キャンドゥのカビ落としジェル・浴室のカビは落ちるのか使ってみた!メリットデメリットもチェック!

今回の100均商品レポートはこちら!

キャンドゥののカビ落としジェルです。SNSで話題になっていたみたいで、「売ってない」とか「廃盤になったの」という声もあるようですが、近くのキャンドゥで購入することができました。

ジェルなので壁につけても液だれすることなく使えるアイテムです。

用途・使用方法・注意書きなど

使用容量の目安は1㎡に対して約30gだそうです。

品番はKS-4630。容量は150g。

アルカリ性です。カビ取り剤なら当たり前ですが酸性タイプの製品と混ぜて使ってはいけません。

注意書きには酸性・アルカリ性タイプと併用不可と書かれているのでアルカリ性どうしでも駄目っぽいです。

実際にカビに塗ってみる

今回試すのは浴室のこの部分。タイルの目地とタイルの下側にあるコーキングのカビです。

ではさっそく塗ってみようという話なんですが・・・

蓋を開けて塗ろうと思ってもなかなか出てこない。液体じゃなくてジェルなので容器の底に溜まってなかなか出てこないようです。使う直前に1~2分逆さまにしておいたほうがいいかもしれません。

匂いに関してはアルカリ性ということもあってカビ取り剤によくある「プールの消毒みたいな匂い」があるのですがカビキラーほどは強くない感じがします。

壁に塗っても垂れない

やっとこさ出てきたジェルを塗ってみましたが、触れ込み通り液垂れしません!ちゃんととどまってカビに効いてくれていそうな感じがします。

スプレー式のカビキラーだと始めは泡がくっついていてもだんだんと下に落ちていくので、これはいいかも!

ジェルは約30分置くように書かれていましたが、かなり長めに3時間以上放置してみました。その結果がこちら!

左側の方の落ちがわるいのは塗ってすぐにジェルを落としたため

写真を並べてみると明らかにカビが落ちています。写真左側のあたりは落ちが悪いですが、塗ってすぐにジェルを落としたためです。写真の真ん中付近を参考にご覧ください。

完全に落ち切ってはいませんが、目地の亀裂がカビっっぽく見えるとの、何か月もの間放置されていたであろうカビなので多少は仕方のない部分があると思います。

少々気になったのはシャワーで流しただけではジェルが落ちないというところ。

ジェルなので当たり前ではありますが、広範囲に塗った際は塗った場所すべてをブラシなどでこすってやらないといけないので、「スプレーのカビキラーでいいや」となってしまうかもしれません。

やはり局所的な用途向けでしょう。

キャンドゥのカビ落としジェルのデメリットとは

コスパの面では110円の商品ということでコスパが良いと思う人もいるかもしれませんが、カビキラーは400g300円前後、詰め替え用だと300円を切る価格で買えると思うので突出してコスパが良いというわけでもないと思います。もちろん局所的に使うにはジェルのほうが効率が良いとは思いますが、使い方次第です。

実際の使用に関しては液垂れしないので壁に塗って長時間放置できるというメリットがありますが、ジェルゆえに容器から出しにくい、シャワーの水だけではジェルを落としきれないというデメリットもあります(買う前にちょっと考えればわかることではありますが)。

壁でもあまりにも広範囲な場合はカビ取りスプレーとラップを組み合わせてカビ取り剤を保持、局所的なカビはジェルを使うといった使い分けをすると良いのではないかと思います。

スポンサーリンク