸が約200mm×250mm。この大きさに適合しそうなパナソニックの強制同時給排タイプの換気扇を購入しました。心配な場合は業者さんと話し合いながら決めたほうがいいかもしれません。

購入した換気扇のネジ位置

ただ、購入した換気扇のネジ位置は上部と左右で合計4か所なのに対して、浴室の開口部にある木枠は左右だけ。木枠の設置も必要になりそうでした。

ちなみに浴室換気扇の電源スイッチは紐で引っ張るタイプ。さすがに壁に埋め込んでスイッチにするとなるとめちゃくちゃ大掛かりになるし、費用対効果が全く見合わないだろうと思い検討しませんでした。

また、電源に関しては部屋の外に給湯器用のコンセントがありましたので、この部分からの供給を検討。

ただし、コンセントまでの距離が長いので換気扇の電源コードが届かないので、同時に電源コードの延長も依頼に加えました。

くらしのマーケットは工事を請け負ってくれないところが多かった

ということで見積もりをいろんな業者さんにお願いしたのですが、くらしのマーケットで発見した業者さんは低価格で作業しているという特性からか、写真を見て

  • 施工は難しいと判断しました
  • コンクリのハツリ等が発生し見積もりが難しい・格安で作業しているので現地での見積もりはしていない
  • 木枠の用意が無い場合は作業していない

など、3社ほどからお断りされてしまいました。

一方のミツモアですが3社から反応があり、現地の写真を送ったあとも見積もりを提示してもらえました。価格はいずれも換気扇本体の価格を含まないものです。

1社目

1社はコンセントの増設込みで概算見積もり42000円~(換気扇の取り付けとは別件でコンセント差し込み口の増設も同時に依頼していた) 現地見積もりをしたほうがい良いとのことでした。コンセントの増設はどこでもだいたい5~6000円ぐらいだったので、換気扇の設置のみだと36000円ぐらいといった感じでしょうか。

2社目

もう1社も現地調査をしたほうが良いとのことでしたが何とかお願いして概算見積もりを依頼。

換気扇の設置、配線工事、木枠取り付け、電源等で26100円+交通費と駐車料金とのこと。

3社目

もう1社は写真を5~6枚見ただけで現地調査無でやってくれそうな感じでした。

取り付け交換費、仕上げ調整材料費、諸経費などなどで38500円といった感じ。

くらしのマーケットでも探せばやってくれるところがあった

という感じで見積もりをもらったのですが、もうちょっと安くならないのかなというのが正直なところでした。そこでくらしのマーケットでもう1社ほどみつけたところがあったので見積もりを依頼してみました。

どうせ断られるんだろうなとおもいながらも返信内容を見てみると・・・

や、安い!

換気扇取り付け、電源コード延長とプラグ設置、木枠設置という一連の作業で18700円!!!!(安いけどこちらの業者さんは文章だけじゃなく見積書も作って画像で添付してくれた)換気扇と関係ないけどコンセントを2口から4口に増設する作業も一緒にお願いして合計25300円!

ということでこちらの業者さんに工事をお願いすることになりました。


ちなみに今回、業者さんを探していて思ったのはくらしのマーケットは個人事業主が多く、ミツモアは会社が多いような気がしました。まあ、あくまでも今回1回の依頼で感じだたけの話なので実際のところはどうなのかわかりませんが。

工事も問題無く終了

依頼することが決まったら希望の日時を3つ入力して、スケジュールを調整。

工事当日も問題なく作業が進み、無事に工事を終えることができました。

取り付けてもらった換気扇

料金の支払いは作業終了後に現金で。特に追加料金が発生することも無く終了しました。

あとでくらしのマーケットから「【30日間有効】10万円保証を獲得しましょう」というメールが届いたので、支払った金額を入力の上、口コミを投稿すると10万円保証なるものが付帯されました。

くらしのマーケット経由で予約したサービスを実際に利用して、何か問題が起こった場合、最大10万円をくらしのマーケットが補償してくれる制度らしいです。出店者と連絡が取れなくなった場合のみ利用可能なんだとか。

10万円保証の詳細はこちら

業者を根気よく探して安くあがった

ということで今回はくらしのマーケットを利用して浴室に新規で換気扇を取り付けてもらいましたが、新規の取り付けということで木枠の設置やらサイズの判断やらでけっこう難儀する部分もありました。換気扇の交換だったらたぶん木枠とか流用できるのですんなり話は進んだんでしょうけど。

とはいえ、いろんな業者さんと話をした結果想定よりも安い金額で換気扇の取り付けをしてもらえたので満足度は上々です。

作業の内容とかどんな業者さんに巡り合うのかとかいろいろな要素が絡んでくるので一概には言えないと思いますが、今回はくらしのマーケットさんを利用してよかったと思いました。

くらしのマーケットの浴室換気扇交換・取り付けページはこちら
スポンサーリンク

ブログランキング参加中。役に立ったらポチっとお願いします。


100均雑貨ランキング

にほんブログ村 雑貨ブログ 100均雑貨へ
にほんブログ村

その他雑記

Posted by kanrinin