ダイソーリール・新製品と1000円釣竿付属の物を比較

これまで、ダイソーの1000円釣竿に付いてきたリールを使ってサビキ釣りをしていたのですが、手入れをろくにしていないこともあってかだいぶボロくなってきていました。

そんな中、ダイソーでリール単体の発売が開始。近くのダイソーでも売られていたので買って試してみることにしました。

左・500円のリール 右・1000円釣竿に付いてきたリール

こちらがその写真。500円商品で1000番と2000番、700円商品で3000番というラインナップですが、2000番を買ってきました。

リール単品は500円商品ということもあってか金属部分が多くなっており、頑丈そうな雰囲気があります。

とりあえずここからは参考までに比較写真を載せておきます。

内部もパーツ数が多いような?

上からみたところ
側面

スプールを上から見たところ

スプールの裏側
ハンドル

ハンドルはどちらも取り外せますが、1000円釣竿に付属するリールはネジ部分以外はすべてプラスチック。折りたたむ際もネジを緩めてからでないと折りたためませんでした。

500円の単品商品は、折り曲げる部分に金属が使われていますし、折りたたむ際もボタンを押しながら簡単にたたむことができます。

あくまでも初心者の感想ですが巻き心地も特に問題なく、500円商品とはいえこれだけのクオリティのリールが買えるのはありがたいものです。

お店に在庫があればの話ですが、1000円の釣竿セットを買うよりもすこし予算を足して振り出し竿とリールを別々に買うのがおすすめです。

スポンサーリンク